現在位置: ホーム

検索結果

80 アイテムが検索語に該当します
結果を絞り込む
アイテムタイプ

























ある時点以降の新しいアイテム



ソート基準 関連性 · 日付(新しいもの順) · アルファベット順
GNS3で、仮想ネットワーク環境を構築しよう-1
このシリーズは、GNS3というCiscoIOSのエミュレータを使って、ネットワークの実験をしてみようという試みです。 GNS3本体はフリーで入手できます。なお、CiscoIOS 自体は、別途入手する必要があります。 では、第1日目をはじめます。 GNS3本体をインストールします。
存在位置 みらくるブログ
GNS3で、仮想ネットワーク環境を構築しよう-2
前回、GNS3をインストールしましたが、ルータを設定するには、 Cisco router simulation platformである、dynamips というソフトと、IOS image を インストールしなければいけません。 以下のコマンドを発行します。
存在位置 みらくるブログ
GNS3で、仮想ネットワーク環境を構築しよう-3
今日は、VPC とルータの設定をしてみたいと思います。 topology-1 と名づけて、新しいプロジェクトを作成します。 ここに、設定ファイル等も保存していきます。 新しいプロジェクト上でVPCやルータの配置を実施します。
存在位置 みらくるブログ
GNS3で、仮想ネットワーク環境を構築しよう-4
第3日目のVPCとルータの設定はこちらです。 第3日目は、各機器について設定をしただけでした。PC1 と PC2 は異なるネットワークに配置されているので、このままではつながりませんね。 ルータ上で、ルーティングの設定をする必要があります。 2つのルータについて、以下のように、スタティックルートの設定をします。
存在位置 みらくるブログ
GNS3で、仮想ネットワーク環境を構築しよう-5
さて、前回は、異なるネットワークにいる端末で ping が通るようにしたんですが、今日は、wireshark でパケットを見てみたいと思っています。 このようなトポロジを作成しました。
存在位置 みらくるブログ
GNS3で、仮想ネットワーク環境を構築しよう-6
第6日目ですね。前回は、wireshark でパケットをキャプチャしてみました。GNS3は色々と便利な機能満載ですね。好きなトポロジを試せる可能性を感じています。 今日は、vlan を構築してvlan間ルーティングに挑戦してみようと思います。
存在位置 みらくるブログ
GNS3で、仮想ネットワーク環境を構築しよう-7
今日は、GNS3で、スイッチの初期設定(パスワードリカバリを含む)をやってみたいと思います。お題目に入る前に、GNS3 のバージョンが上がったようですので、バージョンアップしたいと思います。新しいバージョンは、GNS3 1.4.1 です。
存在位置 みらくるブログ
GNS3で、仮想ネットワーク環境を構築しよう-8
CentOS6でDHCPサーバを立て(フェールオーバー機能を有効にする)、異なるVLANにそれぞれのネットワーク用のIPアドレスを振ってみます。
存在位置 みらくるブログ
GNS3で、仮想ネットワーク環境を構築しよう-9
vlan ネットワークにアドレスを振っていく仕組みを作りたいです。まずは、各ルーターやスイッチの設定を完成させます。
存在位置 みらくるブログ
GNS3で、仮想ネットワーク環境を構築しよう-10
failover 設定を施した DHCP サーバーから、IPアドレスを配布していく仕組みづくりに入っていきます。
存在位置 みらくるブログ