現在位置: ホーム / サポート / MIRACLE System Savior V3 技術情報 / MIRACLE System Savior V3 サポート関連情報 / VMware Updater使用時の、MSSによるバックアップエラーの回避方法

VMware Updater使用時の、MSSによるバックアップエラーの回避方法

1. 概要

 VMware Updaterを使用して上書きアップデートしたVMwareについてバックアップする場合に、エラーメッセージを出力し、終了します。

 この不具合は、MSSがVMwareの障害診断用パーティション領域(VMKcore)について、ファイルシステムの判定ロジックが誤動作したことによります。

2. 詳細

 VMware Updaterを使用して上書きアップデートしたVMwareについてバックアップする場合に、 以下のエラーメッセージを出力し,終了します。

source seek ERROR: Invalid argmument  

 この不具合は、上書きアップデートを選択した場合に発生します。クリーンインストールを選択した場合には発生しません。

3. 対処方法

 この問題を修正したMSS V3R1(3.1.0368)以降の最新版をご利用ください。

 あるいは、以下の手順書の記載に沿って操作してください。

更新履歴

2016年 9月 6日 解決策の追加
2016年 7月21日 新規作成