現在位置: ホーム / MLフォーラム / MIRACLE LINUX ポリシー

MIRACLE LINUX ポリシー

概要

MIRACLE LINUXは、日本国内の企業向けに安定して稼働するLinux OSを提供することを目的に2000年から継続してリリースされている Linux ディストリビューションです。2021年10月にリリースした MIRACLE LINUX 8.4 よりライセンス費用が無償化され、自由にダウンロードして導入することができます。

ライセンスポリシー

MIRACLE LINUX は、MIRACLE LINUX 8.4 よりライセンス費用を無償化しましたが、ディストリビューションに収録されている各パッケージはそれぞれソフトウェアの著作権者指定したライセンスで提供されます。また「MIRACLE LINUX」および「ミラクル・リナックス」はサイバートラスト株式会社の登録商標であり、この商標に関するライセンスは付与されません。詳しくはEULAを参照ください。

https://www.cybertrust.co.jp/linux-oss/eula/ml8-eula.pdf

製品リリースポリシー

MIRACLE LINUXでは、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)のリリースに合わせて下図のサイク
ルでリリースします。

MIRACLE LINUXリリースサイクルポリシー

※リリース日詳細については以下の当社サイトにて告知いたしします。

https://www.miraclelinux.com/mlforum/road-map

アップデートパッケージリリースポリシー

MIRACLE LINUXでは、Red Hat Enterprise Linux (RHEL)のパッケージリリースに合わせて下図のサイクルでリリースします。

アップデートパッケージ提供サイクルポリシー

※ 重大なセキュリティリスクやexploitコードの存在を確認した場合等々の事情により、当社判断によりRed Hat社からのパッケージリリースに先んじて緊急対応パッケージをリリースする場合があります。

※提供パッケージのリリースに遅延等が発生する場合は、以下の当社サイトにて告知いたします。

https://tsn.miraclelinux.com/

アップデートパッケージ提供期間

原則、メジャーリリースの後10年間となります。

  • MIRACLE LINUX 8 のアップデートは 2030年5月まで
  • 別途有償サポートを契約した場合は2032年5月まで

サポートポリシー

ライセンス費用無償版に対するサイバートラスト株式会社のからのサポートはありません。別途有償サポートをお求めいただけます。下記を参照ください。

https://www.cybertrust.co.jp/miraclelinux-license-free/#supportmenu

以上