現在位置: ホーム / サポート / MIRACLE System Savior V2 技術情報 / MIRACLE System Savior V2 サポート関連情報 / SMB v1を無効にした環境で、バックアップ/リストアする

SMB v1を無効にした環境で、バックアップ/リストアする

1. 概要

 MSS V2は、SMB v1を無効にしたWindowsファイルサーバーをバックアップ先として利用できません。

2. 詳細

 MSSは、Windowsファイルサーバーと接続する場合にCIFSファイル共有プロトコルを使用します。したがって、Windows ファイルサーバーにおいてSMB v1を無効にする(脆弱性の緩和策として「SMB 1.0 /CIFSファイル共有プロトコル」の設定を無効にする)と、MSSが、Windowsの共有フォルダをマウントできなくなります。

 他方、MSS V2は、SMB v2またはSMB v3をサポートしていません。そのため、SMB v1を無効にした環境では、MSS V2は、SMB プロトコル以外のファイル共有プロトコルの使用や、マウント方式の変更が必要となります。

3. 対処方法

 WindowsファイルサーバーにおいてSMB v1を無効にする場合に、MSSによるバックアップ/リストアの手順をご確認ください。

  SMB プロトコルを使用したファイル共有の代わりに、NFSサーバーやUSBデバイスを利用する方法があります。以下、各々の方法と手順の概要を図示します。

  • Windowsファイルサーバーの代替として、NFSサーバーにバックアップ/リストアする
    図A. NFSサーバーへの代替
    図A. NFSサーバーへの代替
  • バックアップイメージを複製したUSBデバイスを、リストア対象サーバーのローカルディスクとしてマウントする
    図B. USBデバイスの利用
    図B. USBデバイスの利用

更新履歴

2017年 9月 3日 更新

2017年 5月25日 新規作成