MIRACLE ZBX 2.0.19-1

MIRACLE ZBX 2.0.19-1


  • systemd に起因する問題により各サービスが正常に停止できない場合があった問題を修正
    MIRACLE ZBX 2.0.19 以前の 2.0 系を ML7, CentOS7, RHEL7, Oracle Linux 7 でご利用の場合、
    今回の修正により systemd のバージョンが 219-3 以上であることを要求するようになりました。
    systemd を使用していない他の OS の環境ではこの問題は発生しません。
  • ML5, CentOS5, RHEL5, Oracle Linux 5, Scientific Linux 5 において、 "jdk" を要求しなくなりました。
    これによって Oracle 社製 Java 環境に代わって OpenJDK を使用することも可能になりました。
  • Windows 環境において、 複数の Agent が同じポートを用いて起動する可能性がある問題をバックポートし修正 (ZBX-9733)
  • メンテナンス中に、タイマープロセスが監視されていないホストを処理しない問題をバックポートし修正 (ZBX-9413)
  • 共有メモリ領域でメモリリークが発生する可能性がある問題をバックポートし修正 (ZBX-11170)
  • PostgreSQL 環境において、MIRACLE ZBX サーバー側のカスタムスクリプトもしくはグローバルスクリプトを使用してアクション実行時に標準出力した場合、プロセスがクラッシュしていた問題を修正
  • トリガーの深刻度を表す文字列をメニューから変更した際、イベント画面のフィルター選択画面に正しく反映されなかった問題を修正
  • MIRACLE ZBX 自体のログのログローテーション処理において、ローテートされた古いファイルにデータが書き込まれ続ける可能性がある問題を改善
  • 一括更新で差分値が変更されてしまう問題を修正 (ZBX-10262)
  • Web監視を TLS1.0 以降に対応(SSL2.0 および SSL3.0 のみ対応の Web ページは非対応になりました)
  • 変数の型の不一致が原因となり、イベントログ監視時に正しくないレコード行を読む場合や、読み込みができない可能性があった問題を修正 (ZBX-9716)
  • Solaris 11 において、"AllowRoot=1" を設定したにも関わらず root ユーザー権限で動作していなかった問題を修正
  • MIRACLE ZBX Agent の Windows Server 2016 対応
  • MIRACLE ZBX のベースとしているソフトウェアを Zabbix 2.0.19 へアップデート
    変更内容は以下 Changelog からの引用を参照

Bug fixes in 2.0.19:

[ZBX-7108] fixed error when upgrading graph_theme table in proxy database from 1.8 to 2.0 (vso)
[ZBX-10819] fixed server/proxy compilation error on Solaris 10 (viktors)

New features in 2.0.18:

[ZBX-1357] updated French translation; thanks to Zabbix translators (zalex_ua)

Bug fixes in 2.0.18:

[ZBX-10741] enforced bash usage in mysql.size user parameter configuration script to avoid issues with different default shells; thanks to Timo Lindfors for reporting it (wiper)
[ZBX-10727] fixed timeout being too low when sending configuration data to active proxy (asaveljevs)
[ZBX-10681] fixed loss of trailing whitespace in unquoted function parameters when creating calculated items with low level discovery (wiper)

New features in 2.0.17:

[ZBX-1357] updated English (United States), French, Japanese, Korean, Polish, Ukrainian translations; thanks to Zabbix translators (zalex_ua)

Bug fixes in 2.0.17:

[ZBX-6744] fixed "expression tree is too large (maximum depth 1000)" error when using SQLite3 in a large environment (Sasha)
[ZBX-10316] fixed the regular expression preventing from adding web scenario steps (Ivo)
[ZBX-10221] fixed MySQL transaction handling when execute query fails (dimir)
[ZBX-10358] fixed error message in template screen cloning (Oleg)
[ZBX-10365] fixed inconsistencies in schema.inc.php with schema.tmpl (Sasha)
[ZBX-10232] fixed SQL errors with invalid "year" parameter in IT services report (Gunars)
[ZBX-1357] added more details to README file about how to add new language (zalex_ua)
[ZBX-10064] fixed history cache synchronisation with database on shutdown (viktors, wiper)
[ZBX-9458] fixed low level discovery macro substitution in calculated item formulas (wiper)
[ZBX-9928] fixed triple SMS being sent by single action with Cinterion MC35i modem (wiper)