現在位置: ホーム / 研究・開発成果 / 運用統合ソフトウェア「Hatohol」

運用統合ソフトウェア「Hatohol」

運用統合ソフトウェア「Hatohol」は開発中のモジュールであり、事前の告知なしに仕様、内容が変更される場合があります。

運用統合ソフトウェア「Hatohol(はとほる)」とは

運用統合ソフトウェア「Hatohol」は、複数のZabbixサーバ、およびNagiosサーバからデータを取得し、ZabbixサーバやNagiosサーバをまたいだ環境の一括監視を可能にする、表示専用のソフトウェアです。「Hatohol」によって将来的に見込まれる監視規模・拠点の拡大やハイブリッドクラウド環境の監視などの要望に応え、エンタープライズ環境での利用に十分対応できる監視システムを提供します。

運用統合ソフトウェア「Hatohol」の画面

*画像をクリックすると拡大図を表示します

「Hatohol」の主な特長

  • 拡張性:独立した複数のZabbixサーバ、およびNagiosサーバを一元管理することで、監視対象規模に応じて柔軟にZabbixサーバやNagiosサーバを拡張することができます。最初から想定される最大監視規模の監視サーバを用意する必要がなく、スモールスタートで監視を始められます。
  • 信頼性:各監視に必要なプロセスは、それぞれの独立したZabbixサーバ、もしくはNagiosサーバで動作しているため、いずれかのZabbixサーバ、もしくはNagiosサーバで障害が発生しても他の監視サーバに影響を与えません。また、大量のアラートが発生した際にも、他の監視サーバでの監視に影響を与えることがありません。
  • 分散管理:それぞれのZabbixサーバ、もしくはNagiosサーバで監視・設定が可能なため、監視システムの分散管理が可能です。

 

統合ビューア概念図

 

RPMパッケージやソースコード、および各種ドキュメントのダウンロード方法

開発コミュニティ「Project Hatohol」のGitHubのサイトからダウンロードいただけます。

 

利用シーン

  • 複数サイト毎にZabbixサーバやNagiosサーバを設置することで監視の信頼性を向上
  • 本社からは全サイトの状況をリアルタイムで監視可能

統合ビューアの利用シーン

本ページ、または本ページ中の計画、本ソフトウェアは、ミラクル・リナックスが独自で計画、開発をしておりZabbixの開発元であるZabbix LLC社が推奨もしくはスポンサーしているものではありません。

お問い合わせフォームへ

Project Hatoholのサイトへ

製品トップページへ