現在位置: ホーム / 技術サポート情報 / MIRACLE ZBXアプライアンス / MIRACLE ZBX アプライアンスサポート関連情報 / MIRACLE ZBX Virtual Appliance V5.0でdnfのキャッシュがストレージを枯渇させる

MIRACLE ZBX Virtual Appliance V5.0でdnfのキャッシュがストレージを枯渇させる

MIRACLE ZBX Virtual Appliance V5.0でdnfのキャッシュがストレージを枯渇させる問題について

問題の概要

MIRACLE ZBX Virtual Appliance V5.0では、OSとしてMIRACLE LINUX 8 Asianux Inside(以下、Asianux 8)を使用しています。

Asianuxにおいては、サポートを契約されたお客様向けにyum/dnfリポジトリを提供していますが、このリポジトリを利用するためのdnfプラグインの処理に問題があり、キャッシュが削除されません。そのため、このバージョンのdnfプラグインを使って長期間運用を続けると、キャッシュが蓄積されディスクを圧迫する可能性があります。

MIRACLE ZBX 自体に本件に関係する問題はありません。

影響を受ける環境

以下のMIRACLE ZBXアプライアンスが影響を受ける可能性があります。

  • MIRACLE ZBX Virtual Appliance V5.0

 

以下のdnfプラグインのバージョンが影響を受けます。

  • dnf-axtu-plugin-3.0.1-0.0.3.el8.AXS8 未満

 

以下のコマンドでdnfプラグインのバージョンが確認できます。

# rpm -q dnf-axtu-plugin
dnf-axtu-plugin-3.0.1-0.0.2.el8.AXS8.noarch

 

また、MIRACLE ZBXアプライアンスを利用せず、MIRACLE ZBXパッケージをインストールして運用している環境でもAsianux 8を使用している場合は影響を受ける可能性があります。

対策

以下のいずれかの方法で対象パッケージをアップデートし、キャッシュをクリアしてください。

  • OS全体のパッケージをアップデートする(推奨)

ユーザーズガイドを参考にパッケージをアップデートしてください。

  • dnfプラグインのみをアップデートする

こちらからパッケージをダウンロードした後、以下のコマンドでパッケージをアップデートしてください。

# rpm -Uvh dnf-axtu-plugin-3.0.1-0.0.3.el8.AXS8.noarch.rpm

アップデート後は以下のコマンドでキャッシュをクリアしてください。

# dnf clean metadata

注意事項

  • 本ドキュメントの内容は、予告なしに変更される場合があります。
  • 本ドキュメントは限られた評価環境における検証結果をもとに作成しており、 全ての環境での動作を保証するものではありません。
  • 本ドキュメントの内容に基づき、導入、設定、運用を行なったことにより損害が生じた場合でも、弊社はその損害についての責任を負いません。あくまでお客様のご判断にてご使用ください。

更新履歴

  • 2021年05月12日 新規作成
MIRACLE ZBX アプライアンスRSS

アップデート情報RSS

サポート関連情報RSS