現在位置: ホーム / 製品・サービス / Microsoft Azure対応 Asianux Server (MIRACLE LINUX)

Microsoft Azure対応「Asianux Server(MIRACLE LINUX)」とは

AX on Azure keyimage

Microsoft Azure対応エンタープライズ Linux OS「Asianux Server(MIRACLE LINUX)」

Asianux Server(MIRACLE LINUX)のMicrosoft Azure対応 「Asianux」は、サイバートラストが2000年より展開しているLinux OS「MIRACLE LINUX」のグローバルでの名称です。アジア地域のニーズに応える信頼性の高い共通のエンタープライズLinuxディストリビューションとして評価されています。

日本国内では、「MIRACLE LINUX」シリーズとして、信頼性、安全性、可用性、セキュリティ機能を重視し、日本国内でのビジネス要件に最適化して提供し、累計12万本以上、年間20,000本以上の出荷実績があります。国内のエンジニアによる的確で高品質なサポートを10年にわたって提供できる安心のサポート体制により、基幹サーバーに求められるクリティカルでシビアな要件から、特定業務用機器への組込みに必須となる柔軟なカスタマイズまで、様々な分野での導入実績があります。

現在Microsoft Azure Marketplaceで提供している、Microsoft Azure対応のAsianux Server(MIRACLE LINUX)のバージョンについては、仕様ページをご覧ください。

 

 Asianux Server on Microsoft Azureの無料評価版はこちら

価格・購入方法へ

 

 

 

Microsoft Azure上でのAsianux Serverの強み

「Asianux Server 4」は、エンタープライズ向けLinux OSで日本国産初のMicrosoft Azure認証を取得しました。

パブリッククラウドへの移行に対する課題や懸念点として、既存IT資産との互換性、準拠法やサポート言語などがハードルになっています。エンタープライズ用途では、日本国内のビジネス慣習との違いや、万が一の障害時の対応に不安を持たれています。サイバートラストは、Microsoft Azure対応した 「Asianux Server 4」の提供と日本円での決済により為替リスクの不安を払拭し、長年の実績を持つ日本語サポートを、日本国法に準拠して提供することでクラウド利用の課題を解決し、日本国内でのクラウドおよびLinuxの利活用(Linux on Cloud)を促進します。

「Asianux Server」が、日本のビジネス、公共組織に最適な4つのポイント
  • 全ての手続き、法令、サポートが日本時間かつ国内で完結できる
  • 日本円で決済でき、為替リスクなし
  • 日本のビジネスに合わせ、障害を徹底的に追求
  • 日本国法に準拠で万が一のトラブル時も安心
海外商用Linux製品 + AWSAsianux Server + Microsoft Azure
日本語サポート
dump解析*1 ×
利用料 サブスクリプション:$580/年
(75,000円相当)
ライセンス:6,000円/年 *2
日本での支払通貨 米ドル 日本円
準拠法 ニューヨーク州及び米国 日本
管轄裁判所 ニューヨーク州及び米国 東京地方裁判所

*1 dump解析については、別メニューで対応。
*2 サポートについては、サポート料金:48,000円/年にて、オプションでの提供となります。

 

製品・サービスについてのお問い合わせ

製品やサービスについてのご相談やご質問は、「お問い合わせフォーム」よりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ