現在位置: ホーム / プレスリリース / 2016 / GMOインターネットの高性能クラウドサービス「ConoHa」の統合監視に運用統合ソフト「Hatohol」を採用

GMOインターネットの高性能クラウドサービス「ConoHa」の統合監視に運用統合ソフト「Hatohol」を採用

報道関係者各位


2016年8月4日

ミラクル・リナックス株式会社

 
GMOインターネットの高性能クラウドサービス「ConoHa」の統合監視に
運用統合ソフト「Hatohol」を採用

~ 国内外の複数拠点にある多数の監視サーバを効率的に監視し、
将来的なサービスや事業の拡大にも対応可能な監視環境を「Hatohol」で構築 ~

 

ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役社長:伊東 達雄 以下、
ミラクル・リナックス)は、GMOインターネット(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長兼社長・グループ代表:熊谷 正寿 以下、GMOインターネット)のIaaS型クラウドサービス「ConoHa」( https://www.conoha.jp/ )の統合監視に、ミラクル・リナックスが支援するオープンソースの運用統合ソフトウェア「Hatohol」が採用されたことを発表します。

「ConoHa」は、定額制の料金体系でビジネスやトラフィックの規模に応じたシステムを柔軟に構成することができる、低コストで高性能な日本発のクラウドプラットフォームです。2013年にVPSサービスとして提供を開始し、2015年5月にはOpenStackによるIaaS型のオールSSDクラウドサービスとしてリニューアルしました。高機能、高パフォーマンスのIaaSを、転送料無料の月額900円からというリーズナブルな価格で提供していることが注目され、企業、個人を問わず多くのお客様に活用されています。

GMOインターネットでは、サービスの急速な拡大や拠点の増加に伴って監視対象が増え、アラート発生時に対応プロセスの作業負荷が増加するなどの課題を抱えていました。2015年5月、サービスをリニューアルし、日本、米国(サンノゼ)、シンガポールの3拠点にデータセンターを設けることが決まったタイミングで、複数のリージョンにある多数の監視サーバをより効率的に統合監視するための基盤を整備する必要がありました。

従来、同社の監視ツールにはオープンソースのNagiosが使われていたため、Nagiosから派生したツールも含めて複数の統合監視ソフトウェアを比較検討した結果、同社のお客様にオープンソースのZabbixユーザが多く、社内にもZabbixに詳しい開発メンバーがいたことからZabbixの採用が決まりました。さらに、ZabbixとNagiosを含めた監視の一元化やスケールアウトへの対応が見込めることから、「Hatohol」の採用が決定しました。オープンな開発体制や、ミラクル・リナックスのバックアップで将来的な機能改善にも期待が持てることなども「Hatohol」採用の決め手となりました。

GMOインターネットでは、サービスのリニューアル以降、「Hatohol」による監視の一元化を進め、今後も増加が予想される運用監視負荷の軽減と、サービス品質の向上に取り組んでいます。また将来的には「監視サービス」をクラウド上で提供することも視野に入れており、その基盤として「Hatohol」の活用を検討していく予定です。

 

GMOインターネット様 事例ページ:
https://www.miraclelinux.com/case/hatohol/gmo-internet

 

■ 運用統合ソフトウェア「Hatohol(はとほる)」について
「Hatohol」は、システム監視やジョブ管理やインシデント管理、ログ管理など、様々な運用管理ツールのハブとなるツールです。 Hatoholはシステム監視ツールの統合機能を持ち、複数のZabbixとNagiosで監視を行っている場合に、それらの蓄積する監視情報を集約して表示する機能を提供します。今後OpenStackやその他のツールにも対応を進めることで、将来的に見込まれる監視規模・拠点の拡大やハイブリッドクラウド環境の監視などの要望に応え、エンタープライズ環境での利用に十分対応できる監視システムを提供します。
Hatohol は、ミラクル・リナックスが支援する開発コミュニティ「Project Hatohol」で開発されています。
https://github.com/project-hatohol/hatohol

■ミラクル・リナックス株式会社について
ミラクル・リナックスは、「日本品質」の技術およびサポートにより、オンプレミス、クラウド、組込みのあらゆる領域で活用できるエンタープライズLinux OSを提供しています。通信事業や公共、金融事業など幅広いエンタープライズ領域での採用実績に加えて、Linuxのカーネル技術をさまざまな分野に応用し、カーナビゲーション、自動販売機、医療用端末、映像配信機器など用途別専用機器や、デジタルサイネージ用プレイヤーにも組込みLinux OSの実績を伸ばしています。
さらに、オープンソースベースの企業向け統合監視ツールやバックアップソフトウェアを開発しているほか、統合運用ソフトウェアを開発し、オープンソースとしてコミュニティに公開するなど、オープンソースの活性化に向けた取組みも積極的に行っています。



□■本件に関する報道お問合せ■□

ミラクル・リナックス株式会社

マーケティングコミュニケーション部 椎名・佐々木
Tel:03-6205-9530 E-mail:press@miraclelinux.com
https://www.miraclelinux.com/
https://www.facebook.com/miraclelinux/

 
* MIRACLE LINUXの名称およびロゴは、ミラクル・リナックス株式会社の登録商標です。
* Linux は、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。