現在位置: ホーム / サポート / CentOS 技術情報 / CentOS サポート関連情報 / 問い合わせ時に必要な情報 (Linux エンタープライズサポート for CentOS)

問い合わせ時に必要な情報 (Linux エンタープライズサポート for CentOS)

本ドキュメントの対象となるサービス

Linux エンタープライズサポート for CentOS

 

本ドキュメントの対象となる OS

CentOS 7 for x86_64 (64bit)
CentOS 6 for x86_64 (64bit)
CentOS 6 for i386 (32bit)

 

概要

障害発生に備えてあらかじめ準備しておくことは、障害の原因を調査するうえで大変重要です。本ドキュメントでは、 障害発生時の情報採取の方法、ならびに準備すべき内容について説明します。


障害発生時の情報採取

障害発生の際には、以下の点についてご確認ください。これらは、サポート窓口へお問合せいただいた際にも質問される内容ですので、事前に準備していただくことにより問題の早期解決に役立ちます。
 

使用環境の確認

  • ハードウェアの構成
  • 使用OSとバージョン
  • パッケージの種類、バージョン 
     

現象内容についての把握

  • 現象発生日時
  • 現象と問題点の詳細
  • 現象の再現性の有無について
  • 現象に再現性がある場合、その再現手順
  • 現象発生日時の近辺に行っていた操作内容
  • コンソールに表示されるエラーメッセージ
  • その他の気づいた点について
     

※サポート窓口へお問い合わせを頂く際は「お問い合わせフォーマット」もご利用頂けます。

 

sosreport による情報採取

CentOS に含まれる sosreport は、現在稼動しているホストの各種ログやハードウェア情報、インストールされているパッケージ情報など、さまざまな情報を取得するコマンドです。なお、sosreport の取得情報の中には、rootユーザーでしか取得できないものもあるため、sosreport コマンドは root ユーザーで実行します。

# sosreport

※ 保存先を指定しない場合、/var/tmp 以下に sosreport-name-yyyymmddhhmmss.tar.xz という形式の名称でファイルが保存されます。

 

その他

ミラクル・リナックス カスタマーサポートセンターでは、お問合せの内容に応じて、問題解決に必要な情報を考慮してご案内しております。


注意事項

本ドキュメントの内容は、予告なしに変更される場合があります。


更新履歴

2016年 4月 11日 新規作成

CentOS サポート
CentOS サポートRSS

サポート関連情報RSS