現在位置: ホーム / プレスリリース / 2017 / IoTビジネス強化に向けた合併のお知らせ

IoTビジネス強化に向けた合併のお知らせ

 

サイバートラスト ロゴミラクル・リナックス ロゴ

 

 

 

報道関係者各位


2017年7月20日

ミラクル・リナックス株式会社
サイバートラスト株式会社

 
IoTビジネス強化に向けた合併のお知らせ
グローバル市場に向けて組込みLinux技術に電子認証技術を融合


 ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:伊東 達雄、以下、ミラクル・リナックス)と、サイバートラスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:眞柄 泰利、以下、サイバートラスト)は、2017年10月1日(予定)を効力発生日として合併することを両社の取締役会で決議しましたので、お知らせいたします。

 ミラクル・リナックスは2000年の設立より、「MIRACLE LINUX」ブランドで、日本品質の技術とサポートを特長に、エンタープライズLinux OSを通信事業や公共、金融事業など幅広い分野に提供しています。エンタープライズ領域での採用実績に加えて、Linuxのカーネル技術を応用し、専用機器向けの組込みLinux OSも実績を伸ばしています。近年のIoT実用化の加速に伴ってIoTデバイス向けのOSにLinuxの採用が進んでいることから、組込み事業も成長を続けています。

 サイバートラストは1995年の設立以来、電子認証サービスを通じ、多くのお客様、パートナー様へ安全・安心を提供してきた情報セキュリティ企業です。日本初の商用電子認証局として、国内で最長の運用実績を持ち、サーバー証明書を始めとする電子認証サービスを提供しています。近年、利用形態や用途が拡大するIoTデバイスを安全・安心に利用することを目的にした認証基盤「セキュアIoTプラットフォーム」を提供しています。

 合併新会社では、ミラクル・リナックスの「組込み技術」とサイバートラストの「セキュリティ技術」を集約し、「セキュアIoTプラットフォーム」を成長戦略の軸として、グローバルで通用するIoTビジネスを展開してまいります。

 なお、ミラクル・リナックスが提供中のエンタープライズ向けOS「Asianux Server(MIRACLE LINUX)」や組込みLinuxソリューションの「Embedded MIRACLE」、統合システム監視ソリューション「MIRACLE ZBX」などOSSを活用した各種製品・サービスなどの既存事業は、合併後もブランド名とともに引き続き提供します。

 また、サイバートラストが提供中のSSLサーバー証明書の「SureServer」「DigiCert」、端末認証の「デバイスID」「パーソナルID」、PKIサービスの「マネージドPKI」など、全てのサービスについても、合併後も引き続き提供します。

 両社の既存製品およびサービスは、従来どおり安心してご利用いただけます。


本合併の詳細については以下をご参照ください。

1. 合併の日程


2. 合併の方式

 ミラクル・リナックスを存続会社とする吸収合併方式で、サイバートラストに商号を変更します。


3. 合併に係る割当ての内容

ミラクル・リナックス
(存続会社)
 サイバートラスト 
本合併に係る割当ての内容
(合併比率)
1 0.30577


4. 合併後の状況

①商号 サイバートラスト株式会社
②所在地 〒160-0022
東京都新宿区新宿6-27-30
新宿イーストサイドスクエア7階
③代表者 代表取締役社長 阿多 親市
④事業内容 ・IoT関連事業
・認証サービス事業、セキュリティソリューション事業
・Linux OS開発、OSSを活用したエンタープライズ向けソフトウェア開発、
組込みLinux関連事業、サポートおよびコンサルティング事業
⑤資本金 4億円
⑥決算期 3月31日


■関連リリース
当社子会社間の合併に関するお知らせ(ソフトバンク・テクノロジー株式会社)
http://www.softbanktech.co.jp/corp/news/press/2017/028/


【当リリースに関するお問い合わせ先】