現在位置: ホーム / プレスリリース / 2017 / OSSの運用監視ソフトMIRACLE ZBX 3.0がConoHaのアプリケーションテンプレートに採用

OSSの運用監視ソフトMIRACLE ZBX 3.0がConoHaのアプリケーションテンプレートに採用

報道関係者各位


2017年7月12日

ミラクル・リナックス株式会社

 
OSSの運用監視ソフトMIRACLE ZBX 3.0が
ConoHaのアプリケーションテンプレートに採用

~ ConoHa上のシステム監視環境を短時間で構築でき、セキュアな運用監視を実現 ~

ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役社長:伊東 達雄 以下、ミラクル・リナックス)は、オープンソースの運用監視ソフトの最新版「MIRACLE ZBX 3.0」が、GMOインターネット株式会社(以下、GMOインターネット)が提供するVPSサービス「ConoHa byGMO(以下、ConoHa)」のアプリケーションテンプレートに採用されたことを発表します。

「ConoHa」は、お客さまのビジネスやトラフィックの規模に応じたシステムを柔軟に構成でき、定額制と時間課金の組み合わせにより最小コストで利用できる料金体系が特徴のVPSサービスです。「ConoHa」には、OSテンプレートやアプリケーションテンプレートが多数用意されており、お客さまのサービスに合わせたテンプレートを選択することで、サーバー構築と同時にOSのインストールやアプリケーションサーバーの構築を完了することができます。

「MIRACLE ZBX 3.0」は、Zabbix 3.0をベースに、主に国内企業ユーザーから寄せられた要望を反映してミラクル・リナックスが機能拡張や不具合修正をしたオープンソースの運用監視ソフトウェアで、サーバー、ネットワーク、アプリケーションを監視できます。
この度、「ConoHa」のアプリケーションテンプレートに「MIRACLE ZBX 3.0」が追加されたことにより、「ConoHa」のお客さまは、「ConoHa」上に構築したシステムの監視設定をすぐに開始できることに加え、インストール後すぐに監視データの暗号化通信を開始できるため、セキュアな運用監視をスピーディーに実現できます。

ConoHaテンプレートページ

ConoHaテンプレートページ  (※画像をクリックすると拡大表示します)


「MIRACLE ZBX 3.0」対応によるユーザーメリット

  • テンプレート化により短時間で監視環境を構築可能

Zabbix 3.0をベースにミラクル・リナックスが開発した「MIRACLE ZBX 3.0」のイメージをテンプレート化して提供しているため、お客さまは最短約1分で「ConoHa」上のシステムの監視環境を構築でき、すぐに監視設定を行うことができます。

  • 標準実装の暗号化ライブラリによりセキュアなデータ通信を容易に実現

「MIRACLE ZBX 3.0」では、暗号化通信用のモジュールをあらかじめビルトインしているため、Zabbixサーバーとエージェントの各コンポーネント間の暗号化通信がインストール後すぐに開始できます。インターネット経由でも安全に監視できるようになり、遠隔地で監視する場合やクラウド環境の監視も安心してご利用いただけます。

  • 商用のサポートサービスでエンタープライズ用途でも安心して利用可能

エンタープライズレベルの有償MIRACLE ZBXのサポートサービスを提供しているため、企業のお客さまも安心してご利用いただけます。コミュニティ版のZabbixやMIRACLE ZBXをご利用の方も同様にサポートサービスをご利用いただけます。

これらの「MIRACLE ZBX 3.0」の機能により、「ConoHa」のお客さまが簡単かつセキュアに、より安心して利用できるシステム監視の導入を支援します。

「ConoHa」でのMIRACLE ZBX採用に伴い、GMOインターネット様よりコメントをいただいています。

【賛同文】
GMOインターネット株式会社
取締役 事業本部 ホスティング事業部 部長 児玉 公宏 様

GMOインターネットは、OSS運用監視ソフト「MIRACLE ZBX 3.0」が弊社のVPSサービス「ConoHa」に対応したことを歓迎します。
「ConoHa」のアプリケーションテンプレートとして新たに「MIRACLE ZBX 3.0」を追加し、コントロールパネルから数クリックで構築できるシステム監視環境をお客さまに提供します。
低価格で高性能な「ConoHa」とMIRACLE ZBXのセキュアな監視サービス、さらにはミラクル・リナックスの実績ある有償サポートなど、「ConoHa」のお客さまに多くの選択肢を提供し、これらを組み合わせることで運用管理しやすい環境を構築できると確信しています。今後も、お客さまがより価値のあるサービスを開発できるよう支援してまいります。

  • 「MIRACLE ZBX 3.0」パッケージは、yumコマンドおよびWebブラウザより取得いただけます。

https://www.miraclelinux.com/product-service/zabbix/oss/download

  •  「ConoHa」で採用しているテンプレート一覧はこちらでご確認いただけます。

https://www.conoha.jp/function/template/


■MIRACLE ZBXについて
「MIRACLE ZBX」シリーズは、オープンソース版統合監視ソフトウェア「Zabbix」をベースとして、ミラクル・リナックスが独自に開発したエンタープライズ用途に特化した統合的なシステム監視ソリューションです。本ソフトウェアは、ミラクル・リナックスが独自でパッケージを作成しサポート提供しているものであり、Zabbixの開発元であるZabbix LLC社が推奨もしくはサポート提供やスポンサーしているものではありません。
https://www.miraclelinux.com/product-service/zabbix/

■ミラクル・リナックス株式会社について
ミラクル・リナックスは、「日本品質」の技術およびサポートにより、オンプレミス、クラウド、組込みのあらゆる領域で活用できるエンタープライズLinux OSを提供しています。通信事業や公共、金融事業など幅広いエンタープライズ領域での採用実績に加えて、Linuxのカーネル技術をさまざまな分野に応用し、カーナビゲーション、自動販売機、医療用端末、映像配信機器など用途別専用機器や、デジタルサイネージ用プレイヤーにも組込みLinux OSの実績を伸ばしています。
さらに、オープンソースベースの企業向け統合監視ツールやバックアップソフトウェアを開発しているほか、統合運用ソフトウェアを開発し、オープンソースとしてコミュニティに公開するなど、オープンソースの活性化に向けた取組みも積極的に行っています。

 

□■本件に関する報道お問合せ■□

ミラクル・リナックス株式会社

マーケティングコミュニケーション部 椎名
Tel:03-6205-9530 E-mail:press@miraclelinux.com
https://www.miraclelinux.com/
https://www.facebook.com/miraclelinux/

 
* MIRACLE LINUXの名称およびロゴ、MIRACLE ZBXは、ミラクル・リナックス株式会社の登録商標です。
* Linux は、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。