現在位置: ホーム / サポート / Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 技術情報 / Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 サポート関連情報 / Asianux TSN と自動アップデートツールのご利用について (AXS4)

Asianux TSN と自動アップデートツールのご利用について (AXS4)

サービスの概要と利用の流れ

TSN への登録、ご利用にはユーザー登録と製品登録が必要です。
以下のご利用手順に沿って、事前のご登録をお願いいたします。

ご利用手順

    1. ユーザー登録        ユーザー登録ページ
    2. 製品登録          製品登録ページ
    3. TSN への登録
    4. 自動アップデートツールのご利用

    ユーザー登録と製品登録の方法は以下を参照して下さい。

    yum 利用ガイド(マニュアル)

    自動アップデートツール利用ガイドpdf

    yum 簡易利用ガイド : TSN への登録方法

    1. 登録画面を開きます。

    方法 1

    <GNOME の場合>

    「システム」→「管理」→「TSN への登録」の順に選択してください。
    TSN登録方法:GNOMEの場合

    <KDE の場合>

    デスクトップ画面左下の「Asianux」のボタンをクリックしてください。
    TSN登録方法:KDEの場合

    「アプリケーション」タブから「管理」を選択してください。
    「アプリケーション」タブから「管理」を選択

    「Register for software updates from Asianux TSN」を選択してください。
    「Register for software updates from Asianux TSN」を選択

    方法 2

    コマンドラインより、以下のコマンドを入力することによっても登録できます。

    # /usr/bin/axtsn_register

    ※root ユーザー以外で起動した場合には、root ユーザーの認証が必要となります。
    root ユーザー以外で起動した場合のroot ユーザーの認証


    2. ユーザー情報の登録をします。


    (1) 「進む (F)」をクリックします。
    ユーザー情報登録:「進む (F)」をクリック

    (2) 事前に製品登録したプロダクトキーを入力後、「進む (F)」をクリックします。
    ユーザー情報登録:事前に製品登録したプロダクトキーを入力

    (3) アカウント情報を入力します。
    各項目を入力後、「進む (F)」をクリックすると、TSN への登録は完了です。
    ユーザー情報登録:アカウント情報を入力

    ・ログイン  : ユーザー登録した ID を入力してください。
    ・パスワード : ユーザー登録したパスワードを入力してください。
    ・システム名 : デフォルトではサーバーのホスト名が表示されています。
    任意の名前を設定することも可能です。

    ※プロキシ利用時に TSN への登録が失敗する場合は以下を参照してください。

     

    ・インストール直後の設定方法

    また、インストール DVD を使用して Asianux Server 4 をインストールした場合は、再起動後に行う firstboot での設定も可能です。以下の「ソフトウェアの更新の設定」画面で「はい、いますぐ登録します (Y)」を選択し、「進む (F)」ボタンをクリックして設定を進めてください。
    詳細につきましては「インストレーションガイド」をご参照ください。
    インストール直後の設定方法

    yum 簡易利用ガイド : 自動アップデートツールのご利用

    詳細な利用ガイドはこちらをご覧ください。

    yum コマンド

    1. yum の設定
    yum をご使用になる前に、弊社レポジトリを使用するための設定を行う必要があります。
    axtsn_register でプロダクトキーの登録を行ってください。
    (本ページ「TSN への登録方法」参照)

    2. yum の使用方法
    yum を使用するには、yum コマンドを使用します。基本的な書式は以下です。

    # yum [オプション] [コマンド] [パッケージ名]

    ・インストールもしくはアップデート可能なパッケージの一覧を表示する。

    # yum list

    ・アップデート可能なパッケージを確認する。

    # yum check-update

    ・個別にパッケージのインストールを行う。(例: tftp パッケージ)

    # yum install tftp

    ・システムにインストールされているすべてのパッケージのアップデートを行う。

    # yum update

    ・個別にパッケージのアップデートを行う。(例: firefox パッケージ)

    # yum update firefox

    ・個別にパッケージの削除(アンインストール)を行う。(例: tftp パッケージ)

    # yum remove tftp

    GUI ツール

    自動パッケージアップデートツールの GUI として「gnome-packagekit」を使用することができます。
    「gnome-packagekit」には、「ソフトウェア更新」を「ソフトウェアの追加 / 削除」の2つのウィンドウがあり、各々の主な機能は以下になります。

    1. 「ソフトウェア更新」:システムにインストールされているすべてのパッケージ、もしくは選択したパッケージのアップデートが行えます。
    2. 「ソフトウェアの追加 / 削除」:パッケージの追加や削除などの管理が行えます。

    GUI ツールの使用方法

    1. 「ソフトウェア更新」の使用方法

    1.1 システムのパッケージにアップデートがあると、通知エリア(デスクトップ右上)に星型のアイコンが表示されます。
    GUI ツールの使用方法:パッケージアップデートの通知

    1.2 星型アイコンをクリックすると「ソフトウェア更新」のウインドウが開きます。
    GUI ツールの使用方法:ソフトウェア更新

    1.3 「更新をインストール (I)」ボタンをクリックすると、選択したパッケージのインストールが行われます。

    ※注意事項
    パッケージのインストールやアップデートを初めて行う場合、以下のメッセージが表示され GPG キーを取り込むことの確認が行われます。表示された場合は「はい (Y)」を選択します。
    GUI ツールの使用方法:GPG キーの取り込み確認


    また、「ソフトウェア更新」は「システム」メニューから起動することも可能です。
    GUI ツールの使用方法:「システム」メニューから起動し「ソフトウェア更新」

    2. 「ソフトウェアの追加 / 削除」

    2.1 「システム」メニューから「ソフトウェアの追加 / 削除」を選択すると、「ソフトウェアの追加 / 削除」のウインドウが開きます。
    GUI ツールの使用方法:「ソフトウェアの追加 / 削除」

    2.2 パッケージの選択を行い、「適用 (A)」をクリックすることでパッケージの追加や削除が行えます。
    GUI ツールの使用方法:パッケージを選択し「適用 (A)」


    ※注意事項
    パッケージのインストールやアップデートを初めて行う場合、以下のメッセージが表示され GPG キーを取り込むことの確認が行われます。表示された場合は、「はい (Y)」を選択します。
    GUI ツールの使用方法:パッケージのソース信頼確認

     

    更新履歴

    2012年12月13日 新規作成
    2014年07月01日 修正
    2018年05月24日  ユーザー登録と製品登録ガイドの追加

    Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 サポートRSS

    サポート関連情報RSS