現在位置: ホーム

検索結果

80 アイテムが検索語に該当します
結果を絞り込む
アイテムタイプ

























ある時点以降の新しいアイテム



ソート基準 関連性 · 日付(新しいもの順) · アルファベット順
makeコマンドを使ってみよう #1
makeは、主として、C言語やC++などコンパイル型のプログラミング言語で記述されたプログラムを容易にビルドするためのツールです。プログラミングを行っているが、毎回、コマンドラインでgccなどのコマンドを記述していて面倒と感じている方に向けて、基本的な使い方を説明します。
存在位置 みらくるブログ
makeコマンドを使ってみよう #2
前回は、ソースファイルがひとつの場合の最もシンプルな例を紹介しました。本稿ではソースファイルが複数の場合の記述方法を説明します。
存在位置 みらくるブログ
makeコマンドを使ってみよう #3
今回は、Makefile内の似たような記述をマクロやパターンルール、組み込みルールを使って削減して、より簡潔な記述を行う方法を紹介します。
存在位置 みらくるブログ
makeコマンドを使ってみよう #4
これまでの記事では、Makefileを簡潔に記述する方法を説明してきました。今回は、コンパイラやリンカにオプションを渡す方法を説明します。
存在位置 みらくるブログ
makeコマンドを使ってみよう #5
これまでの4回では、C言語のソースコードをビルドするためのmakeの使用法を説明しました。本稿では、他の用途の例として、データファイルからグラフを作成するケースを取り上げます。
存在位置 みらくるブログ
Pacemaker でらくらく簡易クラスタ-1
オープンソースのクラスタソフトウェア Pacemaker を試してみるというセッションです。
存在位置 みらくるブログ
pythonでクライアント認証のあるHTTPSページにアクセスする
python (2.7)で、urllib2を使って、SSLのクライアント認証を行う、クライアントプログラムの作成方法例を紹介します。pythonを使うとその場合でも非常に簡単に記述できます。
存在位置 みらくるブログ
Re:VIEWを利用して文書作成できるようにするまで
DockerのインストールからRe:VIEWを利用して文書作成ができるようにするまでの作業を紹介します。
存在位置 みらくるブログ
Transifex で OSS 活動をしています
駆け出しエンジニアの新卒が翻訳ツールの Transifex でOSS活動をしている話
存在位置 みらくるブログ
VirtualBoxをLXCにインストールして、実行する
VirtualBoxのLXC環境へのインストール手順を紹介します。ご存知の通り、LXC(コンテナ)を利用すると、簡単に独立したマシン環境を作成することができます。コンテナ上であれば、誤って必要なファイルを上書きしたり、破損しても、コンテナごと破棄すれば、迅速にやり直しできるので、アプリケーションを試用する場合に筆者はよく利用しています。多くのソフトウェアは、特別な手順なくコンテナ上でも動作します。しかしながら、VirtualBoxは、カーネルドライバやそれを利用するためのデバイスファイルが必要であり、そのインストールや実行には、いつくかの追加的な手順が必要になります。
存在位置 みらくるブログ