MIRACLE System Savior の機能

最強のベアメタルバックアップソリューション

MIRACLE System Savior(ミラクル・システムセイバー)のメリット

  • バージョンを最新にしていなくても製品出荷から最大7年間サポートを受けられる
  • 仮想化環境において、1unitでゲストOSのバックアップを制限なく取れる
  • 仮想化環境において、ホストOSのバックアップや仮想化環境全体のバックアップをサポート
  • 物理・仮想環境の混在、SANブートt/FCマルチパス構成、Red Hat Cluster環境などの複雑な環境をサポート対応
  • 日本国内でLinuxのディストリビューションを開発・販売しているため、新規サーバ製品へのドライバ組込み対応が迅速
  • 複数年保守(1、3、5年から選択)対応と24時間×365日保守より選択が可能
  • バックアップ手順が簡単なため、お客様が簡単にバックアップをとれる
  • 1世代前の下位互換保証により、ツールのバージョンアップの影響の低減
  • 低価格

 

リアルなエンタープライズ環境に対応

マルチプラットホーム対応

インストールされているOSを意識せずにバックアップが可能です。

マルチプラットフォーム対応

対応ファイルシステム
WindowsLinuxVMware
FAT16 EXT2 VMFS3
FAT32 EXT3 VMFS5
NTFS EXT4
SWAP

表に記載以外のファイルシステムはddでの全ブロックバックアップを行います。

 

エージェントレスでメンテナンス不要

エージェントレスでメンテナンス不要

エージェントベースのバックアップエージェントレスバックアップ
エージェントのバージョンアップに手間がかかる バージョンアップ不要なのでメンテナンス不要
エージェントソフトのインストールに伴って、OS側の設定などが必要 エージェントソフトが不要なので、システムの変更は不要
常にエージェントが動作しているため、セキュリティなどに注意する必要がある エージェントソフトが不要なので、セキュリティなどを意識する必要がない
バージョンアップに伴い、再度バックアップが必要 バージョンアップが不要なため、初期バックアップ以外は不要
検証したバージョンでリカバリができない 検証したバージョンを使い続けられる

    経路冗長化に対応

    経路冗長化に対応

    項目エージェントレスバックアップ
    バックアップ可能なパーティション数 15個(拡張パーティション含む)/ディスク
    バックアップ可能な最大ファイルシステムサイズ 8TB
    マウント可能な最大ストレージサイズ 16TB
    認識可能な最大NICポート数 27ポート以上(仕様値ではなく、確認値)
    認識可能な最大LUN数 676個(マルチパスデバイスも含む)
    認識可能な最大FC-SAN経路数 16経路以上(仕様値ではなく、確認値)
    認識可能なイメージ数 200イメージ

     

    製品やサービスについてのご質問は、「お問い合わせフォーム」よりお気軽にお問い合わせください。

    お客さまからよくあるご質問をまとめています。
    わからないことがございましたらまずは、こちらをご覧ください。

     

    お問い合わせフォームへ