MIRACLE ZBX 監視データ出力(CSV)オプション

keyimage: MIRACLE ZBX

監視データの分析や長期保存を可能にし、大規模監視時のHDD容量節約を実現

Linux上のMySQLデータベース内に保存された監視データからトリガー、イベント、トレンド、ヒストリをそれぞれCSV形式で容易にファイルに出力可能にします。通常、Zabbixの監視データはWeb画面表示でのみ参照できますが、CSVに出力することでデータを長期保存できるだけでなく、様々なソフトウェアを使って保存データを活用いただけます。

監視データ出力オプションのイメージ

MIRACLE ZBX 監視データ出力オプションの利用イメージ

 

MIRACLE ZBX 監視データ出力オプションのメリット

  • Zabbixの監視データを使ってユーザが独自に集計/解析可能
  • 監視データを短い期間で削除でき、大規模監視時のHDD容量節約
  • 他のツールと連携が可能
  • 監視データの長期保存が可能(日本版SOX法対応など)

 

また、MySQLデータベースから監視設定のみを抜き出してバックアップする「MIRACLE ZBX 設定バックアップオプション」と組み合わせて利用することにより、Zabbixのデータ全体を保管し、活用することも可能です。

監視データ出力オプションと設定バックアップオプションと組合せでの利用イメージ

MIRACLE ZBX 設定バックアップオプションと組合せた利用イメージ

 

MIRACLE ZBX 設定バックアップオプションのメリット

  • Zabbixのデータベースから監視設定のみをバックアップ
  • 1000台規模の監視環境でも数秒でバックアップ可能
  • オンラインでバックアップ可能
  • リカバリ後も監視データの整合性を保ったまま存続可能

 

 

対応Zabbixバージョン

Zabbix 1.8.x, 2.0.x, 2.2.x, 3.0.x

価格

1年サポートパック 360,000円(税抜)
3年サポートパック 453,000円(税抜)
5年サポートパック 525,000円(税抜)
次年度サポート 60,000円(税抜)

※ Zabbixサーバ1台ごとに1ライセンスが必要です。

 

製品・サービスについてのお問い合わせ

製品やサービスについてのご相談やご質問は、「お問い合わせフォーム」よりお気軽にお問い合わせください。

よくある質問お客様からよくあるご質問をまとめています。
わからないことがございましたらまずは、こちらをご覧ください。

お問い合わせフォームへ

製品トップページへ