現在位置: ホーム / 製品・サービス / 組込みLinuxソリューション / 開発 / デバイスドライバーの最適化

デバイスドライバーの最適化

組込みシステムの開発においては、デバイスドライバーおよび周辺の最適化は課題であり高度な専門知識を要します。
サイバートラストは組込みLinuxをカスタマイズ提供する際に、Linux単体だけではなく、デバイスドライバーまわりのカスタマイズ開発まで提供します。サイバートラストはLinuxディストリビューターとして、カーネルレベルの技術やグラフィックスドライバー、サウンドドライバーなどのデバイスドライバー開発に精通したエンジニアが揃っており、ハードウェアに近いレベルからトータルで組込みシステムの開発を支援します。また、新しいSoCや特殊なカスタマイズSoCであっても、卓越した専門知識を持つエンジニアを擁する当社であれば、対応が可能です。

デバイスドライバー最適化実績

デバイスドライバー:グラフィックグラフィック
  • OpenGL 、OpenVGによる描画機能の実装
  • レジスタ操作によるカメラ制御(I2C経由)ソフト開発
  • 特定アプリ向けのX11、OpenGLチューニングによるレスポンス向上
  • 特定チップセット向けに動画の描画品質向上のためのライブラリを開発
    • TunnelCreek(Atom E6xx)向けグラフィックライブラリ
    • BayTrail(Atom E38xx)向けグラフィックライブラリ

 

デバイスドライバー:サウンドサウンド
  • オリジナルのALSAサウンドデバイスドライバーの開発
  • 既存ALSAサウンドデバイスドライバーの改良
  • ハードウェア要件に合わせたALSAデバイスドライバーのチューニング
  • ALSAアプリケーション開発
  • PulseAudioサウンドサーバー環境の調整
  • JACKサウンドサーバー環境の調整
  • 各種音声圧縮方式へのアプリケーション対応(例: MPEG Audio Layer III)
  • 音声のネットワーク送信

 

デバイスドライバー:その他その他
  • USBドライバー開発
  • 外部からのメッセージを受けてHDDを緊急停止させる機能を開発
  • ホームゲートウェイ機器(ARM)に独自トンネリングプロトコルをカーネル側に実装
  • ファイルシステムext4開発、組込み向けファイルシステム構成コンサルティング(SquashFS、jffs2など)
  • ハードウェア固有問題への対策
  • 通信品質、スループット改善
  • ネットワークプロトコル実装、改善

 

お気軽にお問い合わせ・ご相談を!

デバイスドライバー最適化に関するお問い合わせやご相談、詳しい資料のご要望などは、以下のフォームまたはお電話でお気軽にご連絡ください。

 

セキュリティ HTML5 GUI 開発 サポート体制

パートナー組込みLinuxソリューションへ