MIRACLE System Savior のバックアップ対応環境

最強のベアメタルバックアップソリューション

検証済みのMIRACLE System Saviorバックアップ対応環境

当社は、エンタープライズシステムで求められる最新のハードウェアや仮想環境などへの迅速な対応を進めています。

 

対応OS

WindowsLinux仮想環境
Microsoft Windows 2000 Red Hat Enterprise Linux 3, 4, 5, 6, 7  VMware ESX 3.5, 4.x
Microsoft Windows Server 2003, 2003 R2 CentOS 3, 4, 5, 6, 7  VMware ESXi 4.x, 5.x, 6.x
Microsoft Windows Server 2008, 2008 R2 Asianux Server 3.x, 4.x, 7.x(MIRACLE LINUX V5.x, 6.x, 7.x) Microsoft Hyper-V Server 2008, 2008 R2
Microsoft Windows Server 2012, 2012 R2  SUSE Linux Enterprise Server 10, 11, 12 Microsoft Hyper-V Server 2012, 2012 R2
Microsoft Windows Server 2016 Oracle Linux 5, 6 Microsoft Hyper-V Server 2016
Microsoft Windows Storage Server 2012, 2012 R2 Red Hat Enterprise Virtualization, KVM
Red Hat Storage 2.1

バージョンの表記について:全てのServicePack、アップデート、マイナーバージョン、製品バリエーションを含みます。
例えば、Red Hat Enterprise Linux 6と表記されている場合には、Red Hat Enterprise Linux 6.0 〜 Red Hat Enterprise Linux 6.x(最新版)までが全てが動作確認OSとなります。

※x86/x86-64のいずれのプラットフォームを含みます。
※対応仮想環境のハイパーバイザレベルのバックアップ、仮想マシンレベルのバックアップに対応します。
※仮想マシンの対応OSも上記対応OS(Windows/Linux)と同様になります。
※VMware ESX/ESXiの仮想マシンの場合、バックアップ取得時にSCSIコントローラタイプが"LSI Logic"である必要があります。
※Xen環境のバックアップはお問い合わせください。
※エクステント追加によるデータストアの拡張を行なっているVMware環境には対応しておりません。
※MSS のセキュアブート及びセキュアブートで起動するOS のバックアップ・リストアには対応していません。
※UEFI モードで起動するOS をLegacy BIOS モードで起動させたMSS でバックアップ・リストアした場合、UEFI NVRAM に記録されているUEFI のブート・エントリのバックアップ・リストアは行われません。
※Red Hat Enterprise Linux 7、CentOS 7、Asianux Server 7(MIRACLE LINUX V7)のバックアップにはMSS V3以降をご使用ください。

対応ファイルシステム

WindowsLinuxVMWare
FAT16 Ext2 VMCORE
FAT32 Ext3 VMFS3
NTFS Ext4 VMFS5
XFS
Swap
LVM

*MSS V2以前はRed Hat Enterprise Linux 7以降のext4ファイルシステムには対応しておりません。
※VMCORE及び上記以外のデータはddにてバックアップ/リストアを実施します。
※対応ファイルシステムのデータは、使用済みブロックのみバックアップ/・リストア対象となります。
※Linux LVM, Swap はリストア時に再作成されます。

対応ストレージインターフェイス

バックアップ対象バックアップ保存先
P-ATA/S-ATA NFS
SCSI NAS
SAS Windows共有フォルダ
USB Samba
FC SAN USBストレージ
FCoE USBメモリ

*SMB v1が有効である必要があります。
※CD-R / DVD-Rなどの光学メディアやテープデバイスに直接バックアップを保存することはできません。
※バックアップ保存先は、mountコマンドでマウントでき、バックアップデータが保存するのに十分な領域が必要です。
※ローカル/SAN上にバックアップを保存する場合、LVM論理ボリュームをバックアップ保存先として選択することはできません。
ローカル/SAN上をバックアップ保存先として使用する場合は、LVMを構成していないファイルシステムを指定するか、ファイルサーバを保存先としてください。

対応クラスタソフト

MIRACLE System Saviorではクラスタ環境でのシステムバックアップについても対応しております。共有ディスクのバックアップは別途必要になります。

WindowsLinuxその他
LifeKeeper for Windows V7 LifeKeeper for Linux V8 everRun MX
CLUSTERPRO X 2.x/3.x for Windows CLUSTERPRO X 2.x/3.x for Linux everRun 2G
Microsoft Cluster Service(MSCS) Oracle 10gR2/11gR2 Real Application Clusters VMware HA
Microsoft Failover Cluster(MSFC) Oracle Real Application Clusters
Red Hat Cluster Suite(RHCS)
HPE Serviceguard Solution for Linux (11.20, 12.00 )

※アプリケーション・データはMSS以外のバックアップ/リストアを推奨します。
※データミラーリング型のクラスタの場合、リストア後の全体ミラー再同期が必要です。
※Windows Server 2008 R2までのMSFC(MSCS)の場合、OS本体のディスク(パーティション)と同時にクォーラムディスクのバックアップ/リストアが必要です。Windows Server 2012以降のMSFCの場合、クォーラムディスクのバックアップ/リストアは不要です。
※Oracle RACの場合、Oracle Cluster Registryのバックアップ/リストアが別途必要です。
※everRunの場合、Shared Storage Data Protection (SSDP)構成は対象外になります。
※VMware HAの場合、ハイパーバイザ、仮想マシンともにバックアップ対象として対応しています。

リカバリイメージ対応メディア

V1R2+より、バックアップデータからリカバリイメージ(ISO)を作成出来ます。作成手順は次のサイトを参照してください。
https://www.miraclelinux.com/support/?q=node/377

以下のメディアについて、リカバリイメージで動作確認済みです。

4.7GB8.5GB25GB〜
DVD-R(4.7GB) DVD-R DL(8.5GB) BD-R(25GB,50GB)
DVD+R(4.7GB) DVD+R DL(8.5GB) BD-RE(25GB,50GB)
DVD-RW(4.7GB)
DVD+RW(4.7GB)
DVD-RAM(4.7GB)

※リカバリディスク・イメージ(ISO)をUSBメモリに書き込み、USBメモリをリカバリディスクとして使用することはできません。
※MSSのバックアップデータはgzipにて圧縮されます。バックアップデータが約60%に圧縮されます。
※DVD/BRメディアで起動できるドライブが必要になります。

対応ハードウェア

V2R2のKernelではCentOS 6.2(2.6.32-220.el6.x86_64)ベースとなります。原則、RHEL6.2で動作するマシンにてご利用いただけます。
また、対応ハードウェアに記載されないマシンでのMSS利用については、保守サポートはベストエフォート対応となります。

ヒューレット・パッカード

HPE ProLiant G4,G5
MLDLBL
ML370 G4 DL360 G5
ML350 G5
HPE ProLiant G6
MLDLBL
ML110 G6 DL120 G6 BL2x220c G6
ML150 G6 DL165 G6 BL280c G6
ML330 G6 DL170e G6 BL460c G6
ML350 G6 DL170h G6 BL465c G6
ML370 G6 DL180 G6 BL490c G6
DL320 G6 BL495c G6
DL360 G6 BL685c G6
DL370 G6
DL385 G6
DL585 G6
DL785 G6
HPE ProLiant G7
MLDLBL
MicroServer DL120 G7 BL2x220c G7
ML110 G7 DL160 G7 BL460c G7
DL165 G7 BL465c G7
DL360 G7 BL490c G7
DL380 G7 BL620c G7
DL385 G7 BL680c G7
DL580 G7 BL685c G7
DL980 G7
HPE ProLiant Gen8
MLDLBLSL
ML310 Gen8 DL160 Gen8 BL420c Gen8 SL4540 Gen8
ML310e Gen8 v2 DL320e Gen8 BL420c Gen8
ML350e Gen8 DL320e Gen8 v2 BL460c Gen8
ML350p Gen8 DL360e Gen8
DL360p Gen8
DL380e Gen8
DL380p Gen8
DL385p Gen8
DL580 Gen8
HPE ProLiant Gen9
MLDLBL
ML350 Gen9 DL160 Gen9
DL360 Gen9
DL380 Gen9
DL580 Gen9
HPE ProLiant Gen10
MLDLBL
DL360 Gen10
HPE ConvergedSystem
CS 500(Ivy Bridge)CS500(Haswell)CS500(Broadwell)CS900(Ivy bridge)CS900(Haswell)
HW DL580 Gen8 DL580 Gen9 DL580 Gen9 BL920s Gen8 BL920s Gen9
OS SUSE Linux Enterprise Server 11 SP3 SUSE Linux Enterprise Server 11 SP3
Red Hat Enterprise Linux 6.6
SUSE Linux Enterprise Server 12 SP1
Red Hat Enterprise Linux 7.2
SUSE Linux Enterprise Server 11 SP3 SUSE Linux Enterprise Server 11 SP3
Red Hat Enterprise Linux 6.6
モデル Scale-up Scale-up Scale-up Scale-up Scale-up
HPE Integrity Superdome X
BL920s Gen8
BL920s Gen9

HPE SmartArray B110i, S100i, HPE Dynamic SmartArray B320i/B120i, B140iのヒューレット・パッカード製ドライバの対応については mss-pre-sup@miraclelinux.com までお問い合わせください。

HPE StoreEasyHPE StoreOnce
StoreEasy 1430 StoreEasy 1440 StoreEasy 1450  StoreOnce 2700 
StoreEasy 1530 StoreEasy 1540 StoreEasy 1550  StoreOnce 2900 
StoreEasy 1630 StoreEasy 1640 StoreEasy 1650  StoreOnce 4500 
StoreEasy 1830 StoreEasy 1840 StoreEasy 1850  StoreOnce 4700 
StoreEasy 3830 StoreEasy 3840 StoreEasy 3850  StoreOnce 4900 
StoreEasy 3830sb StoreEasy 3840sb StoreEasy 3850sb  StoreOnce 6500 

HPE StoreEasy はNASサーバです。バックアップ保存先としても利用可能です。
HPE StoreOnce はバックアップ保存先として利用可能ですが、ストレージ本体のバックアップには対応しておりません。
HPE StoreOnce VSA はバックアップ保存先として対応しておりません。
D2600, D2700 のストレージ拡張オプションの対応については、mss-pre-sup@miraclelinux.com までお問い合わせください。

DELL

PowerEdge
タワーラックブレード
T130  R230 
R330 
R430 
R630 
R640
R730 
R930

PERC S130の対応については、mss-pre-sup@miraclelinux.com までお問い合わせください。

Lenovo

Lenovo(IBM) System xLenovo(IBM) System xLenovo(IBM) Flex SystemLenovo(IBM) NeXtScaleLenovo ThinkServer
x3100M4 HS12 x240 NeXtScale nx360 M4 TS140
x3100M5  HS20 RS140 
x3200M3 HS21 RD350 
x3250M3  HS22
x3250M5 HS23
x3400M3 HS23E
x3250M4 LS21
x3500M3 LS22
x3500M4
x3550M3
x3550M4
x3550M5 
x3650M3
x3650M4
x3690X5

Cisco

Cisco UCSUnified Communications
C220 M3 Cisco Business Edition 6000 Version 10.0
C24 M3 Cisco Business Edition 7000 Version 10.5 
B200 M3

富士通

PRIMERGY
RX200 S6
RX200 S7
RX200 S8
RX300 S6
RX300 S7
RX300 S8
RX350 S7
RX2530 M1 
RX2530 M2 
RX2540 M1 

ストラタス

ftServer
ftServer 2700
ftServer 4700
ftServer 6400

NEC

Express5800
Express5800/R120e-1E 

 

[更新履歴]

2017年9月21日 更新
2011年4月22日 新規作成

 

製品やサービスについてのご質問は、「お問い合わせフォーム」よりお気軽にお問い合わせください。

お客さまからよくあるご質問をまとめています。
わからないことがございましたら、まずはこちらをご覧ください。

 

お問い合わせフォームへ