現在位置: ホーム / 技術サポート情報 / MIRACLE System Savior V4 技術情報 / MIRACLE System Savior アップデート情報一覧

MIRACLE System Savior アップデート情報一覧

MSS V4R1 (4.1.0440)

機能修正

  • MSS のベース OS を Asianux Server 8 に更新しました。カーネルとファームウェアパッケージのバージョンは次のとおりです。

    • kernel-4.18.0-240

    • linux-firmware-20200619-101.git3890db36

  • バックアップエンジン partclone のバージョンを 0.2.89 から 0.3.17 に更新しました。

  • VMFS6だけでなく、VMFS3 または VMFS5 パーティションのバックアップにも dd コマンドが標準で使用されるようになります。 partclone.vmfs を利用される場合は「MSS V4R1 における VMware ESXi のバックアップ・リストアについて」をご確認のうえ実行してください。

  • cciss ドライバは削除されました。cciss ドライバが必要なハードウェア上でバックアップ・リストアする場合は MSS V3 以前のバージョンをご利用ください。

  • 本バージョンより hpvsa 版 MSS ISO イメージは提供しません。 hpvsa ドライバが必要なハードウェア上でバックアップ・リストアする場合は MSS V3 以前のバージョンをご利用ください。

  • 本バージョンより RDX 版 MSS ISO イメージは提供しません。RDX 用イメージが必要な場合は MSS V3 以前のバージョンをご利用ください。

不具合修正

  • リストアのサマリ画面に dd コマンドでリストアされたパーティションを表示するように修正しました。

  • ネットワークデバイスの選択画面で bond デバイスを選択できるように修正しました。

  • バックアップイメージに含まれるスワップ領域の有無がバックアップイメージの検証結果へ影響しないように修正しました。

既知の不具合