仮想アプライアンス型の統合システム監視モジュール MIRACLE ZBX Virtual Appliance

keyimage: MIRACLE ZBX

MIRACLE ZBX Virtual Appliance V3.0 評価版のお申し込み

統合システム監視ソフトウェアの仮想アプライアンス MIRACLE ZBX Virtual Appliance とは

MIRACLE ZBX Virtual Appliance は、仮想アプライアンス型の統合システム監視モジュールです。VMware環境でゲストOSとして動作する「Asianux Server == MIRACLE LINUX」、「Zabbix」をベースに安心して企業でご利用できるように機能拡張を行った統合システム監視ソフトウェア「MIRACLE ZBX」の他、データベース、Webサーバーを一体型にして最適化した状態の仮想アプライアンス製品として提供されます。VMware ESXi 環境(仮想サーバー)にインポートしてシステム監視のための設定を行うだけで、すぐにシステム監視を始められます。また、性能と安定性を向上させるDBパーティショニング、自動障害復旧機能、Zabbix設定のバックアップ機能など、システム監視を行う上で要望の高い機能を実装しています。

 

こんな課題をお持ちの方におすすめ

  • 導入・構築に時間をかけず、すぐにシステム監視を開始したい
  • システム監視の導入コストも運用コストも削減したい
  • 安定した環境で、安心してシステム監視を行いたい
  • 監視対象の増加に合わせてスムーズにスケールアップしたい

 

MIRACLE ZBX Virtual Applianceの特長

 

簡単導入・構築で、工数、時間、コストを大幅に削減!

仮想化環境にゼロから統合監視環境を構築しようとすると、OSのインストールや構成を行い、データベースやWebサーバー、Zabbixのインストールやシステム監視の設定までを行わなければならず、非常に工数・時間がかかります。
MIRACLE ZBX Virtual Appliance は、導入・構築が非常に簡単です。VMware ESXi 環境にインポートして監視設定を行うだけで、すぐにシステム監視を始められます。OSレベルからの監視システムの構築が不要で、SI構築のための費用を削減することができます。また、専用サーバーを購入する必要がないので、ハードウェアコスト、空調などの設備コスト、メンテナンスコストなども削減できます。

仮想化環境で新たに構築する場合

仮想化環境で新たにシステム監視環境を構築する場合の作業項目

 

MIRACLE ZBX Virtual Appliance を使って構築する場合

MIRACLE ZBX Virtual Applianceを使ってシステム監視環境を構築する場合の作業項目

 

仮想環境上でも安定したシステム監視環境を実現

MIRACLE ZBX Virtual Appliance V3.0は、MIRACLE ZBX 3.0に自動障害復旧機能「MIRACLE FailSafe」やオプション製品「設定バックアップオプション」、「監視データ出力オプション」がバンドルされています。それらのオプション製品により、安定した環境でシステム監視を行い、また運用を効率化することができます。

  • 「MIRACLE FailSafe」がZabbixの稼働監視を行い、障害発生時には自動的に再起動
  • テーブル・パーティショニングによるシステム監視環境の安定稼働
  • 大幅な設定変更前に設定バックアップ機能を使うことにより、万一のトラブルが発生した場合でも安心して元の設定に戻すことが可能
  • 監視データ出力機能により、監視データをCSVファイルにエクスポートして分析や長期保存が可能

 

MIRACLE FailSafe - MIRACLE ZBX Virtual Appliance 

 

監視要件の追加や監視対象の増加に合わせたスケールアップに容易に対応

アクセスが増大するシステムのキャパシティ・プランニングの結果、増強されたハードウェアや新規に導入されたアプリケーションなどがシステム監視対象に追加されたり、システム監視要件の変更によって監視項目が増えることがあります。
稼働中のITシステムにおいてシステム監視すべき対象や監視項目が増大しても、MIRACLE ZBX Virtual Applianceへのリソース割り当てを変更して容易に数百台規模への監視へとスケールアップすることができます。

スケールアップの目安

監視要件の変更や監視対象の増加に合わせたスケールアップのイメージ

*(注意事項)仮想マシンのスケールアップに際しては、OSやソフトウェアのパラメーター変更が必要となります。パラメーター変更に関する質問は当社のサポート範囲外となります。

製品仕様・ライセンス価格

本製品は、サポートサービスも含んだ年間のサブスクリプションとして提供します。監視対象台数に応じて価格が異なります。

製品名 MIRACLE ZBX Virtual Appliance V3.0 1-99I MIRACLE ZBX Virtual Appliance V3.0 1-99S MIRACLE ZBX Virtual Appliance V3.0 100-299S MIRACLE ZBX Virtual Appliance V3.0 300-499S MIRACLE ZBX Virtual Appliance V3.0 500-999S
価格(税抜) 600,000円 1,200,000円 1,560,000円 1,920,000円 2,400,000円
監視対象台数 1〜99台 1〜99台 100〜299台 300〜499台 500〜999台
推奨環境

CPUコア数: 8以上 *
メモリ容量: 8GB以上 *
HDD空き容量: 60GB (データ領域を別途ご用意ください)

* CPUコア数およびメモリ容量は、監視項目数に応じて縮小可能

対応プラットフォーム
VMware ESXi 5.5, 6.0, 6.5

※Microsoft Hyper-V Server, Amazon Web Services へのデプロイは別途ご相談ください。

サポートレベル MIRACLE ZBX サポートインシデント MIRACLE ZBX サポートスタンダード
問い合わせ件数 5件 無制限
有効期間 1年
OS Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7 SP1
MIRACLE ZBX 3.0
MariaDB 5.5
バンドル製品 MIRACLE ZBX設定バックアップオプション、監視データ出力オプション

 

製品・サービスについてのお問い合わせ

製品やサービスについてのご相談やご質問、お見積もりのご依頼は、「お問い合わせフォーム」よりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ

 

評価版のお申し込み

MIRACLE ZBX Virtual Appliance V3.0をお試しいただける評価版をご用意しています。
以下よりお気軽にお申し込みください。

MIRACLE ZBX Virtual Appliance V3.0 評価版のお申し込みはこちら