現在位置: ホーム / 技術ブログ新着記事コレクション

技術ブログ新着記事コレクション

CentOS7+Apache+Ajax+PHP+PostgreSQL でインタラクティブなページづくり
こんにちは、ニックネーム たいちょう です。 松江ラボというからには、なにか新しい実験をしたいと思い立ちました。 Linux OS に webサーバを立ち上げて、インタラクティブなページをつくったら楽しいかもです。 せっかくですから、新しい OSで試してみようと思います。
JMX監視で(最近の?)WebLogicの監視はできません!【MIRACLE ZBX 2.0, 2.2】
JMX監視のコードを調べていくと泣きたくなるような実装でした。(最近の?)WebLogicの監視は諦めましょう。
CLUSTERPRO AWARD のBest Partner賞を受賞!
NEC様主催の「CLUSTERPRO FORUM 2015」において、CLUSTERPRO AWARD のBest Partner賞を受賞しました!
SNMPTTを利用してSNMPトラップを監視する その2
引越し準備
「オープンソースと地域振興」を旗印に発展を続ける松江市、そんな松江市に赴任を命ぜられて赴任することになりました。
icmpping[]キーとSourceIPの困った仕様【MIRACLE ZBX 1.8, 2.0, 2.2】
icmpping[]キーは、SourceIPの指定によって困った動作をしてしまいます。どうしたらいいんだろう?
住居決定
なんと! メンバーの現地住居が無事に決定しました! 島根県・松江市の皆さんにもご協力いただき、どうにか期日までに決定することが出来ました。
SNMPTTを利用してSNMPトラップを監視する その1
よりどりみどり
今回は、松江市のサテライトオフィス「松江ラボ」の話、第2回です。
サテライトオフィス開設、決定
当社ミラクル・リナックスでは、この度、島根県松江市にサテライトオフィスを開設することとなりました。
logrt[]キーのファイル名の指定の勘違い【MIRACLE ZBX 1.8, 2.0, 2.2】
logrt[]キーでのファイル名の指定はよく勘違いされています。正規表現を正しく使用し無駄なマッチングが発生しないようにしましょう。
2.0 + PostgreSQLで値があふれた(T_T) 【MIRACLE ZBX 2.0】
Zabbix 2.0のPostgreSQLのスキーマには、bigserialが必要なところにserialが使われています。テーブルのスキーマ変更をすることをお薦めします。
緩やかなhousekeeping【MIRACLE ZBX 2.2】
Zabbix 2.2では、Housekeeping処理におけるイベント削除設定が細かく行えるようになりました。また、削除アルゴリズムが変更され設定を変更した場合緩やかに削除されるようになっています。
Value Cacheの憂鬱【MIRACLE ZBX 2.2】
Zabbix 2.2から追加されたValue Cacheですが、いろいろとよくない振る舞いをしてくれます。とりあえずは、使用しないか過剰に大きく設定するかを選択せざるをえません。
Pollerプロセスの必要数は? 【MIRACLE ZBX 1.8, 2.0, 2.2】
監視アイテム数が増えると、必要なPoller数も増加します。ですが、必要なPoller数の目安が今までなかったので、考察してみました。
ホストステータス「無効」とメンテナンス期間の関係【MIRACLE ZBX 1.8, 2.0, 2.2】
メンテナンス期間に、ホストステータスを無効から有効に変更すると、監視を開始してしまいます。 また、通常サポートでは対応していないサービスをコンサルティングサポートで提供しています。
長期間使用しているとDBの実使用量が増えます【MIRACLE ZBX 1.8, 2.0, 2.2】
Housekeeperプロセスが不要データを削除しても、DBの実使用量は減りません。
agent.ping + nodata() で問題ありませんか?【MIRACLE ZBX 1.8, 2.0, 2.2】
エージェントの死活を監視するキーは、agent.pingよりシンプルチェック net.tcp.serviceをお奨めしています。
【4/10開催】「OpenStackの普及でどう変わる?クラウド時代の運用管理」セミナーレポート (前編)
先週4/10に開催したOpenStackの今と、クラウド時代の運用管理の課題を語る当社セミナーについてレポートします。
新規に作成したログ監視が途中から読んでしまう 【MIRACLE ZBX 1.8, 2.0, 2.2】
アクティブチェックリストの実装が不十分なために、新規アイテムがログを途中から読み込んでしまうことがあります。
【4/10開催】OpenStackの普及でどう変わる?クラウド時代の運用管理<無償セミナー開催>
OSSのクラウド基盤「OpenStack」、今後の普及でIT環境がどう変化していくか? OpenStack を使う上で欠かせない運用管理とは? NEC様と日本仮想化技術様、サイバーエージェント様をゲストパネラーにお迎えし、OpenStackの活用や運用を語るパネルディスカッションも!
WindowsのCPU時間 【MIRACLE ZBX 1.8, 2.0, 2.2】
Windowsタスクマネージャにて表示できる"CPU 時間"を、Zabbixの監視で設定できるか? Zabbixで提供されているキーでプロセスの時間を取得できるものを調査しました。
デバッグログ解析
DebugLevel=4でログを取得した後に、プロセスごとのログを切り出すツールを作成しました。
Pollerプロセスの停滞 【MIRACLE ZBX 1.8, 2.0, 2.2】
Zabbixの監視の肝となるプロセス「Pollerプロセス」は、アクティブ監視以外のほとんどの監視を受け持つプロセスとなりますが、時々ストールしてしまうことがあります。 このストール状態を検知する方法を開発してソースコードを公開しました。
あなたのZabbixは真に最新版であろうか?【MIRACLE ZBX 1.8, 2.0】
MIRACLE ZBX (Zabbix) にて、アップデート後にDBスキーマを調整する。(1.8 2.0)
「MIRACLE ZBX サポートTips」技術ブログ始めます
MIRACLE ZBXのサポートエンジニアが、サポート業務を通じて得たノウハウなどをこのブログを通じて発信します。
【2/18開催】OpenStack最新情報セミナー登壇レポート
日本仮想化技術株式会社様主催の「OpenStack最新情報セミナー」に当社の社員が登壇しました。その内容を紹介します。
いよいよ明日から!【2/3-4開催】OpenStack Days Tokyo 2015
2月3日と2月4日の「OpenStack Days Tokyo 2015」に出展・セミナー登壇情報です。
企業システム向けに、監視統合ソフト「MIRACLE Hatohol Enterprise」いよいよ提供開始!
1/29(木)、企業システム向け監視統合ソリューション「MIRACLE Hatohol Enterprise」をミラクル・リナックスより提供開始! 主な機能として、統合システム監視環境との連携やインシデント管理システムとの連携を実現し、安心のサポートサービスを提供します。
【2/3-4開催】OpenStack Days Tokyo 2015で実演!ブースでのデモ情報
2月3日~2月4日に出展・セミナー登壇する「OpenStack Days Tokyo 2015」の展示ブースでは、OSSの運用統合ソフト「Hatohol」を実際に操作しながら機能を説明します。Hatoholと十数台のZabbixサーバを連携させたデモなどを実施予定です。