現在位置: ホーム / 技術サポート情報 / MIRACLE Vul Hammer 技術情報 / MIRACLE Vul Hammer サポート関連情報 / Vul Hammer関連パッケージにおけるSBOMファイルの提供開始

Vul Hammer関連パッケージにおけるSBOMファイルの提供開始

Vul Hammer関連パッケージにおけるSBOMファイルの提供開始

近年、脆弱性対策の観点からSBOMについて論じられることが増えてきています。これは、簡単に言えばソフトウェアやシステムを構成するライブラリ等のソフトウェアの構成情報を記述したものやそのフォーマットとなります。
当社製品MIRACLE Vul Hammer は脆弱性管理の製品であり、当社としてもMIRACLE Vul Hammer 自体やそれが利用するパッケージに関しても、SBOMを提供すべきだと考えました。

そこで、最新のバージョンに関してですがSPDX形式にてSBOMの提供を開始します。
今回提供するSBOMは、Frontend, Manager, Scripts, Pywinrmに関してとなり、JSONファイル形式となります。 また、今後は新規パッケージを提供の度にSPDXを提供する次第です。

なお、次期メジャーリリース バージョン 4においては、SPDXファイルを読み込み、監視設定を行う機能も提供する予定となります。
2022/07/27追記 フロントエンドがhttpクライアントへ配布するJava Scriptモジュールについて、別ファイルとして配布開始しました。

MIRACLE Vul Hammer サポートRSS

アップデート情報RSS

サポート関連情報RSS