現在位置: ホーム / プレスリリース / 2017 / 米子高専にLinux OSを無償提供し、技術教育を支援

米子高専にLinux OSを無償提供し、技術教育を支援

報道関係者各位


2017年9月26日

ミラクル・リナックス株式会社

 

米子高専にLinux OSを無償提供し、技術教育を支援

~ 最新Linuxと環境構築時の技術提供によりLinux教育を支援 ~

ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役社長:伊東 達雄 以下、ミラクル・リナックス)は、学生のLinux技術教育支援を目的に、独立行政法人 国立高等専門学校機構 米子工業高等専門学校(所在地:鳥取県米子市 以下、米子高専 http://www.yonago-k.ac.jp/ )へミラクル・リナックスが開発・提供する企業向けLinux OS「Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7」を無償提供することを発表します。

国立米子工業高等専門学校様 導入事例 授業風景

米子高専では、高等専門学校機構が推進する、卒業生が社会や産業界で活躍できるよう教育の質を保証することを目指したモデルコアカリキュラムに準じてカリキュラムを組んでいます。中でも電子制御工学科では、機械、電気・電子、情報分野を複合的に学ぶことができ、卒業後は機械、電気、情報系などさまざまな分野で活躍する卒業生を輩出しています。同学科の授業では、WindowsをメインのOSとして利用していますが、コマンドラインでの操作やプログラム開発の技術習得を目的に、UNIXサーバーにリモート端末からログインして利用する授業を行なっていました。しかし、サーバー利用の制限やサーバー構築・管理の煩雑さに課題があったことに加えて、一人一台のマシンを利用できる環境にするため、PCの設定を変えずに起動できるLinuxを使ったブータブルUSBの利用を検討しました。

当初オープンソースのLinux「Fedora」を使ったブータブルUSBを作成して利用したところ、授業中にハングアップしたりブートできないなどの問題が発生し、設定のやり直しやOSイメージの焼き直しに多くの時間を取られていました。また、マシンを一斉に買い換えることが難しく新旧4世代のPCを利用しているため、ブートできるマシンとできないマシンがあることも課題になっていました。

そこで、同校とかねてから交流のあったミラクル・リナックス松江ラボのメンバーが「Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7」の無償提供を提案し、導入が決定しました。ミラクル・リナックスでは、OSの無償提供に加え、同校の学生に対してブータブルUSBの作成や事前検証の技術指導を松江ラボにて実施しました。「Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7」導入後は購入時期の異なるPCすべてでOSが安定的に動作し、Linuxを一人一台のマシンで利用できる環境が実現しました。

ミラクル・リナックスでは、今回の米子高専への「Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7」無償提供および技術指導の実績をもとに、今後は他の教育機関への支援も展開し、Linux技術者育成を推進していく予定です。

 

米子高専様 導入事例ページURL:
https://www.miraclelinux.com/case/server-linux/yonago

■Asianux Server(MIRACLE LINUX)について
Asianux Serverは、ミラクル・リナックスが2000年より提供しているLinux OSで、アジア地域のニーズに応える信頼性の高い共通のエンタープライズLinuxディストリビューションとして開発し、提供しています。日本国内では、「MIRACLE LINUX」シリーズとして、信頼性、安全性、可用性、セキュリティ機能を重視し、日本国内でのビジネス要件に最適化して提供し、累計12万本以上、年間20,000本以上の出荷実績があります。国内のエンジニアによる的確で高品質なサポートを10年にわたって提供できる安心のサポート体制により、基幹サーバに求められるクリティカルでシビアな要件から、特定業務用機器への組込みに必須となる柔軟なカスタマイズまで、さまざまな分野での導入実績があります。
https://www.miraclelinux.com/product-service/linux-solution/axs7

 

■ミラクル・リナックス株式会社について
ミラクル・リナックスは、「日本品質」の技術およびサポートにより、オンプレミス、クラウド、組込みのあらゆる領域で活用できるエンタープライズLinux OSを提供しています。通信事業や公共、金融事業など幅広いエンタープライズ領域での採用実績に加えて、Linuxのカーネル技術をさまざまな分野に応用し、カーナビゲーション、自動販売機、医療用端末、映像配信機器など用途別専用機器や、デジタルサイネージ用プレイヤーにも組込みLinux OSの実績を伸ばしています。
さらに、オープンソースベースの企業向け統合監視ツールやバックアップソフトウェアを開発しているほか、統合運用ソフトウェアを開発し、オープンソースとしてコミュニティに公開するなど、オープンソースの活性化に向けた取組みも積極的に行っています。

※なお、ミラクル・リナックスは、2017年10月1日付でサイバートラスト株式会社と合併し、サイバートラスト株式会社に商号を変更します。

 

□■本件に関する報道お問合せ■□

ミラクル・リナックス株式会社

マーケティングコミュニケーション部 椎名
Tel:03-6205-9530 E-mail:press@miraclelinux.com
https://www.miraclelinux.com/
https://www.facebook.com/miraclelinux/


* MIRACLE LINUXの名称およびロゴは、ミラクル・リナックス株式会社の登録商標です。
* Linux は、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。