現在位置: ホーム / プレスリリース / 2016 / ミラクル・リナックスが、企業向けシステムバックアップ製品「MIRACLE System Savior」の最新版を提供

ミラクル・リナックスが、企業向けシステムバックアップ製品「MIRACLE System Savior」の最新版を提供

報道関係者各位


2016年7月14日

ミラクル・リナックス株式会社

 

ミラクル・リナックスが、企業向けシステムバックアップ製品
「MIRACLE System Savior」の最新版を提供

~ 最新のインテル® Xeon® プロセッサー E5-2600 v4シリーズを搭載した
「HPE ProLiant Gen9」サーバと「Dell PowerEdge」サーバの新モデルに対応 ~

 

ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役社長:伊東 達雄 以下、ミラクル・リナックス)は、企業向けシステムバックアップ・ソフトウェアの最新版「MIRACLE System Savior(ミラクル・システムセイバー)Version 3(以下、MSS V3)」を、2016年7月21日より提供開始することを発表いたします。

「MSS」は、複雑化する企業ITシステムのバックアップにおいて必要となる機能を実装したオフラインのシステムバックアップ・ソフトです。金融をはじめ、製造、流通、通信、医療など様々な業種で採用されており、システムバックアップ専用製品として、他社のデータバックアップ製品等と組みあわせて導入されるケースが増えています。「MSS」を活用すると、中小企業から大企業まで、サーバ規模が大きい企業においてもシンプルかつ確実にシステムをバックアップすることができます。

また、昨今では、データセンターへの移行直前にバックアップを行うニーズが増えているほか、ランサムウェア* 対策としての導入が進んでいます。システムバックアップ作業時にオフラインにデータを保管しておくことで、ランサムウェアに感染したときは、MSSでバックアップを取得したシステムイメージからシステム復旧することが可能です。

最新の「MSS V3」では、ベースとなるLinux OSが「Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7」となったほか、新たに最新のインテル® Xeon® プロセッサー E5-2600 v4シリーズを搭載した「HPE ProLiant Gen9」サーバの新モデルと「Dell PowerEdge」サーバに対応し、対応機種の幅が広がりました。

ミラクル・リナックスは、最新のテクノロジーを活用した複雑なシステム環境を確実にバックアップ、リカバリするニーズに応えて、今後もエンタープライズシステムで求められる最新のハードウェアや仮想環境などへの迅速な対応を進めてまいります。

* ランサムウェアとは:
ランサムウェアとは、コンピューター上のファイルなどを暗号化し、復旧と引き換えに身代金を要求するマルウェアです。ランサムウェア対策の標準手法として、3-2-1ルールがあります。3-2-1ルールとは、オリジナルの元データと2つ以上のバックアップデータを作り、2種類以上の記録メディアを使って、バックアップの1つはオフラインに保管するというものです。このバックアップ作業時にシステムバックアップツールとの併用が推奨されています。



■MSS V3の新たな対応環境
<サーバ>

  • 「HPE ProLiant Gen9」サーバの新モデル
    (インテル® Xeon® プロセッサー E5-2600 v4シリーズを搭載)
  • 「Dell PowerEdge」サーバ
    (2016年7月現在、R730にて動作検証済)


■MSS V3の新機能および機能強化点

  • Hyper-V第2世代仮想マシンのバックアップ/リストアに対応
  • Red Hat Enterprise Linux 7以降のext4ファイルシステムに対応
  • 特定パーティションを除外したバックアップ機能(V3R2以降で対応予定)


■価格
MIRACLE System Savior V3    78,000円~(税抜)

■試用版のダウンロード
MSS V3の試用版は以下のサイトからダウンロードしてご利用いただけます。
https://www.miraclelinux.com/product-service/mss/download

■販売店
MSS V3は、ミラクル・リナックスと以下の認定販売パートナーより購入いただけます。(社名50音順)

  • 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
  • エヌ・ティ・ティ・データ先端技術株式会社
  • 日本ヒューレット・パッカード株式会社
  • 株式会社ネットワールド
  • ネットワンシステムズ株式会社
  • メディアマート株式会社
  • ユニアデックス株式会社
  • 横河レンタ・リース株式会社


今回のMSSバージョンアップに伴い、以下の賛同文をいただいています。

【賛同文】

日本ヒューレット・パッカード株式会社
テクノロジーコンサルティング事業統括 小川 光由様

日本ヒューレット・パッカードは、「MIRACLE System Savior」最新バージョンの発表を歓迎いたします。
当社とミラクル・リナックス社は、MSSの開発・販売当初より連携し、製品リリース以来、MSSの当社最新ハードウェアへの迅速な対応を継続して実現しています。
このたびHP ProLiantの最新版Gen9にどこよりも早く対応し、サーバー設定をシンプル化したUEFI対応のGen9の強みと、MSSのシステムバックアップ機能が互いに補完し合い、お客様のサーバ運用管理の利便性向上を実現できると確信しています。

 

MIRACLE System Saviorについて
ミラクル・リナックスが提供するシステムバックアップ・ソフトウェア「MIRACLE System Savior」は、サーバベンダーとの連携を強みとして、企業向けシステムバックアップの要件に基づいて開発されました。最新のサーバやマルチOS、仮想化ソフトウェア、およびクラスタソフトウェアへの対応、24時間サポート、7年間長期サポートを提供しています。2010年3月の発売以来、災害対策への 意識の高まりにより導入拡大が進み、累計で3,000ライセンス以上の導入を誇ります。TOPIX Core30に選ばれた企業の約47%で採用されているほか(2015年10月現在)、製造、流通、通信、医療など様々な業種で利用されています。

■ミラクル・リナックス株式会社について
ミラクル・リナックスは、「日本品質」の技術およびサポートにより、オンプレミス、クラウド、組込みのあらゆる領域で活用できるエンタープライズLinux OSを提供しています。通信事業や公共、金融事業など幅広いエンタープライズ領域での採用実績に加えて、Linuxのカーネル技術をさまざまな分野に応用し、カーナビゲーション、自動販売機、医療用端末、映像配信機器など用途別専用機器や、デジタルサイネージ用プレイヤーにも組込みLinux OSの実績を伸ばしています。
さらに、オープンソースベースの企業向け統合監視ツールやバックアップソフトウェアを開発しているほか、統合運用ソフトウェアを開発し、オープンソースとしてコミュニティに公開するなど、オープンソースの活性化に向けた取組みも積極的に行っています。



□■本件に関する報道お問合せ■□

ミラクル・リナックス株式会社

マーケティングコミュニケーション部 椎名・佐々木
Tel:03-6205-9530 E-mail:press@miraclelinux.com
https://www.miraclelinux.com/
https://www.facebook.com/miraclelinux/

 
* MIRACLE LINUXの名称およびロゴは、ミラクル・リナックス株式会社の登録商標です。
* Linux は、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。