現在位置: ホーム / プレスリリース / 2017 / [お知らせ] さくらインターネット、ビットスター、ミラクル・リナックスが、OSS運用統合ソフトによるパブリッククラウドのシステム監視検証結果を発表

[お知らせ] さくらインターネット、ビットスター、ミラクル・リナックスが、OSS運用統合ソフトによるパブリッククラウドのシステム監視検証結果を発表

<お知らせ>
報道関係者各位


2017年3月7日

さくらインターネット株式会社
ビットスター株式会社
ミラクル・リナックス株式会社

 

さくらインターネット、ビットスター、ミラクル・リナックスが、
OSS運用統合ソフトによるパブリッククラウドのシステム監視検証結果を発表

~ 大規模システムでの運用統合を検証し、Project Hatoholとして
『オープンソースカンファレンス2017 Tokyo/Spring』で公表 ~

 

さくらインターネット株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:田中 邦裕 以下、さくらインターネット)、ビットスター株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役CEO:前田 章博 以下、ビットスター)とミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役社長:伊東 達雄 以下、ミラクル・リナックス)は、大規模環境におけるオープンソースソフトウェア(OSS)運用統合ソフト「Hatohol」の実用性の検証結果を『オープンソースカンファレンス2017 Tokyo/Springl』で発表します。

三社は、クラウド事業者が利用できる実用性を備えた運用統合ソフトの開発を目指し、2016年11月より、「Hatohol」の共同検証を開始しています。

  • さくらインターネット、ビットスター、ミラクル・リナックスがオープンソースソフトウェア「Hatohol」の共同開発を開始(プレスリリース) 
  https://www.miraclelinux.com/press-release/2016/2016-11-29

これまで、Project Hatoholへフィードバックを行うほか、さくらのクラウドにHatoholのスタートアップスクリプトを追加するなど、ユーザー視点でより有用な機能の提案を行っています。

検証の結果として、現時点でのHatoholの実用性のほか、使いやすい活用方法をクラウド運用管理者の視点で考察し、この内容を2017年3月10日開催の『オープンソースカンファレンス2017 Tokyo/Springl』で発表します。

大変恐縮ではございますが、ご都合のつく限り、ぜひご参加いただければ光栄に存じます。

<イベントでのProject Hatoholの出展内容>

運用統合ソフト「Hatohol」を大規模システム監視環境で使うことを想定し、さくらインターネットにて検証を実施しました。その結果を踏まえて、現場の観点から以下のポイントを発表します。

  • Hatoholが現時点でどこまで使えそうか?
  • 「こうしたら使いやすくなった」など知っていると便利なTips
  • 今後のHatoholに期待すること

日 時:2017年3月10日 (金)   15時15分~16時
タイトル:「Hatoholは大規模システム監視でどこまで使えるか?」
講師:さくらインターネット 野島 周平
対 象:ZabbixやNagiosなどのオープンソースツールを使って運用監視を行っている方、あるいはこれから使おうと検討している方    
詳 細:https://www.ospn.jp/osc2017-spring/modules/eguide/event.php?eid=60 

【オープンソースカンファレンス2017 Tokyo/Fall概要】

オープンソースカンファレンスは、オープンソースの今を伝えるイベントです。

日程:2017年3月10日(土) - 11日(日) 10:00~18:00(最終日は17:30まで)
会場:明星大学 日野キャンパス 26号館 2F(OSC受付)
   (多摩モノレール 「中央大学・明星大学駅」から大学まで直結。会場まで徒歩6分)
   http://www.meisei-u.ac.jp/access/hino.html   
内容:オープンソースに関する最新情報の提供
   ・展示 - オープンソースコミュニティ、企業・団体による展示
   ・セミナー - オープンソースの最新情報を提供
主催:オープンソースカンファレンス実行委員会
企画運営:株式会社びぎねっと
費用:無料
詳細・申し込み:https://www.ospn.jp/osc2017-spring/

 

■ミラクル・リナックス株式会社について
ミラクル・リナックスは、「日本品質」の技術およびサポートにより、オンプレミス、クラウド、組込みのあらゆる領域で活用できるエンタープライズLinux OSを提供しています。通信事業や公共、金融事業など幅広いエンタープライズ領域での採用実績に加えて、Linuxのカーネル技術をさまざまな分野に応用し、カーナビゲーション、自動販売機、医療用端末、映像配信機器など用途別専用機器や、デジタルサイネージ用プレイヤーにも組込みLinux OSの実績を伸ばしています。
さらに、オープンソースベースの企業向け統合監視ツールやバックアップソフトウェアを開発しているほか、統合運用ソフトウェアを開発し、オープンソースとしてコミュニティに公開するなど、オープンソースの活性化に向けた取組みも積極的に行っています。


□■本件に関する報道お問合せ■□

ミラクル・リナックス株式会社

マーケティングコミュニケーション部 椎名・佐々木
Tel:03-6205-9530 E-mail:press@miraclelinux.com
https://www.miraclelinux.com/
https://www.facebook.com/miraclelinux/

 

* MIRACLE LINUXの名称およびロゴ、MIRACLE ZBXは、ミラクル・リナックス株式会社の登録商標です。
* Linux は、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。