現在位置: ホーム / 技術サポート情報 / Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 技術情報 / Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 サポート関連情報 / AXS4 SP5 で日本語キーボードを選択しても英語キーボードとして設定される際の回避策

AXS4 SP5 で日本語キーボードを選択しても英語キーボードとして設定される際の回避策

本ドキュメントの対象となる製品

  • Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 SP5 for x86 (32bit)
  • Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 SP5 for x86_64 (64bit)

 

概要

 AXS4 SP5 には、インストールの際に日本語キーボードを選択しても英語キーボードとして設定される問題があります。本ドキュメントでは、この問題の回避方法について説明します。


回避方法

<GUI の場合>

[キーボード] の設定で日本語キーボードを追加し、デフォルトのキーボードレイアウトとして設定することにより回避できます。

[システム] → [設定] → [キーボード] の順に選択してください。

キーボードの設定1

[レイアウト] のタブを選択し [追加(A)...] をクリックしてください。

キーボードの設定2

 [レイアウト選択] 画面より [国 (C): 日本]、[系列 (V): 日本語] を選択し、 右下の [追加 (A)] をクリックしてください。

キーボードの設定3

[キーボードの設定] 画面に戻り、追加された [日本語] の [デフォルト] を選択し、 [閉じる (C)] をクリックしてください。

キーボードの設定4

  

<CUI の場合>

/etc/sysconfig/keyboard ファイルに日本語キーボードの設定を追加することにより回避できます。

/etc/sysconfig/keyboard ファイルをエディタで開き、以下の内容を追記してください。 

KEYTABLE="jp106"


更新履歴

2016年 6月 30日 新規作成

Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 サポートRSS

サポート関連情報RSS