現在位置: ホーム / 技術サポート情報 / MIRACLE CLUSTERPRO X4 技術情報 / MIRACLE CLUSTERPRO X4 サポート関連情報 / MIRACLE CLUSTERPRO X / Asianux Server == MIRACLE LINUX HA インストール手順書

MIRACLE CLUSTERPRO X / Asianux Server == MIRACLE LINUX HA インストール手順書

このインストール手順書では、MIRACLE CLUSTERPRO X(以下CLUSTERPROもしくはCLUSTERPRO X)、もしくはAsianux Server == MIRACLE LINUX HA(以下FailSafeもしくはCLUSTERPRO XSSS)を用いた、高可用性システム構築までに必要な作業手順を紹介します。

本作業手順に入るより前に、OSのインストールを済ませて下さい。CLUSTERPROとFailSafeのインストール・設定は同様の作業となりますので、FailSafe もこちらの手順書を参考にセットアップを行ってください。

「インストール&設定ガイド」マニュアルより先に、本手順書と、「はじめてのMIRACLE FailSafeインストール」を参照してください。

※CLUSTERPROの「インストール&設定ガイド」は「\<CDドライブ>\manual\Lxx_IG_JP_xx.pdf」、FailSafeの「インストール&設定ガイド」は「\<CDドライブ>\manual\Lxx_SSS_IG_JP_xx.pdf」に格納されています。

設定手順の概要

高可用性システムを構築し、起動運用するまでには以下の作業が必要になります。

  1. 本体のインストール
  2. 各種サービスの起動後にライセンスキーの登録
  3. SNMPエージェントの設定
  4. クラスタ構成ファイルの適用、クラスタの生成

インストール・スクリプト

「MIRACLE CLUSTERPRO X Install CD/MIRACLE FailSafe Install CD」(以下HA CD)には、インストール、設定作業を一部自動化するインストール・スクリプト(install_cluster.sh)が含まれます。以下点線で囲まれた作業はこのスクリプトが行い、主に上記手順の1., 2., 3.を実施します。

HA CDをマウント後、以下のコマンドを実行し、インストール作業を行います。(/mnt/cdromにマウントした場合)

# /mnt/cdrom/install_cluster.sh

ライセンスの登録

使用権許諾書に記載されているシリアルナンバー及びライセンスキーを用いて、ライセンスを登録します。本体ライセンスおよび各種オプションすべてのライセンスキーの登録を順番に行ってください。

ライセンス登録はclplcnscコマンドを利用します。以下にコマンドラインで入力する項目について説明します。

# clplcnsc -i

Press CTRL+C to exit process.

Selection of License Version.
 1. Product Version
 2. Trial Version
 e. Exit
Select License Version. [1 or 2 or e (default:1)]... 1

1」を入力してEnterキーを押してください。

Enter serial number [Ex. XXXXXXXX000000]... MAH0000000

使用権許諾書に記載されている「ライセンス登録用 シリアルナンバー」を入力してEnterキーを押してください。

Enter license key
 [XXXXXXXX- XXXXXXXX- XXXXXXXX- XXXXXXXX]... A1234567-B1234567-C1234567-D1234567

使用権許諾書に記載されている「ライセンス登録用 ライセンスキー」を入力してEnterキーを押してください。大文字と小文字が区別されますので注意して下さい。

最後に、正しくライセンスが登録されたか確認してください。

# clplcnsc -l

※HA CDには最大3か月間のCLUSTERPRO 試用版ライセンスキーが同梱されており、インストール・スクリプトにより自動登録が可能になっています。また、FailSafe については、 インストール後1か月間有効な試用版ライセンスキーがパッケージ(miracle-failsafe-4.x.x-x.x.rpm) 自体に含まれています。

サーバ:SNMPエージェントの設定

CLUSTERPROは自身の管理用に独自の拡張MIBを持っています。 ここではOSにすでにインストールされているnet-snmpにCLUSTERPRO拡張MIBを登録します。

  1. net-snmpのインストール(インストールされている場合は不要)

    net-snmpのパッケージがインストールされているか確認します。

    # rpm -q net-snmp

    もし、net-snmpがインストールされていない場合は、以下の手順に沿って、OS同梱のnet-snmpパッケージをインストールしてください。

    1. ライブラリのシンボリックリンクの作成(既にに存在する場合は不要)

      ライブラリのシンボリックリンクを作成します。リンク先が存在する場合は作業不要です。

      # ln -sf /usr/lib64/libnetsnmp.so.xx.x.x /usr/lib64/libnetsnmp.so
      # ln -sf /usr/lib64/libnetsnmpagent.so.xx.x.x /usr/lib64/libnetsnmpagent.so
      # ln -sf /usr/lib64/libnetsnmphelpers.so.xx.x.x /usr/lib64/libnetsnmphelpers.so
      
    2. snmpd.confの設定

      /etc/snmp/snmpd.confに以下行を追記します。

      # CLUSTERPRO Management MIB Add by MIRACLE LINUX
      view    systemview       included      .1.3.6.1.4.1.2021.13.14
      view    systemview       included      .1.3.6.1.4.1.119.2.3.207
      dlmod clusterManagementMIB /opt/nec/clusterpro/lib/libclpmgtmib.so
      
    3. snmpdの起動

      snmpdを起動します。また、必要に応じて自動起動の設定をおこなってください。

      # systemctl start snmpd
      # systemctl enable snmpd
      
  2. SNMPマネージャにMIBファイルのインポート

    必要に応じてSNMPマネージャにMIBファイルをインポートしてください。CLUSTERPROのMIBファイルは以下となります。

    \<CDドライブ>\Tools\mibs

クラスタシステムの起動確認

WebManagerでCLUSTERPROサーバ [ http://<IPアドレス>:29003 ] にアクセスし、クラスタシステムの状態を確認します。

MIRACLE CLUSTERPRO X4 サポート