現在位置: ホーム / 製品・サービス / 運用統合ソフト MIRACLE Hatohol Enterprise / MIRACLE Hatohol Enterpriseの利用例

MIRACLE Hatohol Enterpriseの利用例

MIRACLE Hatohol Enterpriseキーイメージ

MIRACLE Hatohol Enterpriseの利用例

「MIRACLE Hatohol Enterprise」は、ZabbixやMIRACLE ZBX、Nagios、Redmineといった様々なOSSの運用管理ツールと連携し、クラウド/オンプレミスを問わず、シームレスな運用統合が可能です。
代表的な利用例として、複数の監視サーバーを集約して一元監視を行うケースで、拠点をまたいだ分散監視環境をまとめて一元化したり、監視サーバーをスケールアウトしたときに一元的に監視する場合があげられます。

利用例1:拠点をまたいだ分散監視

各拠点に設置されたシステムやサーバーの監視にMIRACLE Hatohol Enterpriseを利用した例です。
本社に監視サーバーを置いて、各拠点のシステムやサーバー群を直接監視することもできますが、もしネットワークに問題が発生した場合、その先の拠点のサーバーの状態がわからなくなるという懸念があります。
そこで、各拠点にはそれぞれ監視サーバーを建てて監視を行い、本社ではMIRACLE Hatohol Enterpriseが各拠点の監視サーバーの情報を統合する形で監視を行うという方法をとることができます。
これにより各拠点に監視サーバーを設置することで監視の信頼性が向上し、かつ本社ではMIRACLE Hatohol Enterpriseを通して各拠点の状態をリアルタイムで把握することができます。

Hatoholを活用した拠点をまたいだ分散監視の利用例

 

利用例2:スケールアウトで大規模になったシステムの監視

利用例1と構成は似ていますが、システムやサーバーが追加された場合の監視のスケールアウトの例です。
例えば、システムやサーバーが大幅に追加されて一台の監視サーバーでのキャパシティを超えた場合、監視サーバー自体も追加する必要があります。
特にクラウド環境では、監視対象となるインスタンスが大幅に増えることがあり、結果として監視サーバー自体の数も増やされることが想定されます。
監視サーバーが2~3台程度なら切り替えて監視することも可能ですが、これが5台~10台以上の規模になると、切り替えて監視することは難しくなります。
そこで、この監視サーバー群の情報をMIRACLE Hatohol Enterpriseで統合して一元監視が行えるようにしたのが、こちらの利用例です。

スケールアウトで大規模になったシステム監視でのHatoholの利用例

 

利用例3:クラウド環境の監視

クラウドを構成するスタック(各H/W、ハイパーバイザーなど)ごとにZabbixやMIRACLE ZBX、Nagiosなどの監視ツールで監視を行い、それらをMIRACLE Hatohol Enterpriseで集約して一元的に監視する方法や、テナントやインスタンスごとに監視ツールで監視を行い、それらをMIRACLE Hatohol Enterpriseで集約して一元監視を行う方法があります。
MIRACLE Hatohol Enterpriseのユーザー権限設定で監視できる範囲を制限することができるので、クラウド利用者に提供する監視ツールとして、MIRACLE Hatohol Enterpriseを提供することも可能です。
また、MIRACLE Hatohol Enterpriseと個々の監視サーバーとの間の通信路はTLSによりセキュア化されます。

クラウド環境のマルチテナント監視

 

利用例4:マルチクラウド/ハイブリッドクラウド環境の一元監視

利用例3と構成をさらに広げて、マルチクラウドやハイブリッドクラウドも同じようにMIRACLE Hatohol Enterpriseを使って一元監視を行うことが可能です。
個々のプライベート/パブリッククラウド環境やオンプレミス環境をZabbixやMIRACLE ZBX、Nagiosなどの監視ツールを使って監視を行い、それらをMIRACLE Hatohol Enterpriseで集約して一元監視を行う方法です。
特に、クラウドへの移行を段階的に進めているお客さまに有効です。

Hatohol利用例:マルチクラウド/ハイブリッドクラウド環境の一元監視

Hatohol 導入事例・導入実績

株式会社エーピーコミュニケーションズ様

株式会社アット東京様導入事例顧客向け「監視サービス基盤」のOSS統合監視ツールに「Hatohol」を採用
20台を超える「Zabbix」の監視画面を一元化し作業効率を向上

コストと使い勝手の両面で顧客満足度が高いシステムの提供を目指して、先進のOSSをフル活用されている事例です。

導入事例ページへ

 

GMOインターネット株式会社様

GMOインターネット株式会社様導入事例

国内外の複数拠点で展開する高性能クラウド「ConoHa」の統合監視に「Hatohol」を採用し、サービスや事業の拡大にも対応可能な監視環境を構築

グローバル規模で増加するサーバーの統合監視環境を将来性のあるOSSで構築された事例です。

詳細へ 

大手製造業 情報システム部門導入実績 コスト削減を実現したMIRACLE ZBX導入実績安心のサポート体制が決め手になったMIRACLE ZBX導入実績長期サポートを評価したMIRACLE ZBX事例

システムのクラウド移行に伴い、仮想化環境で安心して長期利用できる仮想アプライアンスの統合監視にHatoholを採用

  • Zabbixのサポート込みで技術的な安心感がある上、商用製品からのリプレイスにより年間コストを大幅に削減
  • Q&A対応などのセールス技術支援により、検証評価から導入まで約3ヶ月の短期間で実現
  • Hatoholのイベント画面の使いやすさにより、監視のオペレーション負荷を軽減
  • チケット管理のニーズに対して、Redmine連携ができるHatoholの拡張性を評価

 

製品・サービスについてのお問い合わせ

製品やサービスについてのご相談やご質問は、「お問い合わせフォーム」よりお気軽にお問い合わせください。

よくある質問お客さまからよくあるご質問をまとめています。
わからないことがございましたら、まずはこちらをご覧ください。

お問い合わせフォームへ

製品トップページへ