機能

システム障害の検知機能とフェイルオーバー機能

CLUSTERPROは、クラスターシステムを構成するハードウェア、OS、アプリケーションの状況を監視します。
障害を検知すると、業務アプリケーションに必要となる各種リソース(IPアドレス、データ、アプリケーション)を待機系サーバーに引継ぎ、ダウンタイムを最小限にとどめます。そのため、クライアントは接続先のサーバーが切り替わったことを意識せずに業務を継続します。

CLUSTERPRO X 障害検知機能とフェイルオーバー機能

ダウンタイムの削減

一般にHAクラスターシステムのダウンタイムは、「障害検知の時間+フェイルオーバーの時間」となります。

  1. 定期的な監視作業で、障害を検知
  2. アプリケーションの停止、アプリケーションが使用しているDiskパーティションのアンマウント、仮想IPアドレスの開放
  3. アプリケーションが使用する仮想IPアドレスの取得、Diskパーティションのマウント、アプリケーションの起動
  4. [3]で起動したアプリケーションの監視機構の有効化

※CLUSTERPROの場合、データベースサーバーは数分、ファイルサーバー、Webサーバーなどは数十秒がダウンタイムの目安になります。

 

CLUSTERPRO X の種類

MIRACLE CLUSTERPRO X は、現用系ノードと待機系ノード間のデータ共有方法の違いにより、3種類のクラスター構成を構築できます。

  • 共有ディスクを使用:MIRACLE CLUSTERPRO X
  • データミラーでデータ共有: MIRACLE CLUSTERPRO X + Replicatorオプション
  • 共有ディスク型とデータミラー型を組み合わせて利用:MIRACLE CLUSTERPRO X + Replicator DRオプション
比較項目MIRACLE CLUSTERPRO XMIRACLE CLUSTERPRO X
+ Replicatorオプション
MIRACLE CLUSTERPRO X
+ Replicator DRオプション
データ共有方法 共有ディスク必須 共有ディスク不要 共有ディスク必須
IOパフォーマンス SCSI, FiberChannelによる共有ディスクへのアクセス ディスクミラーリングのオーバーヘッド ディスクミラーリングのオーバーヘッド
ノード数 2〜32台:中〜大規模クラスター 2〜3台:小規模クラスター
※ディザスタリカバリ構成が可能
3〜64台:中〜大規模クラスター
推奨データ容量 制限なし 100GBまでを推奨 100GBまでを推奨
構成概念図 CLUSTERPRO X 構成概念図 MIRACLE CLUSTERPRO X+Replicator CLUSTERPRO X + Replicator DRオプション

 

構成例

双方向スタンバイ

HAクラスターを使用すると片ノードが待機するだけでリソースがもったいないと思われがちですが、両ノードを効率的に使用できる双方向スタンバイ構成があります。これは、業務が2つ以上で、それぞれのサーバーが現用系かつ待機系である形態で運用するものです。例えば、この双方向スタンバイ構成で、WebサーバーとMailサーバーを一度にクラスター化することも可能です。

CLUSTERPRO X + Replicator 双方向スタンバイ

CLUSTERPRO X 双方向スタンバイ

スケールアウト

CLUSTERPRO X を使用すると、業務の増加に応じて、サーバーへ追加を行いスケールアウトすることにより柔軟に対応することができます。

共有ディスクを使用している場合

 

データミラー型の場合

データミラーでデータ共有している場合でもスケールアウトが可能になりました。

データミラー型のスケールアウト

 

ディザスタリカバリ構成

CLUSTERPRO X は非同期ミラーモードで動作するため、障害対策だけでなく災害対策としても役立ちます。

片系サーバーが1台障害のとき

ディザスタリカバリ構成

 

仮想環境での構成例

ホストクラスター構成

ホストクラスタ構成

ホスト障害を検出後、ライブマイグレーションを行い、マイグレーション不可時はVMをフェイルオーバーします。

  • 仮想化基盤で障害検知時に無停止フェイルオーバー(ライブマイグレーション)が可能
    ※Hyper-Vの場合はクイックマイグレーション
  • ゲストOS内部の障害に対応できない

 

ホスト‐ゲストクラスター構成

ホスト-ゲストクラスタ構成

ホスト障害を検出後、ライブマイグレーションを行い、マイグレーション不可時はVMをフェイルオーバーします。
ゲスト障害を検出時は、サービスをフェイルオーバーします。

  • ゲストOSのファイルシステム障害、ファイル障害にも対応可能
  • ホスト-ゲスト間で連携が可能(VMのマイグレーション後、サービスの再起動など)
    ※Hyper-Vの場合はクイックマイグレーション
  • ゲストクラスター間で同一ハイパーバイザ上に移動しないなどの設定が可能

 

機能比較

機能シングル
サーバー
MIRACLE
LINUX V6
HA
CLUSTERPRO
X
仮想化 仮想化環境内でのフェイルオーバー ×
ホストOSダウン時のクライアントOSのフェイルオーバー × ×
ディスクの構成 ディスクレス型 × ×
データミラー型 × ×
SAN接続、共有ディスク型 × ×
NAS接続、共有ディスク型 × ×
SAN接続、共有ディスク型のミラー × ×
運用形態 共有ディスク型 × ×
ミラー型 × ×
アクティブ-スタンバイ(片方向スタンバイ) × ×
アクティブ-アクティブ(双方向スタンバイ) × ×
N:1スタンバイ × ×
M:Nスタンバイ × ×
遠隔クラスター × ×
省電力 CPUクロック制御 × ×
運用管理 統合マネージャ ×
アラートサービス × ○* ○*
サーバー筐体ランプ連携 ×
検出可能アプリ障害 Oracle Application Server 10g ×
ディスクパテーション MBR
GPT

*オプション製品の購入が必要です。