現在位置: ホーム / 製品・サービス / 統合システム監視 MIRACLE ZBX / MIRACLE ZBX - Zabbix テック・ラウンジ / MIRACLE ZBX 3.0.13-1 で実装したSyslog Facility の設定方法

MIRACLE ZBX 3.0.13-1 で実装したSyslog Facility の設定方法

本ドキュメントでは、MIRACLE ZBX 3.0.13-1 でサイバートラストが実装した、syslog出力設定時に MIRACLE ZBX の設定ファイルを使用してファシリティを設定する方法を解説します。

概要

本ドキュメントでは、MIRACLE ZBX 3.0.13-1 でサイバートラストが実装した、syslog出力設定時に MIRACLE ZBX の設定ファイルを使用してファシリティを設定する方法を解説します。デモはmiracle-zbx-agent で行っていますが、miracle-zbx-server,miracle-zbx-proxyも同様に設定できます。

使用方法

まず /etc/rsyslog.conf にファシリティ、プライオリティ、出力先を設定し、変更を反映させるためサービスの再起動してください。

※既に設定されている方は、飛ばしてください。

...
# MIRACLE ZBX Facility test
local0.*                                                /var/log/test.log
...

次に /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf (一部抜粋) を以下のように変更してサービスを再起動してください。
この時、LogFile パラメータをコメントアウトすることに注意してください。  

...
### Option: LogType
#    Specifies where log messages are written to:
#      system - syslog
#      file - file specified with LogFile parameter
#      console - standard output
#
# Mandatory: no
# Default:
# LogType=file

LogType=system

### Option: SyslogFacility
#    SyslogFacility for LogType 'system' parameter.
#    For the SyslogFacility variable to be taken into account
#    the configuration variable LogFile must not be present.
#
# Mandatory: no
# Range: daemon, local0-7
# Default:
# SyslogFacility=daemon

SyslogFacility=local0

### Option: LogFile
#    Log file name for LogType 'file' parameter.
#
# Mandatory: no
# Default:
# LogFile=

#LogFile=/var/log/zabbix/zabbix_agentd.log
... 

するとログがrsyslog.conf で指定したディレクトリに出力されます。

以下はログの例です。

# tail /var/log/test.log
Dec 8 05:10:07 localhost journal: zabbix_agentd (daemon)[13778]: Starting Zabbix Agent [Zabbix server]. Zabbix 3.0.13-1 (revision 74336).
Dec 8 05:10:07 localhost journal: zabbix_agentd (daemon)[13778]: **** Enabled features ****
Dec 8 05:10:07 localhost journal: zabbix_agentd (daemon)[13778]: IPv6 support: YES
Dec 8 05:10:07 localhost journal: zabbix_agentd (daemon)[13778]: TLS support: YES
Dec 8 05:10:07 localhost journal: zabbix_agentd (daemon)[13778]: **************************
Dec 8 05:10:07 localhost journal: zabbix_agentd (daemon)[13778]: using configuration file: /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
Dec 8 05:10:07 localhost journal: zabbix_agentd (daemon)[13778]: agent #0 started [main process]
Dec 8 05:10:07 localhost journal: zabbix_agentd (daemon)[13779]: agent #1 started [collector]
Dec 8 05:10:07 localhost journal: zabbix_agentd (daemon)[13780]: agent #2 started [listener #1]
Dec 8 05:10:07 localhost journal: zabbix_agentd (daemon)[13781]: agent #3 started [listener #2]
Dec 8 05:10:07 localhost journal: zabbix_agentd (daemon)[13782]: agent #4 started [listener #3]
Dec 8 05:10:07 localhost journal: zabbix_agentd (daemon)[13783]: agent #5 started [active checks #1]
...

またLinux 以外にサイバートラストが提供している、AIX、HP-UX、Solaris のパッケージにも実装しています。(Windows にはこの機能を実装していません。)

ぜひ、ご活用ください。

注意事項

本ドキュメントの内容は、予告なしに変更される場合があります。
本ドキュメントは、限られた評価環境における検証結果をもとに作成しており、全ての環境での動作を保証するものではありません。
本ドキュメントの内容に基づき、導入、設定、運用を行なったことにより損害が生じた場合でも、当社はその損害についての責任を負いません。あくまでお客さまのご判断にてご使用ください。

 

MIRACLE ZBX 製品・サポートサービス 詳しくはこちら

MIRACLE ZBX Virtual Appliance V3.0 評価版のお申し込み

製品・サービスについてのお問い合わせ

お問い合わせフォームMIRACLE ZBX製品やサポートサービスについてのご相談やご質問は、「お問い合わせフォーム」よりお気軽にお問い合わせください。