現在位置: ホーム / 技術サポート情報 / MIRACLE ZBX 2.2 技術情報 / MIRACLE ZBX 2.2 サポート関連情報 / RHEL8系OS上でMIRACLE ZBX2.2エージェントが起動しない問題について

RHEL8系OS上でMIRACLE ZBX2.2エージェントが起動しない問題について

RHEL8系OS上でMIRACLE ZBX2.2エージェントが起動しない問題について

問題

Red Hat Enterprise Linux 8系OS(RHEL8系OS)に弊社が提供しているMIRACLE ZBX 2.2エージェントパッケージをインストールしたさい、OSの再起動後にサービスが次のような状態を継続し続け、正常に起動しない問題が発生します。

● zabbix-agentd.service - MIRACLE ZBX Agent
Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/zabbix-agentd.service; enabled; vendor preset: disabled)
Active: activating (start-post) since Thu 2022-06-30 04:28:31 EDT; 16s ago
Process: 5098 ExecStart=/usr/sbin/zabbix_agentd -c ${CONFIG} (code=exited, status=0/SUCCESS)
Main PID: 5028 (code=exited, status=0/SUCCESS); Control PID: 5100 (zabbix-wait-pid)
Tasks: 2 (limit: 11263)
Memory: 596.0K
CGroup: /system.slice/zabbix-agentd.service
tq5100 /bin/bash /var/lib/zabbix/init/zabbix-wait-pidfile.sh /var/run/zabbix/zabbix_agentd.pid
mq5143 sleep 1

これはzabbix_agentdのプロセスが存在せず、activating(start-post)ステータスのままzabbix-wait-pidfile.shスクリプトの実行を待ち続けているためです。

またzabbix_agentd.logには以下のようなエラーが記録されます。

cannot create PID file [/var/run/zabbix/zabbix_agentd.pid]: [2] No such file or directory

このエラーはサービス起動時に/var/run/zabbix(/var/runは/runのシンボリックリンクです)ディレクトリが存在せず、pidファイルを作成できないため表示されます。/run下のディレクトリはOSがシャットダウンするさいに削除されます。MIRACLE ZBXエージェントパッケージではOS起動時に/run/zabbix ディレクトリを作成するための設定ファイルが同梱されています。しかしRHEL8系OS向けに提供しているMIRACLE ZBX 2.2パッケージにはその設定ファイルが同梱されておらず、再起動後に/var/run/zabbixディレクトリが作成されません。

解決方法

(1) /run/zabbixディレクトリを所有者:zabbix、グループ:zabbix、権限:755になるように作成する。

# mkdir /run/zabbix -m 755
# chown zabbix:zabbix /run/zabbix

(2) MIRACLE ZBXエージェントのサービスを再起動する。

# systemctl restart zabbix-agent

(3) 以下の内容で/usr/lib/tmpfiles.d/zabbix_agentd.confを作成する。

d /run/zabbix 755 zabbix zabbix

これによって、今後OSを再起動したさいも/run/zabbixディレクトリが作成され、MIRACLE ZBXエージェントが正常に起動するようになります。

MIRACLE ZBX サポートRSS

アップデート情報RSS

サポート関連情報RSS