Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 SP7 について

Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 SP7 について

[概要]

Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 SP7 (以降、SP7と称します)は、Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 の性能と機能の向上を実現させた、マイナーバージョンアップです。x86 アーキテクチャ (32bit) 用と x86-64 アーキテクチャ(64bit) 用の 2 種類が用意されていますが、これらの導入方法に違いはありません。SP7 には、多くの新しい修正や機能が追加されています。

SP7で新たに追加・修正が行われたパッケージの一覧は以下のとおりです。

また、SP7 に含まれるパッケージの一覧は以下のとおりです。

[注意事項]

 1. SP7 のインストールメディアは OS の新規インストールに対応しています。SP7 のインストールメディアを用いて現在運用中のシステムを SP7 相当にアップグレードするには yum コマンド を利用してください(後述)。

2. SP7 をご利用になる際は、必ずリリースノートに書かれた留意事項を確認してください。リリースノートは PDF またはテキスト形式で、ISO イメージファイルと一緒に配布されています。

 

[DVD (ISO) イメージファイルの利用方法]

DVD (ISO) イメージファイルをダウンロードする


1. SP7 より前の Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 製品をお持ちの方は、ユーザー情報ページにログインしていただくことで、 ISO イメージファイルがダウンロードすることができます。

2. ダウンロード後、ダウンロードした ISO イメージファイルが正しいかどうか、sha256sum 値を確認してください。以下は、ISO イメージファイルを置いたディレクトリが /tmp の場合の実行例です。

# cd /tmp
# sha256sum Asianux-4SP7-rtm-ia32-dvddisc-201704262243.iso
7fd7da5f2f61b474c1fe7e8d8a001a32dd89012e520a65683152e5cc00c287a8  Asianux-4SP7-rtm-ia32-dvddisc-201704262243.iso


表示された値が、ISO イメージファイルをダウンロードしたページに書かれた sha256sum 値と一致していれば、ダウンロードは成功しています。

インストール DVDを作成し、SP7 をインストールする場合

 1. 普段ご利用の DVD-R/RW 作成ソフトで、入手した ISO イメージファイルを DVD メディア に記録します。

※ Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 上で記録する場合は、cdrtools (cdrecord) が使用できます。

2. SP7 をインストールするサーバの電源を入れ、作成した DVD メディア を DVD-ROM ドライブに挿入します。

3. インストーラが起動した後のインストール方法は、以下の URL に掲載のインストレーションガイドを参照し、インストールを進めてください。

 

ダウンロードした ISO イメージファイルから、SP7 へアップデートする場合

1.インストール DVD(ISO イメージファイル)を yum リポジトリに設定します。

1.1 イメージファイルをマウントします。

以下の例では、/iso ディレクトリに格納している ISO イメージファイルを /media/Asianux にマウントしています。

# mount -o loop /iso/Asianux-4SP7-rtm-ia32-dvddisc-201704262243.iso
/media/Asianux

1.2 yum リポジトリファイルの設定ファイルを作成します。

asianux-dvd.repo (32ビット用)

# vi /etc/yum.repos.d/asianux-dvd.repo
[AXS4SP7-DVD]
name=Asianux Server 4 (SP7) DVD
baseurl=file:///media/Asianux  <== イメージのマウントポイントに合わせて指定
gpgcheck=1
enabled=1 <== このリポジトリの 1 : 有効、 0 : 無効 の指定
gpgkey=file:///usr/share/doc/asianux-rtm/RPM-GPG-KEY

x86_64 の場合、32ビットのパッケージのためのリポジトリも指定します。
asianux-dvd.repo (64ビット用)

[AXS4SP7-DVD]
name=Asianux Server 4 (SP7) DVD
baseurl=file:///media/Asianux<== イメージのマウントポイントに合わせて指定
gpgcheck=1
enabled=1 <== このリポジトリの 1 : 有効、 0 : 無効 の指定
gpgkey=file:///usr/share/doc/asianux-rtm/RPM-GPG-KEY
       file:///usr/share/doc/asianux-rtm/RPM-GPG-KEY.ia32 <== 32ビットのパッケージ用のキー


「baseurl」は「file:///マウントポイント」の形式で指定します。
(参照:「インストール DVDを yum リポジトリに設定する方法」)

2.コマンドラインで以下のように実行します。

# yum clean all
読み込んだプラグイン:axtu-plugin, security
Please register, or you can not connect to Asianux Update Server!
リポジトリーを清掃しています: AXS4SP7-DVD
すべて掃除しています 
# yum check-update
読み込んだプラグイン:axtu-plugin, security
Please register, or you can not connect to Asianux Update Server!
AXS4SP7-DVD                                                  | 3.8 kB     00:00 ...
AXS4SP7-DVD/primary_db                                                              | 2.6 MB     00:00 ...
GConf2.i686 2.28.0-7.AXS4                     AXS4SP7-DVD
ORBit2.i686                    2.14.17-6.AXS4                    AXS4SP7-DVD
abrt.i686                      2.0.8-43.0.1.AXS4             AXS4SP7-DVD
abrt-addon-ccpp.i686           2.0.8-43.0.1.AXS4              AXS4SP7-DVD
abrt-addon-kerneloops.i686    2.0.8-43.0.1.AXS4                AXS4SP7-DVD
abrt-addon-python.i686         2.0.8-43.0.1.AXS4           AXS4SP7-DVD
abrt-cli.i686                  2.0.8-43.0.1.AXS4                 AXS4SP7-DVD
abrt-libs.i686               2.0.8-43.0.1.AXS4              AXS4SP7-DVD
abrt-python.i686               2.0.8-43.0.1.AXS4             AXS4SP7-DVD
abrt-tui.i686                  2.0.8-43.0.1.AXS4             AXS4SP7-DVD
:
:
# yum update
読み込んだプラグイン:axtu-plugin, security
Please register, or you can not connect to Asianux Update Server!
更新処理の設定をしています
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> Package GConf2.i686 0:2.28.0-6.AXS4 will be 更新
---> Package GConf2.i686 0:2.28.0-7.AXS4 will be an update
---> Package ORBit2.i686 0:2.14.17-5.AXS4 will be 更新
---> Package ORBit2.i686 0:2.14.17-6.AXS4 will be an update
---> Package abrt.i686 0:2.0.8-40.0.1.AXS4 will be 更新
---> Package abrt.i686 0:2.0.8-43.0.1.AXS4 will be an update
---> Package abrt-addon-ccpp.i686 0:2.0.8-40.0.1.AXS4 will be 更新
---> Package abrt-addon-ccpp.i686 0:2.0.8-43.0.1.AXS4 will be an update
---> Package abrt-addon-kerneloops.i686 0:2.0.8-40.0.1.AXS4 will be 更新
---> Package abrt-addon-kerneloops.i686 0:2.0.8-43.0.1.AXS4 will be an update
:
:
トランザクションの要約
=================================================================================
インストール         4 パッケージ
アップグレード     271 パッケージ

総ダウンロード容量: 357 M
これでいいですか? [y/N]y <== アップデートを実行する場合には「y」を入力して、[Enter] キーを押下

パッケージをダウンロードしています

----------------------------------------------------------------------------------------------
合計                                                 135 MB/s | 357 MB     00:02     
警告: rpmts_HdrFromFdno: ヘッダ V4 RSA/SHA1 Signature, key ID 4d10bf19: NOKEY
Retrieving key from file:///usr/share/doc/asianux-rtm/RPM-GPG-KEY
Importing GPG key 0x4D10BF19:
Userid : Asianux (Asianux) <packager@asianux.com>
Package: asianux-release-4.0-11.AXS4.i686 (@anaconda-AsianuxServer-201606201100.i386/4 SP6)
From   : /usr/share/doc/asianux-rtm/RPM-GPG-KEY
これでいいですか? [y/N] <== アップデートを実行する場合には「y」を入力して、[Enter] キーを押下

  最後に "完了しました!" というメッセージが表示されるとアップデートの終了です。

yum コマンドの使用方法については以下のページをご参照ください。



[更新履歴]

2017年 5月  26日 新規作成

Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 サポートRSS

サポート関連情報RSS