現在位置: ホーム / 技術サポート情報 / MIRACLE ZBXアプライアンス / MIRACLE ZBX アプライアンス アップデート情報 / mlzbx-tools*パッケージのアップデート情報

mlzbx-tools*パッケージのアップデート情報

mlzbx-tools*パッケージのアップデート情報

2014/8/29

mlzbx-tools, mlzbx-tools-nopart, mlzbx-tools-softonlyパッケージは、MIRACLE ZBXアプライアンス群に含まれるものです。この度、本パッケージ群に修正を加えたものをご提供申し上げることとなりました。

お手数ですが、以下の手順にしたがってパッケージのアップデートを行ってください。なお、誤ったパッケージを適用すると、MIRACLE ZBXの動作に支障を来します。作業にあたっては十分ご注意ください。

mlzbx-tools 2.0.5-2

対象製品

  • MIRACLE ZBX8200
  • MIRACLE ZBX6200
  • MIRACLE ZBX3200
  • MIRACLE ZBX1200

修正内容

  • テーブルhistory_log, history_textのインデックス変更
  • テーブルalerts, acknowledges, eventsの保存期間を過ぎたデータが削除されない問題を修正
  • ネットワークbonding設定の軽微な修正

 

mlzbx-tools-softonly 2.0.5-2

対象製品

  • MIRACLE ZBX Enterprise Pack V2.0
  • MIRACLE ZBX VirtualAppliance V2.0

修正内容

  • テーブルhistory_log, history_textのインデックス変更
  • テーブルalerts, acknowledges, eventsの保存期間を過ぎたデータが削除されない問題を修正
  • ネットワークbonding設定の軽微な修正

 

mlzbx-tools 1.0.3-2

対象製品

  • MIRACLE ZBX8000a

修正内容

  • テーブルhistory_log, history_textのインデックス変更
  • ネットワークbonding設定の軽微な修正

 

mlzbx-tools-nopart 1.0.3-1

対象製品

  • MIRACLE ZBX6000

修正内容

  • ネットワークbonding設定の軽微な修正
  • アップデート手順

 

1.アップグレード対象パッケージの判定

# rpm -qa "mlzbx-tools*"
<package>-<version>-<release>.noarch

[実行例]

# rpm -qa "mlzbx-tools*"
mlzbx-tools-softonly-2.0.1-5.noarch

上記コマンドの結果から、次のように判定します。
package: mlzbx-tools-softonly
version: 2.0.1 → 2.0.x を選択
release: 5

なお、versionが1.0.xと表示された場合は、適用パッケージのバージョンとして1.0.xを選択してください。1.0.xと2.0.xとの間に互換性はありません。

以降の手順は、組み合わせによって異なります。

組み合わせ

  • package: mlzbx-tools
  • version: 2.0.x
  • hardware: ZBX8200

2.パッケージのアップデート

# rpm -Fhv mlzbx-tools-<version>-<release>.noarch.rpm

3.データベースに対するパッチの適用

# service zabbix-server stop ←サービスzabbix-serverを停止
# cd /var/lib/zabbix/updates
# mysql <database名> -u<ZBX用データベースユーザ名> -p < <version>-dbpatch.sql
# service zabbix-server start ←サービスzabbix-serverを起動

4. symlinkの作成

# ln -s /var/lib/zabbix/cron.d/zbx-hwcheck /etc/cron.d/zbx-hwcheck

 

組み合わせ

  • package: mlzbx-tools または mlzbx-tools-softonly
  • version: 2.0.x
  • hardware: ZBX8200以外

2.パッケージのアップデート

# rpm -Fhv mlzbx-tools-<version>-<release>.noarch.rpm
または
# rpm -Fhv mlzbx-tools-softonly-<version>-<release>.noarch.rpm

3.データベースに対するパッチの適用

# service zabbix-server stop ←サービスzabbix-serverを停止
# cd /var/lib/zabbix/updates
# mysql <database名> -u<ZBX用データベースユーザ名> -p < <version>-dbpatch.sql
# service zabbix-server start ←サービスzabbix-serverを起動

 

組み合わせ

  • package: mlzbx-tools
  • version: 1.0.x
  • hardware: ZBX8000a

2.パッケージのアップデート

# rpm -Fhv mlzbx-tools-<version>-<release>.noarch.rpm
または
# rpm -Fhv mlzbx-tools-softonly-<version>-<release>.noarch.rpm

3.データベースに対するパッチの適用

# service zabbix-server stop ←サービスzabbix-serverを停止
# cd /var/lib/zabbix/updates
# mysql <database名> -u<ZBX用データベースユーザ名> -p < <version>-dbpatch.sql
# service zabbix-server start ←サービスzabbix-serverを起動

4. symlinkの作成

# ln -s /var/lib/zabbix/monitoringscripts/ipmi.sensor.reading /etc/zabbix/externalscripts/.
# ln -s /var/lib/zabbix/monitoringscripts/ipmi.sensor.sed /etc/zabbix/externalscripts/.
# ln -s /var/lib/zabbix/Zabbix-server.conf /etc/zabbix/externalscripts/Zabbix_server.conf

 

組み合わせ

  • package: mlzbx-tools または mlzbx-tools-softonly
  • version: 1.0.x
  • hardware: ZBX8000a以外

2.パッケージのアップデート

# rpm -Fhv mlzbx-tools-<version>-<release>.noarch.rpm
または
# rpm -Fhv mlzbx-tools-softonly-<version>-<release>.noarch.rpm

3.データベースに対するパッチの適用

# service zabbix-server stop ←サービスzabbix-serverを停止
# cd /var/lib/zabbix/updates
# mysql <database名> -u<ZBX用データベースユーザ名> -p < <version>-dbpatch.sql
# service zabbix-server start ←サービスzabbix-serverを起動

 

組み合わせ

  • package: mlzbx-tools-nopart
  • version: 1.0.x

2.パッケージのアップデート

# rpm -Fhv mlzbx-tools-nopart-<version>-<release>.noarch.rpm
MIRACLE ZBX アプライアンスRSS

アップデート情報RSS

サポート関連情報RSS