現在位置: ホーム / サポート / MIRACLE ZBXアプライアンス / MIRACLE ZBX アプライアンス アップデート情報 / MySQL 5.5.53 パッケージのアップデート情報

MySQL 5.5.53 パッケージのアップデート情報

MySQL 5.5.53 パッケージのアップデート情報

2015/10/26

MySQL 5.5.53 パッケージは、MIRACLE ZBX アプライアンス群に含まれるものです。
お手数ですが、以下の手順にしたがってパッケージのアップデートを行ってください。

対象製品

  • MIRACLE ZBX8220
  • MIRACLE ZBX8200
  • MIRACLE ZBX6200
  • MIRACLE ZBX6000
  • MIRACLE ZBX3200
  • MIRACLE ZBX1200
  • MIRACLE ZBX Enterprise Pack 2.0
  • MIRACLE ZBX Virtual Appliance 2.0

修正内容

MySQL のバージョンを 5.5.53 へアップデートし、以下の脆弱性へ対処しました。

  • http://www.oracle.com/technetwork/topics/security/cpujul2015-2367936.html
  • http://www.oracle.com/technetwork/topics/security/cpuoct2015-2367953.html
  • http://www.oracle.com/technetwork/topics/security/cpujan2016-2367955.html
  • http://www.oracle.com/technetwork/security-advisory/cpuapr2016v3-2985753.html
  • http://www.oracle.com/technetwork/security-advisory/cpujul2016-2881720.html
  • http://www.oracle.com/technetwork/security-advisory/cpuoct2016-2881722.html

  • CVE-2015-2648
  • CVE-2015-2582
  • CVE-2015-4752
  • CVE-2015-2643
  • CVE-2015-4737
  • CVE-2015-2620
  • CVE-2015-4819
  • CVE-2015-4879
  • CVE-2015-4815
  • CVE-2015-4858
  • CVE-2015-4816
  • CVE-2015-4870
  • CVE-2015-4802
  • CVE-2015-4830
  • CVE-2015-4826
  • CVE-2015-4913
  • CVE-2015-4861
  • CVE-2015-4807
  • CVE-2015-4864
  • CVE-2015-4836
  • CVE-2015-4792
  • CVE-2016-0546
  • CVE-2016-0505
  • CVE-2016-0596
  • CVE-2016-0597
  • CVE-2016-0616
  • CVE-2016-0598
  • CVE-2016-0600
  • CVE-2016-0606
  • CVE-2016-0608
  • CVE-2015-7744
  • CVE-2016-0609
  • CVE-2016-0640
  • CVE-2016-2047
  • CVE-2016-0644
  • CVE-2016-0646
  • CVE-2016-0647
  • CVE-2016-0651
  • CVE-2016-0648
  • CVE-2016-0649
  • CVE-2016-0650
  • CVE-2016-0666
  • CVE-2016-0641
  • CVE-2016-0642
  • CVE-2016-0643
  • CVE-2016-3477
  • CVE-2016-3471
  • CVE-2016-3521
  • CVE-2016-3615
  • CVE-2016-5440
  • CVE-2016-5444
  • CVE-2016-3452
  • CVE-2016-6662
  • CVE-2016-5617
  • CVE-2016-5616
  • CVE-2016-5612
  • CVE-2016-5624
  • CVE-2016-5626
  • CVE-2016-3492
  • CVE-2016-7440
  • CVE-2016-5629
  • CVE-2016-5584
  • CVE-2016-8283

 

アップデート手順

1. パッケージをダウンロードします。
  ダウンロードするファイルは各製品によって異なります。

  • MIRACLE ZBX Enterprise Pack 2.0 をお使いのお客様

      アップデートパッケージはユーザー情報ログインページからログインし、メニュー
      『MIRACLE ZBX Enterprise Pack』内の『MIRACLE ZBX Enterprise Pack 2.0』
      から以下のファイルを取得してください。
        zbx8200-6200-3200-1200-ep20-va20-20161025-rpms.zip

  • MIRACLE ZBX Virtual Appliance 2.0 をお使いのお客様

      アップデートパッケージはユーザー情報ログインページからログインし、メニュー
      『MIRACLE ZBX Virtual Appliance』内の『MIRACLE ZBX Virtual Appliance 2.0』
      から以下のファイルを取得してください。
        zbx8200-6200-3200-1200-ep20-va20-20161025-rpms.zip

  • MIRACLE ZBX8220 をお使いのお客様

      アップデートパッケージはユーザー情報ログインページからログインし、メニュー
      『MIRACLE ZBX Hardware Appliance』内の『MIRACLE ZBX8220 アップデートダウンロード』
      から以下のファイルを取得してください。
        zbx8220-20161025-rpms.zip

  • MIRACLE ZBX1200, MIRACLE ZBX3200, MIRACLE ZBX6200, MIRACLE ZBX8200 をお使いのお客様

      アップデートパッケージはユーザー情報ログインページからログインし、メニュー
      『MIRACLE ZBX Hardware Appliance』内の『MIRACLE ZBX1200,ZBX3200,ZBX6200,ZBX8200 アップデートダウンロード』
      から以下のファイルを取得してください。
        zbx8200-6200-3200-1200-ep20-va20-20161025-rpms.zip

  • MIRACLE ZBX6000 をお使いのお客様

      アップデートパッケージはユーザー情報ログインページからログインし、メニュー
      『MIRACLE ZBX Hardware Appliance』内の『MIRACLE ZBX6000 アップデートダウンロード』
      から以下のファイルを取得してください。
        zbx6000-20161025-rpms.zip

  2. アップグレード対象パッケージの判定
    以下コマンドを実行し、少なくとも
    『mysql-5.5.<version>-<release>.ML6mysql55.<arch>』
    『mysql-libs-5.5.<version>-<release>.ML6mysql55.<arch>』
    『mysql-server-5.5.<version>-<release>.ML6mysql55.<arch>』
    が表示されることを確認してください。(<version>、<release> は数字、<arch> は "x86_64" または "i686")

# rpm -qa "mysql*"

    [実行例]

# rpm -qa "mysql*"
mysql-5.5.43-1.ML6mysql55.x86_64
mysql-server-5.5.43-1.ML6mysql55.x86_64
mysql-compat-libs-5.1.73-3.0.1.ML6mysql55.x86_64
mysql-libs-5.5.43-1.ML6mysql55.x86_64


  3. パッケージのアップデート
    ダウンロードした zip を展開し、
    『mysql-5.5.53-1.ML6mysql55.<arch>.rpm』
    『mysql-libs-5.5.53-1.ML6mysql55.<arch>.rpm』
    『mysql-server-5.5.53-1.ML6mysql55.<arch>.rpm』
    を以下コマンドでインストールしてください。
    <arch> は先ほど表示されたものを使用してください。ファイルは
    <zipファイル名(拡張子抜き)>/RPMS/<arch>/
    以下にあります。

  • MIRACLE ZBX6200
  • MIRACLE ZBX6000
  • MIRACLE ZBX3200
  • MIRACLE ZBX1200
  • MIRACLE ZBX Enterprise Pack 2.0
  • MIRACLE ZBX Virtual Appliance 2.0 をお使いのお客様
# rpm -Fhv mysql-{,libs-,server-}5.5.53-1.ML6mysql55.<arch>.rpm

      アップデート終了後、サービスmysqld, zabbix-serverを再起動します。

# service zabbix-server stop
# service mysqld restart
# service zabbix-server start

 

  • MIRACLE ZBX8200 をお使いのお客様
# rpm -Fhv mysql-{,libs-,server-}5.5.53-1.ML6mysql55.x86_64.rpm

      アップデート終了後、サービスmysqld, zabbix-serverを再起動します。

# clprsc -t exec-zabbix-server
# clprsc -t exec-mysqld
# clprsc -s exec-mysqld
# clprsc -s exec-zabbix-server

 

  • MIRACLE ZBX8220 をシングル構成でお使いのお客様。
# rpm -Fhv mysql-{,libs-,server-}5.5.53-1.ML6mysql55.x86_64.rpm

      アップデート終了後、サービスmysqld, zabbix-serverを再起動します。

# clprsc -t exec-ZabbixServer
# clprsc -t exec-MySQL
# clprsc -s exec-MySQL
# clprsc -s exec-ZabbixServer

 

  • MIRACLE ZBX8200 をクラスタ構成でお使いのお客様

      フェイルオーバーさせながらアップデートすることで、
      監視の停止時間を最小限に抑えます。
      zbx-server1 及び zbx-server2 の2台による構成で、
      zbx-server1 で failover-ZabbixServer が稼働している状態とします。

(zbx-server2)# rpm -Fhv mysql-{,libs-,server-}5.5.53-1.ML6mysql55.x86_64.rpm
(いずれかのマシン)# clpgrp -m failover-MySQL -h zbx-server1 -a zbx-server2
(いずれかのマシン)# clpgrp -m failover-ZabbixServer -h zbx-server1 -a zbx-server2
(zbx-server1)# rpm -Fhv mysql-{,libs-,server-}5.5.53-1.ML6mysql55.x86_64.rpm
(いずれかのマシン)# clpgrp -m failover-MySQL -h zbx-server2 -a zbx-server1
(いずれかのマシン)# clpgrp -m failover-ZabbixServer -h zbx-server2 -a zbx-server1

 

  • MIRACLE ZBX8220 をクラスタ構成でお使いのお客様

      フェイルオーバーさせながらアップデートすることで、
      監視の停止時間を最小限に抑えます。
      zbx-server1 及び zbx-server2 の2台による構成で、
      zbx-server1 で failover-ZabbixServer が稼働している状態とします。

(zbx-server2)# rpm -Fhv mysql-{,libs-,server-}5.5.53-1.ML6mysql55.x86_64.rpm
(いずれかのマシン)# clpgrp -m failover-ZabbixServer -h zbx-server1 -a zbx-server2
(zbx-server1)# rpm -Fhv mysql-{,libs-,server-}5.5.53-1.ML6mysql55.x86_64.rpm
(いずれかのマシン)# clpgrp -m failover-ZabbixServer -h zbx-server2 -a zbx-server1

 

なお、構成または手順についてご質問のあるお客様はお問い合わせください。

MIRACLE ZBX アプライアンスRSS

アップデート情報RSS

サポート関連情報RSS