現在位置: ホーム

検索結果

80 アイテムが検索語に該当します
結果を絞り込む
アイテムタイプ

























ある時点以降の新しいアイテム



ソート基準 関連性 · 日付(新しいもの順) · アルファベット順
GNS3 活用 - Cisco スイッチFHRP 編 その4(HSRP の まとめ)
HSRP のまとめ的なトポロジをつくってみました。
存在位置 みらくるブログ
GNS3 活用 - Cisco スイッチFHRP 編 その5(HSRP の Standby Group を活用して、負荷分散)
HSRP の Standby Group を活用して、負荷分散を実現してみます。
存在位置 みらくるブログ
Linuxカーネル、アプリケーション、ライブラリについて比喩的に説明してみた
プロセスやLinuxカーネルという言葉をしばしば聞くと思います。Linuxカーネルは、いまや非常に大規模で高性能です。ひとことで正確に説明することは困難です。本稿では、営業・マーケティングなど非技術者の方や、Web技術者、文系からIT業界に入られた方など、OSや基盤レイヤから少し遠いけど、それらについて少しでも知りたいという方を対象として、比喩を交えつつ解説します。正確性よりイメージを優先していきます。
存在位置 みらくるブログ
VirtualBoxをLXCにインストールして、実行する
VirtualBoxのLXC環境へのインストール手順を紹介します。ご存知の通り、LXC(コンテナ)を利用すると、簡単に独立したマシン環境を作成することができます。コンテナ上であれば、誤って必要なファイルを上書きしたり、破損しても、コンテナごと破棄すれば、迅速にやり直しできるので、アプリケーションを試用する場合に筆者はよく利用しています。多くのソフトウェアは、特別な手順なくコンテナ上でも動作します。しかしながら、VirtualBoxは、カーネルドライバやそれを利用するためのデバイスファイルが必要であり、そのインストールや実行には、いつくかの追加的な手順が必要になります。
存在位置 みらくるブログ
LXC内でNVIDIA用OpenCLプログラムを実行する
Linuxコンテナ(LXC)を利用すると、ホスト環境と独立した(擬似的な)マシンを迅速に用意できるため、環境の破壊を恐れずに、様々なソフトウェアをインストールしたり、試行錯誤を行うことが容易になります。一方で、ホストマシンに接続されている周辺機器を使うためには、いくつかの設定が必要です。本稿では、LXC内でNVIDIAのGPUを用いたOpenCLプログラムの実行方法を紹介します。
存在位置 みらくるブログ
Linux OS のセキュリティ-1
こんにちは、ニックネーム たいちょう です。 セキュリティ編をはじめたいと思います。 特に体系的にするのではなく、思いついたまま書いていきます。 今日は、GnuPG についてです。
存在位置 みらくるブログ
CentOS7+Apache+Ajax+PHP+PostgreSQL でインタラクティブなページづくり
こんにちは、ニックネーム たいちょう です。 松江ラボというからには、なにか新しい実験をしたいと思い立ちました。 Linux OS に webサーバを立ち上げて、インタラクティブなページをつくったら楽しいかもです。 せっかくですから、新しい OSで試してみようと思います。
存在位置 みらくるブログ
GNS3 活用 - Cisco スイッチ STP 編 その11 (MSTで効率的なVLANの管理および負荷分散を)
spanning-tree の機能である MST を使ってみます。これでいくつVLANが増えても安心ですね。
存在位置 みらくるブログ
Linux From Scratch で自作ディストリビューションづくり-4
さて、前回は環境が構築できているかをスクリプトで確かめたのでしたね。 fedora23のlivecdではパッケージが足りないみたいなので、足りない分をインストールします。
存在位置 みらくるブログ
GNS3で、仮想ネットワーク環境を構築しよう-8
CentOS6でDHCPサーバを立て(フェールオーバー機能を有効にする)、異なるVLANにそれぞれのネットワーク用のIPアドレスを振ってみます。
存在位置 みらくるブログ