mcinfo の使用方法

本ドキュメントの対象となる製品

  • Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7 for x86_64 (64bit)
  • Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 for x86 (32bit)
  • Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6 for x86_64 (64bit)
  • Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5 for x86 (32bit)
  • Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5 for x86_64 (64bit)

 

概要

mcinfo は、現在稼動しているホストの各種ログやハードウェア情報、インストールされているパッケージ情報など、さまざまな情報を取得するコマンドです。本ドキュメントでは、mcinfo の使用方法について説明します。

 

使用方法

取得情報の中には、root ユーザーでしか取得できないものがあるので、mcinfo コマンドは必ず root ユーザーで実行してください。

# mcinfo

mcinfo コマンドを実行すると、実行した時のパスに以下の形式の圧縮ファイルが作成されます。hostname にはホスト名が、数字の部分にはコマンドを実行した日時が記録されます。

  mcinfo-hostname-20160000000000.tar.bz2

 

取得される情報 (抜粋)

  • OS のバージョン (/etc/asianux-release )
  • 起動時のメッセージ、デバイスの初期化処理など (dmesg)
  • CPU の種類と個数 (/proc/cpuinfo)
  • 実メモリと swap の状態 (/proc/meminfo、/proc/swaps)
  • マウントしているデバイス (df)
  • ディスクのドライブ割り当て (fdisk -l)
  • PCI デバイスのリスト (lspci)
  • ロードされているモジュールのリスト (lsmod)
  • インストールされている RPM のリスト (rpm -qa)
  • 最近の syslog (messages*)

 

更新履歴

2016年 3月 14日 新規作成

 

 

 

Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5 サポートRSS

サポート関連情報RSS