現在位置: ホーム / サポート / MIRACLE ZBXアプライアンス / MIRACLE ZBX アプライアンス アップデート情報 / mlzbx-tools-softonly-2.2.0-3 パッケージ、ZBX8220 マニュアルのアップデート情報

mlzbx-tools-softonly-2.2.0-3 パッケージ、ZBX8220 マニュアルのアップデート情報

mlzbx-tools-softonly-2.2.0-3 パッケージ、ZBX8220 マニュアルのアップデート情報

2016/10/13

mlzbx-tools-softonly-2.2.0-3 パッケージは、MIRACLE ZBX アプライアンス ZBX8220 に含まれるものです。

以下の手順にしたがってパッケージのアップデートを行ってください。

アップデートパッケージ、マニュアルはユーザー情報ログインページからログインし、メニュー『MIRACLE ZBX Hardware Appliance』内の『 MIRACLE ZBX8220 アップデートダウンロード』から以下ファイルを取得してください。

  • mlzbx-tools-softonly-2.2.0-3.noarch.zip
  • miracle_zbx_8220_users_guide-1.0.2.pdf

 

mlzbx-tools 2.2.0-3

対象製品

  • MIRACLE ZBX8220

修正内容

  • 以前のバージョンでは、受信した SNMP Trap のデータに SNMP-COMMUNITY-MIB::snmpTrapAddress.0 が含まれ、該当 IP アドレスが 127.0.0.1 または ::1 の場合に、送信元をZabbix Server として判定していた。/etc/hosts で該当 IP アドレスの名前解決に成功するケースでは、名前解決後のホストを送信元として判定するように修正した。なお、名前解決に失敗する場合は、以前のバージョンと同様に送信元を Zabbix Server として判定する。
  • 定期的なヒストリデータを削除するコードの改善。ユーザーへ影響する挙動の変化は、エラーが発生した場合に出力されるメッセージの修正。
  • パッケージに含まれるテンプレートファイル /var/www/html/miracle/templates/Template_ML_snmptrap.xml のアイテム snmptrap のアイテム型が誤っていたため、xml ファイルを修正。デフォルトで MIRACLE ZBX に登録されているテンプレート Template_ML_snmptrap にはこの問題は存在しない。この修正により、xml ファイルと登録されているテンプレートの差異が解消。
  • Simplified setting Web UI for ZBX Series のユーザー・パスワードの作成・変更不具合の修正。

 

ZBX8220 マニュアル 1.0.2

対象製品

  • MIRACLE ZBX8220

修正内容

  • Simplified setting Web UI for ZBX Series のパスワードに使用可能な文字種の説明を追加。

 

1.アップグレード対象パッケージの判定

以下コマンドを実行し、『mlzbx-tools-softonly-2.2.<version>-<release>-.noarch』(<version>、<release> は数字)が表示されることを確認してください。

# rpm -qa "mlzbx-tools-softonly*"
<package>-<version>-<release>.noarch

[実行例]

# rpm -qa "mlzbx-tools-softonly*"
mlzbx-tools-softonly-2.2.0-2.noarch

2.パッケージのアップデート

『mlzbx-tools-softonly-2.2.0-3.noarch.zip』を展開し、『mlzbx-tools-softonly-2.2.0-3.noarch.rpm』を以下コマンドでインストールしてください。

# rpm -Fhv mlzbx-tools-softonly-2.2.0-3.noarch.rpm
MIRACLE ZBX アプライアンスRSS

アップデート情報RSS

サポート関連情報RSS