現在位置: ホーム / 製品・サービス / Linuxソリューション / MIRACLE LINUX 8 Asianux Inside

MIRACLE LINUX 8 Asianux Inside

MIRACLE LINUX 8 Asianux Inside バナー

オンプレミス、クラウド環境はもちろん、各種組込み用途にも最適な国産エンタープライズLinux OS

MIRACLE LINUX 8 Asianux Insideは、信頼性、安全性、可用性、セキュリティ機能を重視した、アジアでのビジネス要件に最適化されたLinux OSです。国内のエンジニアによる的確で高品質なサポートを10年にわたって提供できる強力なサポート体制により、基幹サーバーに求められるクリティカルでシビアな要件から、特定業務用機器への組込みに必須となる柔軟なカスタマイズまで、あらゆるシーンで安心してお使いいただけます。

「MIRACLE LINUX(Asianux Server)」シリーズは、企業向けLinuxサーバー用途のほか、産業用コンピューター、各種アプライアンス製品など特定業務用機器への組込みにも採用され、最近では製造業におけるファクトリーオートメーションや通信業での導入が加速しています。

最新のRHEL 8.1に対応した「MIRACLE LINUX 8 Asianux Inside」の提供により、利用できるハードウェアの選択肢が広がるとともに、お客様は、RHEL 8.1向けに開発されたアプリケーションソフトウェアを「MIRACLE LINUX 8 Asianux Inside」上でそのまま動作させることが可能となります。

MIRACLE LINUX 8 の主な特徴

1)サポート体制の充実

お客さまは、国内唯一の企業向けLinuxディストリビューターであるサイバートラストから日本語での技術サポートを受けられます。パッチ提供などのリリースポリシーを確立しているため、企業ユーザーが安心して利用できます。また、販売開始から5年以上の販売期間、10年にわたるサポート期間においてサービスを提供し、特定業務用機器への組込みに必要とされる長期安定供給や、基幹サーバーでの利用に必要とされる長期安定運用のニーズにさらに応えます。

2)RHEL 8.1との十分な互換性

RHEL 8.1向けのハードウェア、RHEL 8.1向けに開発されたアプリケーションソフトウェアは、「MIRACLE LINUX 8 Asianux Inside」の上でほぼそのまま動作させることができます。RHEL 8.1で導入されたApplication Streamsにより、RHELのコアリソースに影響を与えることなく最新のプログラミング言語やフレームワーク、開発者向けツールなどを利用可能になり、開発者の生産性促進と実運用の安定性が実現されます。

3)セキュリティ機能の強化

OpenSSL 1.1.1 a、およびTLS 1.3規格がサポートされました。また、スマートカードやハードウェアセキュリティモジュール (HSM) など PKCS#11 対応デバイスのサポートの強化により、多要素認証などを活用できるシーンが多くなりました。

 

評価版ダウンロード

MIRACLE LINUX 8 Asianux Inside の評価版をご希望の方は、「お問合せフォーム」より「MIRACLE LINUX 8 Asianux Inside 評価版申し込み」の旨を記載してご連絡ください。

お問い合わせフォーム