現在位置: ホーム / サポート / MIRACLE ZBXアプライアンス / MIRACLE ZBX アプライアンス アップデート情報 / mlzbx-tools*パッケージのアップデート情報

mlzbx-tools*パッケージのアップデート情報

mlzbx-tools*パッケージのアップデート情報

2015/6/2

mlzbx-toolsパッケージ, mlzbx-tools-softonlyパッケージは、MIRACLE ZBXアプライアンス群に含まれるものです。

修正内容

特定パターンのSNMP Trapを受信した際に、traphandleがクラッシュする問題を解決しました。

mlzbx-tools 2.0.6-1

対象製品

  • MIRACLE ZBX8200
  • MIRACLE ZBX6200
  • MIRACLE ZBX1200

mlzbx-tools-softonly 2.0.6-1

対象製品

  • MIRACLE ZBX Enterprise Pack V2.0
  • MIRACLE Virtual Appliance V2.0

mlzbx-tools 1.0.4-1

対象製品

  • MIRACLE ZBX8000a

mlzbx-tools-nopart 1.0.4-1

対象製品

  • MIRACLE ZBX6000

 

アップデート手順

1.アップグレード対象パッケージの判定

# rpm -qa "mlzbx-tools*"
<package>-<version>-<release>.noarch

[実行例]

# rpm -qa "mlzbx-tools*"
mlzbx-tools-2.0.5-7.noarch
上記コマンドの結果から、次のように判定します。
package: mlzbx-tools
version: 2.0.5 → 2.0.x を選択
release: 7

なお、versionが1.0.xと表示された場合は、適用パッケージのバージョンとして1.0.xを選択してください。1.0.xと2.0.xとの間に互換性はありません。


2.パッケージのアップデート

/var/lib/zabbix/snmptrapd/snmptrap.pyが/var/lib/zabbix/snmptrapd/snmptrap.py.newとして保存された場合は、既存のsnmptrap.pyをsnmptrap.py.newに差し替えてください。

# rpm -Fhv mlzbx-tools-<version>-<release>.noarch.rpm


3.symlinkの作成

パッケージ名がmlzbx-toolsかつハードウェアがZBX8200の場合のみ必要な作業です。

# ln -s /var/lib/zabbix/cron.d/zbx-hwcheck /etc/cron.d/zbx-hwcheck


4.ファイル/etc/snmp/snmptrapd.confの編集

[修正前]

authCommunity log,execute,net コミュニティ名
traphandle default /usr/bin/python /var/lib/zabbix/snmptrapd/snmptrap.py &

[修正後]

authCommunity log,execute,net コミュニティ名
traphandle default /usr/bin/python /var/lib/zabbix/snmptrapd/snmptrap.py >> /var/log/snmptrapd.stdout.log 2>> /var/log/snmptrapd.stderr.log &

5.サービスsnmptrapdの再起動

# service snmptrapd restart

 

更新履歴

2015年6月4日 更新

MIRACLE ZBX アプライアンスRSS

アップデート情報RSS

サポート関連情報RSS