機能

MIRACLE LINUX HAの特徴

 

豊富な耐障害機能

自動障害復帰機能

プロセス、サービス、OSを常に監視し、プロセスの消失、サービスの停止、OSやHWの障害を検知した際、自動で処置を行いサービスを継続します。

MIRACLE LINUX HA 自動障害復帰機能

豊富なオプション

主要なアプリケーションごとに、さまざまなオプションをご用意。プロセス監視のみでなく実際のサービスに近い形で監視を行い、より早い段階で確実に障害を検知、復旧することができます。

 

優れた監視機能

サーバー自己監視機能

MIRACLE LINUX HAは常に自己監視を行っています。

  • NICのリンクダウン
  • Ping失敗
  • ディスクI/Oストール
  • OSストール
  • プロセス消失
  • アプリケーションストール

上記の障害に対して自動で検知し、それぞれに適切な処置を自動で行いサービスを継続することが可能です。

 

WebUI機能

サーバーの状態監視、業務グループの起動/停止及び、動作ログの収集はWebUIから実施可能です(CLIによる操作も可能)。また、WebUI画面から業務の起動・停止順序、異常状態からの回復方法も設定できます。

MIRACLE FailSafe WebUI ダッシュボード
WebUI ダッシュボード

 

MIRACLE FailSafe WebUI 設定

WebUI 設定モード

 

クラウド環境/仮想環境にも最適

リーズナブルにクラウド基盤/仮想基盤の可用性/運用性を向上

 

MIRACLE LINUX HAの特長

 

連携例

Webサーバーへのアクセスをロードバランシングされたシステム。WebサーバーはDBを利用。

MIRACLE FailSafe - MIRACLE CLUSTERPRO連携構成

 

Webサーバー : MIRACLE FailSafeで可用性向上
DBサーバー   : MIRACLE CLUSTERPRO Xでクラスタリング
1. DBサーバーに障害が発生しフェールオーバー
2. DBサーバーがフェールオーバーしたことを、Webサーバーへ通知
3. WebAPサーバーは業務APを再起動

DBサーバーが待機系に切り替わったことによって発生する通信タイムアウトを待たず、より早く確実に業務APを再起動できる

 

MIRACLE LINUX HA では、クラウド基盤/仮想基盤のHA機能では検出できないソフトウェア障害を検出できます(仮想基盤のマイグレーション機能との共用も可能)。
そのため、MIRACLE LUNUX HA と MIRACLE CLUSTERPRO X を適材適所で組み合わせることで、コストパフォーマンス良くシステム全体の可用性/運用性の向上が可能です。
 

RESTful APIにより柔軟なアプリケーション連携が可能

RESTful APIによる連携

RestfulAPI を使用し、リモートからクラスターの操作/状態取得が可能なため、他のアプリケーションと効率的で柔軟な連携が可能です。

 

万全のサポート体制

サイバートラストではすべてのサポートを日本国内で完結させます。外国へのエスカレーションでお待たせしません。また、使用方法、設定方法だけでなく、ログの解析、ソースコードの解析、Dumpの解析まで、幅広く深い、納得のサポート体制を完備しています。サイバートラストは障害の原因を徹底追及します。