現在位置: ホーム / プレスリリース / 2017 / SAP HANA環境向けシステムバックアップ・ソフトウェアの最新版を提供開始

SAP HANA環境向けシステムバックアップ・ソフトウェアの最新版を提供開始

報道関係者各位


2017年4月5日

ミラクル・リナックス株式会社

 

SAP HANA環境向けシステムバックアップ・ソフトウェアの最新版を提供開始

~ バックアップ速度の向上とバックアップサイズの縮小を実現、
「HPE ConvergedSystem」にも新たに対応 ~

 

ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役社長:伊東 達雄 以下、ミラクル・リナックス)は、SAP社が提供するインメモリコンピューティング製品「SAP HANA®」に対応したシステムバックアップ・ソフトウェア「MIRACLE System Savior for SAP HANA(以下、MSS for SAP HANA)」の最新版(Version 3 Release 2、以下、V3R2)を2017年4月5日より提供開始します。

最新版となる「MSS for SAP HANA V3R2」では、「SAP HANA」で広く利用されているLinux OS「SUSE Linux Enterprise Server」の先進的なファイルシステムであるBtrfs*への対応を強化しました。このたびの対応強化では、実際に利用している領域のみをバックアップできるようにし、バックアップ速度の向上とバックアップサイズの縮小を実現しています。従来対応しているFCマルチパス構成のシステムバックアップとBtrfs対応を組み合わせることで、真のエンタープライズ向けシステムバックアップとなります。

また、ミラクル・リナックスは日本ヒューレット・パッカード株式会社との共同検証を実施し、「HPE ConvergedSystem」が「MSS for SAP HANA V3R2」でバックアップ・リストアできることを実証しました。

「SAP HANA」は、従来のデータベースソフトでは困難な、基幹業務システムの膨大なデータのリアルタイム分析が実現可能なソリューションとして、企業で導入が拡大しています。「SAP HANA」の普及に伴い、データバックアップに加えて運用管理の重要性が増加し、稼働サーバのシステムを容易に復旧するシステムバックアップのニーズが高まっています。また、SAP HANAアプライアンスでは、その膨大なデータの格納に外部ストレージを構成するケースがあり、さらにFCマルチパスでネットワークを冗長化して堅牢なシステムとすることが考えられます。最新の「MSS for SAP HANA V3R2」は、FCマルチパス構成のバックアップ対応に加えて、Btrfsのファイルシステムに対応し、SAP HANAアプライアンスのバックアップを強力に支援します。

ミラクル・リナックスでは、「SAP HANA」に対応した最新のシステムバックアップ・ソフトウェアの提供と、「HPE ConvergedSystem」への対応により、お客様の安全なサーバ環境保護と事業継続のニーズに応えます。

 

■Btrfs対応強化によるパフォーマンス向上
HPE ConvergedSystem CS500を利用し、Btrfs 272GB(うち4.3GB使用)領域のバックアップ/リストア検証において、従来のMSS V3R1と比較してパフォーマンスを向上

  • バックアップ時間を8倍高速化
  • リカバリ時間を11倍高速化
  • バックアップイメージサイズを半分に削減

MSS for SAP HANA V3R2 のBtrfs対応強化による比較  

■価格
MSS for SAP HANA V3R2    278,000円~(税抜)

■検証レポート
https://www.miraclelinux.com/product-service/mss/solution/hpe-saphana

 

今回のMSSバージョンアップに伴い、日本ヒューレット・パッカード株式会社より賛同文をいただいています。

【賛同文】

日本ヒューレット・パッカード株式会社
テクノロジーコンサルティング事業統括 執行役員 小川 光由様

日本ヒューレット・パッカードは、「MIRACLE System Savior for SAP HANA」最新バージョン発売と「HPE ConvergedSystems for SAP HANA」のバックアップ/リストアを実証したことを歓迎いたします。
「HPE ConvergedSystem for SAP HANA」は、SAP HANAアプライアンスとして、業界屈指のハイパフォーマンスと高可用性を備えた統合ソリューションを実現し、国内・グローバル共に多数のお客様にご活用いただいています。
このたびのバックアップ/リストア対応の実証により、SAP HANA対応のデータバックアップ製品と「MIRACLE System Savior for SAP HANA」を組み合わせで、お客様にとってさらに安心して「SAP HANA」アプライアンスを導入できる助けとなることと確信しています。

 

* Btrfs(バターエフエス)とは:スナップショットや圧縮、サブボリュームといった機能が実装されている先進的なファイルシステム。スナップショットを使用することで、特定の時点へ復元可能。この機能により、ファイルの破損や削除といった重大なシステム障害から容易に復旧できる。2015年より、SUSE Linux Enterprise Server 12 のデフォルトのファイルシステムとして採用されている。

MIRACLE System Saviorについて
ミラクル・リナックスが提供するシステムバックアップ・ソフトウェア「MIRACLE System Savior」は、サーバベンダーとの連携を強みとして、企業向けシステムバックアップの要件に基づいて開発されました。最新のサーバやマルチOS、仮想化ソフトウェア、およびクラスタソフトウェアへの対応、24時間サポート、7年間長期サポートを提供しています。2010年3月の発売以来、災害対策への意識の高まりにより導入拡大が進み、累計で3,000ライセンス以上の導入を誇ります。TOPIX Core30に選ばれた企業の約47%で採用されているほか(2015年10月現在)、製造、流通、通信、医療など様々な業種で利用されています。

■ミラクル・リナックス株式会社について
ミラクル・リナックスは、「日本品質」の技術およびサポートにより、オンプレミス、クラウド、組込みのあらゆる領域で活用できるエンタープライズLinux OSを提供しています。通信事業や公共、金融事業など幅広いエンタープライズ領域での採用実績に加えて、Linuxのカーネル技術をさまざまな分野に応用し、カーナビゲーション、自動販売機、医療用端末、映像配信機器など用途別専用機器や、デジタルサイネージ用プレイヤーにも組込みLinux OSの実績を伸ばしています。
さらに、オープンソースベースの企業向け統合監視ツールやバックアップソフトウェアを開発しているほか、統合運用ソフトウェアを開発し、オープンソースとしてコミュニティに公開するなど、オープンソースの活性化に向けた取組みも積極的に行っています。


□■本件に関する報道お問合せ■□

ミラクル・リナックス株式会社

マーケティングコミュニケーション部 椎名
Tel:03-6205-9530 E-mail:press@miraclelinux.com
https://www.miraclelinux.com/
https://www.facebook.com/miraclelinux/

 

* MIRACLE LINUXの名称およびロゴ、MIRACLE ZBXは、ミラクル・リナックス株式会社の登録商標です。
* Linux は、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。