MIRACLE ZBX JP1/IM2連携プラグイン

keyimage: MIRACLE ZBX

MIRACLE ZBX JP1/IM2連携プラグイン  -  JP1/IM2連携ソリューション

「MIRACLE ZBX JP1/IM2連携プラグイン」は、株式会社日立製作所が提供する「JP1/Integrated Management 2 - Manager」 (JP1/IM2)をMIRACLE ZBX、Zabbixと連携するためのプラグインです。本プラグインを使用することにより、MIRACLE ZBX、Zabbixで監視、発生したイベントをJP1/IM2で収集し、JP1製品と合わせて統合管理を行うことができます。「MIRACLE ZBX JP1/IM2連携プラグイン」を利用すると、MIRACLE ZBX で取得したデータをJP1の統合オペレーション・ビューアーで閲覧することができます。クラウド上のシステム構成要素や発生した障害情報もJP1の管理画面上で把握できるため、素早いインシデント対応が可能になります。

  MIRACLE ZBX JP1/IM2連携プラグイン

 

「MIRACLE ZBX JP1/IM2連携プラグイン」は、MIRACLE ZBXサポートにご加入いただくことでご利用いただけます。ZBX 8400および ZBX Virtual Appliance 4.0に含まれるサポートも対象となります。

※MIRACLE ZBX アップデートサポートは除く

 

連携概要

  • MIRACLE ZBX、Zabbixの監視対象の取得
    MIRACLE ZBXを使って監視しているサーバーやネットワーク機器などの一覧を取得し、JP1/IM2の ターゲットシステムとして登録します。取得した監視対象は、JP1/IM2のAll Systems配下 に追加され、他のJP1のターゲットと同様に稼働状況を確認できます。

 

JP1によるZabbixの監視対象の取得

 

  • MIRACLE ZBX、Zabbixの障害情報の取得
    MIRACLE ZBX で障害を検知したときにその障害をJP1/IM2に通知し、MIRACLE ZBX 上の障害情報を JP1/IM2から確認できるようになります。また、MIRACLE ZBX が障害の復旧を検知するとJP1/IM2 に表示されている障害情報も自動で更新されます。

 

JP1によるZabbixの障害情報の取得 

 

Zabbixで監視、発生したイベントをJP1/IM2で収集し、JP1製品と合わせて統合管理「JP1/IM2連携ソリューション」

「MIRACLE ZBX JP1/IM2連携プラグイン」で実現する「JP1/IM2連携ソリューション」は、JP1/IM2がZabbixで検知した障害も他のJP1製品で取得した情報と並べてシームレスに表示、管理、分析が可能です。すでにJP1を利用されている場合も、現在の監視画面、オペレーションを変えずにOSSの活用を行うことができます。 信頼性が高く幅広い業界で利用されているJP1と、OSSで多く利用されているZabbixを組み合わせることで、基幹系、クラウド環境等含めたシステム全体が統合管理可能です。

IT基盤の多様化に伴う管理の統合

近年のIT環境は従来のようなオンプレミスのみではなく、仮想化、クラウドなど様々なロケーションやインフラを利用して稼働しています。そのような環境では複数の種類の監視ソフトウェアが乱立し監視ポリシーや運用手順の違いにより適切な監視ができず、膨大なアラートに追われることもあります。「JP1/IM2連携ソリューション」ではJP1/IM2とOSSで多く利用されているZabbixを連携させることにより、システムの重要度やインフラに応じて監視ツールを使い分けながら運用を統合することが可能です。

OSS活用によるコスト削減

仮想化技術の発展やクラウドの広がりにより、IT部門が管理するホスト数は膨大に膨れ上がりました。特にオートスケールするような先進的な環境ではホストごとにソフトウェアライセンスが必要な従来の料金体系の監視ツールは導入が困難です。「JP1/IM2連携ソリューション」では監視エンジンにOSSであるZabbixを利用することによってホストの台数に関わらず一律のコストで導入が可能です。従来どおりJP1/IM2の画面でオペレーションは変えずに、監視ツールを使い分けることによって運用の最適化とコスト削減を実現します。

 JP1/IM2 - Zabbix連携ソリューション

 ※株式会社 日立製作所様より画像提供

 

パブリッククラウドや仮想環境での監視

パブリッククラウドや仮想環境では監視対象となるホストの増減が頻繁に発生する場合があります。その際、ホストごとにエージェントライセンスが必要な従来な監視ツールでは適用が困難です。監視エンジンにOSSのZabbixを利用することでエージェントライセンスが不要になり、柔軟なシステムの監視を実現します。

複数システム監視

導入時期や担当者、担当SIerが異なる場合、システムごとに監視ツールが乱立しがちです。多くのシステムで採用されているJP1とZabbixが連携することにより、システムをまたいでのオペレーションの統合が可能です。
システムごと、拠点ごとに最適な監視ツールの選択と、情報の集約を実現します。

SLAに応じた使い分け

Job管理やアプリケーション監視が必要なホストはJP1、稼働監視のみのホストはZabbixで監視するなど、必要な機能や要件、SLAなどに応じて監視ツールの使い分けが可能です。JP1と合わせてOSSのZabbixを活用することにより、従来どおりの機能、運用水準、オペレーションを維持したままコストの削減を実現します。

 

※JP1の詳細な機能などにつきましては株式会社 日立製作所様にお問合せください。

JP1/IM2連携ソリューション要件

 

対応JP1バージョン
  • JP1/IM2 12-00以降
対応OS
(JP1/IM2 - Manager)
  • Windows Server  2012、2016、2019
  • Red Hat Enterprise Linux 7.x、8.x
  • CentOS 7.x、8.x
対応Zabbixバージョン
  • Zabbix server 4.0
対応OS
(Zabbix)
  • Red Hat Enterprise Linux 7.x、8.x
  • CentOS 7.x、8.x
  • MIRACLE LINUX 7.x、8.x
集約可能なZabbixの情報
  • 障害の発生、及び復旧のイベント情報とステータス
  • 監視対象などの構成情報
必要ソフトウェア
  • JP1/Integrated Management 2 - Manager ※別途ご用意下さい
  • JP1/Base (連携を行うZabbix Server用) ※別途ご用意下さい
  • MIRACLE ZBXサポート  ※アップデートサポートは除く 
  • Zabbix Server ※上記 MIRACLE ZBXサポート契約者に無償でご提供
  • MIRACLE ZBX JP1/IM2連携プラグイン ※上記 MIRACLE ZBXサポート契約者に無償でご提供

 

製品・サービスについてのお問い合わせ

製品やサービスについてのご相談やご質問は、「お問い合わせフォーム」よりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ

製品トップページへ