現在位置: ホーム / 技術サポート情報 / MIRACLE LINUX 8 Asianux Inside 技術情報 / MIRACLE LINUX 8 Asianux Inside サポート関連情報 / 認証付きプロキシ利用時に「TSNへの登録」が失敗する場合の対処

認証付きプロキシ利用時に「TSNへの登録」が失敗する場合の対処

本ドキュメント対象となる製品

MIRACLE LINUX 8 Asianux Inside

概要

MIRACLE LINUX 8 Asianux Inside(以下ML8)において、自動アップデートツール(dnf)の利用のための「TSNへの登録」(※)を行う際に、認証付きプロキシを指定した場合に、以下の画面で無応答状態となり失敗する問題への対処法について説明します。

エラー画面(TUI)

axtsn_registerでのエラー画面(TUI)

※「TSNへの登録」については以下を参照してください。

Asianux TSNと自動アップデートツールのご利用について(ML8) https://www.miraclelinux.com/support/miraclelinux8/miraclelinux8-support/tsn-ml8

詳細

axtsn-client-tools、axtsn-setup のパッケージのバージョンが、以下の【影響のあるパッケージ】に該当するバージョンを使用している環境において、認証付き HTTP プロキシサーバを経由し「TSN への登録」を実行した場合に、axtsn_registerコマンドが無応答状態となります。

影響のあるパッケージ

OSのバージョン パッケージ名 パッケージのバージョン
MIRACLE LINUX 8 axtsn-client-tools axtsn-client-tools-2.0.2-8.0.1.el8.x86_64.rpm
axtsn-setup axtsn-setup-2.0.2-8.0.1.el8.noarch.rpm

影響の有無の確認方法

以下の手順にてパッケージのバージョンを確認し、【影響のあるパッケージ】にて影響の有無を確認してください。

1. OSのバージョンを確認します。

# cat /etc/asianux-release

2. パッケージのバージョンを確認します。

# rpm -qa "axtsn*"

解決方法

上記で確認したパッケージをアップデートしてください。

1. パッケージのダウンロード

以下のエラータのページから、バイナリパッケージをダウンロードします。

axtsn-client-tools-2.0.2-8.0.3.el8.x86_64.rpm, axtsn-setup-2.0.2-8.0.3.el8.noarch.rpm https://tsn.miraclelinux.com/ja/node/11700

2. パッケージのアップデート

パッケージテスト(依存関係チェック)を行います。

(例)
# rpm -Fhv axtsn-client-tools-2.0.2-8.0.3.el8.x86_64.rpm \
axtsn-setup-2.0.2-8.0.3.el8.noarch.rpm --test

3. パッケージのテストで問題がないようであれば、アップデートを行います。

(例)
# rpm -Fhv axtsn-client-tools-2.0.2-8.0.3.el8.x86_64.rpm \
axtsn-setup-2.0.2-8.0.3.el8.noarch.rpm

なお、アップデート後のシステムの再起動は必要ありません。

更新履歴

MIRACLE LINUX 8 Asianux Inside サポートRSS

サポート関連情報RSS