現在位置: ホーム / プレスリリース / 2016 / ミラクル・リナックス、「Mozilla Firefox法人向けサポートサービス」を提供開始

ミラクル・リナックス、「Mozilla Firefox法人向けサポートサービス」を提供開始

報道関係者各位


2016年8月31日

ミラクル・リナックス株式会社

 
ミラクル・リナックス、「Mozilla Firefox法人向けサポートサービス」を提供開始

~ 優れたカスタマイズ性により、企業、行政、教育機関のお客様からの
セキュリティ保護や最新のクラウドサービス対応などの個別ニーズを支援 ~

 

ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役社長:伊東 達雄 以下、
ミラクル・リナックス)は、一般社団法人 Mozilla Japan(所在地:東京都港区、代表理事:瀧田 佐登子 以下、Mozilla Japan)と「Mozilla Firefox法人向けサポートサービス」の代理店契約を締結し、同サポートサービスの販売を2016年9月1日より開始することを発表します。

現在、社内システムの動作環境が「Internet Explorer(以下、IE)」に限定されている企業が数多くあり、2016年7月時点の日本国内のデスクトップPCでのIEのシェアは26.35%となっています(StatCounter調べ*1)。ところが、IEのサポートポリシーが変更され、2016年1月にIE8のセキュリティアップデートなどが終了したものの、社内システムがIE8以降の対応に間に合っていないという現状があります。また、Office 365やGoogle Apps、Salesforceなど最新のSaaSの利用を検討する際に、最新のWebブラウザが必須となり、これらのアプリケーションが既存ブラウザに対応していないという課題もあります。
一方で、2015年6月以降、総務省やIPA(独立行政法人情報処理推進機構)は、サイバーセキュリティ戦略の一環で、業務端末をインターネット環境から分離するよう推奨しており、ブラウザを使い分けるニーズが高まっています。

こうした状況を受け、社内システムにはこれまでどおりIE8を使用し、SaaSの利用や社外アクセスには最新のMozilla FirefoxのWebブラウザを併用することで、企業の抱える課題を解決するケースが増加しています。

Mozilla Firefoxの利用により、以下のカスタマイズが可能になります。

  • 自動更新の停止が可能な延長サポート版の利用により非互換問題を回避
  • 許可しないアドオンを禁止することによるセキュリティ保護
  • パスワードを保存させない、位置情報を提供させない、などのカスタマイズ
  • バックグラウンド通信を禁止することによる通信料の削減

 

Mozilla Firefoxは、優れたカスタマイズ性により法人のお客様のニーズに柔軟に対応し、各種設定の集中管理ができるブラウザとして選択されるケースが急増しています。これに伴って、安心して導入・利用するための法人向けサポートサービスへのニーズも増加しています。

ミラクル・リナックスは、「Mozilla Firefox法人向けサポートサービス」を提供することにより、法人のお客様のMozilla Firefox導入・活用を推進し、ビジネス・業務でのセキュリティ強化と利便性向上を支援します。また、今回の法人向けサポートサービス提供を第一弾として、今後はIoTをはじめとした組み込みOSの領域においてもMozilla Japanのコミュニティ活動に参画していく予定です。

【「Mozilla Firefox法人向けサポートサービス」概要】
<Mozilla Firefoxの法人利用メリット>

  • 法人での一括導入が可能で、そのために必要な集中管理やカスタマイズが可能
  • 法人向けに延長サポート版(ESR: Extended Support Release *2)を提供
  • ご利用中の他ブラウザやFirefoxの異なるバージョンとの併用も可能

 

<サポート内容>

  • Mozilla Firefoxの使用方法に関するお問合せ対応
  • Mozilla Firefoxの機能に関するお問合せ対応
  • Mozilla Firefoxの不具合に対するお問合せ対応
  • Mozilla Firefoxの動作にかかるソースコードレベルの調査
  • Mozilla Firefoxの不具合解決および機能追加のためのアドオン開発

 

<サービス内容>

  • Mozilla Firefoxブラウザの任意のバージョンが対象
    (通常版、ESR、ベータ版、Developer Edition、Android版、iOS版いずれでも対応)
  • 電子メールにて平日10時~17時の間に問合せを受付
  • サポート時間はメニューごとに上限を設定

詳細:https://www.miraclelinux.com/lp/mozilla-support

 

今回のサポートサービス提供開始に伴い、以下の賛同文をいただいています。

【賛同文】
一般社団法人 Mozilla Japan
事業戦略本部長 伊藤 宗寿様

Mozilla Japanは、このたびの「Mozilla Firefox法人向けサポートサービス」提供開始の発表を心より歓迎いたします。
ミラクル・リナックス社からのサポートサービス販売により、より多くの法人のお客様が安心してMozilla Firefoxを活用でき、またWebブラウザ環境の改善によって、業務効率やビジネスでの利便性向上を実現できると確信しています。

 

*1  StatCounterが公開する、デスクトップPCで利用されるプラウザのシェア( http://gs.statcounter.com/#desktop-browser-JP-monthly-201507-201607

*2  ESR(Extended Support Release)とは:
Firefoxの通常版をベースとして、教育機関、公共機関など、一括導入のため長期サポートが必要な法人向けに提供する延長サポート版。1年に1回程度のメジャーアップデートと、通常版のリリースと同時(原則として6〜8週間ごと)に、セキュリティ問題の修正を含むマイナーアップデートが提供されます。

 

■Mozilla Firefoxについて
Firefoxは、世界中の何億ものユーザに選ばれている信頼のWebブラウザで、現在、Windows、Mac、Linux 版の他、モバイル向けにAndroid版とiOS版の提供を行っています。Webの公開性と革新、機会創出の促進をミッションに掲げる非営利組織Mozillaが世界中のコミュニティーメンバーと共に開発を行い、2004年11月に最初のバージョンをリリースしました。非常に高い透明性のもとで開発が行われるFirefoxは、オープンソースライセンスのもとで公開され、ボランティアとして参加するグローバルコミュニティの力によって、世界約90ヶ国語にローカライズされています。前身であるNetscapeのDNAを受け継ぐWebのパイオニアMozillaでは、Firefoxの開発を通じ、Web標準や最新Web技術の推進にも常に取り組んでいます。スピード、安全性、拡張性、使いやすさを兼ね備えた、プライベートにもビジネスにも最適なモダンブラウザです。

■ミラクル・リナックス株式会社について
ミラクル・リナックスは、「日本品質」の技術およびサポートにより、オンプレミス、クラウド、組込みのあらゆる領域で活用できるエンタープライズLinux OSを提供しています。通信事業や公共、金融事業など幅広いエンタープライズ領域での採用実績に加えて、Linuxのカーネル技術をさまざまな分野に応用し、カーナビゲーション、自動販売機、医療用端末、映像配信機器など用途別専用機器や、デジタルサイネージ用プレイヤーにも組込みLinux OSの実績を伸ばしています。
さらに、オープンソースベースの企業向け統合監視ツールやバックアップソフトウェアを開発しているほか、統合運用ソフトウェアを開発し、オープンソースとしてコミュニティに公開するなど、オープンソースの活性化に向けた取組みも積極的に行っています。



□■本件に関する報道お問合せ■□

ミラクル・リナックス株式会社

マーケティングコミュニケーション部 椎名・佐々木
Tel:03-6205-9530 E-mail:press@miraclelinux.com
https://www.miraclelinux.com/
https://www.facebook.com/miraclelinux/

 
* MIRACLE LINUXの名称およびロゴは、ミラクル・リナックス株式会社の登録商標です。
* Linux は、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。