現在位置: ホーム / プレスリリース / 2016 / ミラクル・リナックスが、Microsoft Azureの監視ができるOSSベースの仮想マシンを提供開始

ミラクル・リナックスが、Microsoft Azureの監視ができるOSSベースの仮想マシンを提供開始

報道関係者各位


2016年5月17日

ミラクル・リナックス株式会社

 

ミラクル・リナックスが、Microsoft Azureの監視ができる
OSSベースの仮想マシンを提供開始

~ 専用の仮想マシンテンプレートを開発し、Azureポータル監視を簡単にデプロイ可能に ~

 

ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役社長:伊東 達雄 以下、ミラクル・リナックス)は、運用統合ソフトウェア「Hatohol(はとほる)」を活用してMicrosoft Azure(以下、Azure)が監視できる仮想マシンテンプレートを開発し、本日より無償で提供開始しました。

このたびミラクル・リナックスが開発した仮想マシンテンプレートは、OSSの運用統合ソフト「Hatohol」と、OSS運用監視ソフトウェアZabbixをベースに開発した統合システム監視ソリューション「MIRACLE ZBX」、およびAzure対応のエンタープライズLinux OS「Asianux Server 7」が1クリックで自動構築できるARMテンプレート* です。本テンプレートに含まれるHatoholには、Azureポータルからアラートを受信するAzure監視プラグインが組み込まれており、仮想マシンそのものの障害やPaaSの障害と、Zabbixで検知したゲストOSの障害情報を一元管理することができます。

「Hatohol」の仮想マシンテンプレートを利用することにより、以下が実現できます。

  1. Zabbixが事前にセットアップされているため、エージェント監視を始めとしたAzure上の仮想マシンの監視が可能になります。
  2. Hatoholの監視統合の機能により、オンプレミスで動作しているZabbixの障害情報を統合できます。
  3. システムや部門ごとにAzureアカウントを分けて運用している場合でも、それぞれで動作しているZabbixの障害情報を統合して監視できます。
  4. <本邦初>HatoholにAzure監視プラグインを組み込んでいるため、Azureポータルで設定したアラートを受信し、Zabbixで検知したゲストOSの障害と並んで、仮想マシンそのものの障害やPaaSの障害などを検知、監視することができるようになります。

 

これにより、クラウド移行を検討するOSSユーザーは、従来と同様の構成をクラウド上でも展開できるほか、クラウド運用監視の仕組みを活用することで、安心して利用できるクラウドを選択することができます。ミラクル・リナックスは、今回のHatoholのAzure監視プラグインおよび仮想マシンテンプレートの公開を通じて、AzureとOSSの活用機会を拡大し、クラウドでOSSを検討する方を支援します。


【仮想マシンテンプレートの取得方法はこちら】
https://www.miraclelinux.com/lp/hatohol-on-azure

【1か月間の無料試用版でAzure監視を試してみよう】
Microsoft Azureの無料試用版にお申込みしてサインアップすると、1ヶ月間20,500円分のクレジットを利用することができます。無料試用版を利用して、Azure監視の導入と操作を体験してください。
また、すでにAzureをご利用中で本仮想マシンテンプレートをお試しされたい方は当社までご相談ください

【セミナーのご案内】
Azureでは約25%でLinux/OSSが利用されています。ミラクル・リナックスでは、2016年6月3日、Azure上でのOSSの活用方法について、「OSSエンジニアが語る!Azure ✕ DevOpsで変化に強いシステムを作る」をテーマに、DevOpsを題材とした企業向け無料セミナーを開催します。当日は、日本マイクロソフト株式会社のほか、日本国内で実績のあるOSSベンダーであるCloudlive株式会社およびクリエーションライン株式会社から講師をお迎えする予定です。
ミラクル・リナックスは本仮想マシンテンプレートを利用してMicrosoft Azureを監視する方法をご紹介します。

<対象>

  • クラウドでOSSを活用したい方
  • DevOpsに興味のある方
  • Azureを試してみたい方
  • AzureでLinux/OSSを使いたい方


<開催概要>
テーマ:「OSSエンジニアが語る!Azure ✕ DevOpsで変化に強いシステムを作る」
主 催:ミラクル・リナックス株式会社
協 力:日本マイクロソフト株式会社、Cloudlive株式会社、クリエーションライン株式会社
場 所:日本マイクロソフト株式会社 品川オフィス
    東京都港区港南 2-16-3  品川グランドセントラルタワー31F  Seminar Room A
    https://www.microsoft.com/ja-jp/mscorp/branch/sgt.aspx
日 時:2016年6月3日(金) 16時00分~18時40分(受付 15時30分~)
費 用:無償
定 員:50名
申込締切:2016年5月31日(火) 

※セミナーに関する詳細、お申し込みは以下サイトをご覧ください。
https://www.miraclelinux.com/event-seminar/2016-06-03

 

* ARM(Azure Resource Manager )テンプレートとは:
Microsoft Azureへのデプロイに必要なリソース情報を定義したJSONファイルで、外部から渡されるパラメータを変数として定義しテンプレート化しておくことで、環境構築の手続きを再利用できるようにしたもの。似たような構成の仮想マシンを複数台デプロイする場合など、環境構築を自動化し、容易にリソースの制御をすることができる。


■運用統合ソフトウェア「Hatohol(はとほる)」について
「Hatohol」は、システム監視やジョブ管理やインシデント管理、ログ管理など、様々な運用管理ツールのハブとなるツールです。 Hatoholはシステム監視ツールの統合機能を持ち、複数のZabbixとNagiosで監視を行っている場合に、それらの蓄積する監視情報を集約して表示する機能を提供します。今後OpenStackやその他のツールにも対応を進めることで、将来的に見込まれる監視規模・拠点の拡大やハイブリッドクラウド環境の監視などの要望に応え、エンタープライズ環境での利用に十分対応できる監視システムを提供します。
Hatoholは、ミラクル・リナックスが支援する開発コミュニティ「Project Hatohol」で開発されています。
https://github.com/project-hatohol/hatohol

■ミラクル・リナックス株式会社について
ミラクル・リナックスは、「日本品質」の技術およびサポートにより、オンプレミス、クラウド、組込みのあらゆる領域で活用できるエンタープライズLinux OSを提供しています。通信事業や公共、金融事業など幅広いエンタープライズ領域での採用実績に加えて、Linuxのカーネル技術をさまざまな分野に応用し、カーナビゲーション、自動販売機、医療用端末、映像配信機器など用途別専用機器や、デジタルサイネージ用プレイヤーにも組込みLinux OSの実績を伸ばしています。
さらに、オープンソースベースの企業向け統合監視ツールやバックアップソフトウェアを開発しているほか、統合運用ソフトウェアを開発し、オープンソースとしてコミュニティに公開するなど、オープンソースの活性化に向けた取組みも積極的に行っています。

 



□■本件に関する報道お問合せ■□

ミラクル・リナックス株式会社

マーケティングコミュニケーション部 椎名・佐々木
Tel:03-6205-9530 E-mail:press@miraclelinux.com
https://www.miraclelinux.com/
https://www.facebook.com/miraclelinux/

 
* MIRACLE LINUXの名称およびロゴ、MIRACLE ZBXは、ミラクル・リナックス株式会社の登録商標です。
* Linux は、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。