現在位置: ホーム / プレスリリース / 2016 / アット東京のクラウド型監視プラットフォームサービス「@Ractiv」に、MIRACLE ZBX Virtual Applianceを採用

アット東京のクラウド型監視プラットフォームサービス「@Ractiv」に、MIRACLE ZBX Virtual Applianceを採用

報道関係者各位


2016年4月25日

ミラクル・リナックス株式会社

 

アット東京のクラウド型監視プラットフォームサービス「@Ractiv」に、
MIRACLE ZBX Virtual Applianceを採用

~ 低コストながら技術面でも安心できる仮想アプライアンスにより、
ミッションクリティカルなデータセンター環境にさらなる付加価値を提供 ~

 

ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役社長:伊東 達雄 以下、ミラクル・リナックス)は、株式会社アット東京(本社:東京都江東区、代表取締役社長:中村 晃 以下、アット東京)の提供するクラウド型監視プラットフォームサービス「@Ractiv(アットラクティブ)」に、オープンソースソフトウェア(OSS)ベースの統合監視ソリューション「MIRACLE ZBX Virtual Appliance」が採用されたことを発表します。この採用により、クラウド上での低価格な監視サービスを実現しています。

現在、セコムグループのデータセンター事業者であるアット東京は、2000年に設立されて以来、高信頼の電源確保と、災害などのさまざまな環境要因の影響へ備えた設備・サービスによって、24時間365日を通じたシステムの安定稼働を求める企業ユーザーのニーズに応えています。「@Ractiv」は、データセンター内に構築したITシステムの稼働状況を監視し、万一の障害が発生した場合に迅速な対応を行いたいという顧客のニーズに幅広く対応するため、2016年2月より同社がスタートした新たなクラウド型監視プラットフォームサービスです。

アット東京では従来、自社データセンター内に設置されたサーバやネットワークといったITシステムの運用管理について、ユーザーごとに個別対応をしていましたが、低価格で利用できるクラウド型の監視サービスをメニュー化し、ユーザーに付加価値を提供したいと考えていました。これにはライセンスコストが高額な商用製品ではなく、OSSを利用することを前提として検討した結果、豊富な導入実績を誇るZabbixをベースとしてサービスを構築することになりました。

アット東京が「MIRACLE ZBX Virtual Appliance」を採用した要因は以下のとおりです。

  • 市場シェアの高いZabbixをベースに開発されているため、Zabbixユーザーのお客様は、運用コスト削減に加え、既存の監視設定などをそのまま移行できること
  • 商用製品レベルのサポートが受けられること
  • 「@Ractiv」のビジネスモデルに合った柔軟な運用ライセンスを受けられたこと
  • OS、ミドルウェア、データベースを含めたスタック全体を通じたワンストップサポートを受けられるため技術面で安心なこと
  • 今後のサービス拡充計画においても技術支援に期待できること

 

アット東京は、オープンソースの監視ツールやクラウド型の監視サービスに関するノウハウを蓄積し、「@Ractiv」のサービスの適用範囲や機能の拡大を計画しています。アット東京では、「MIRACLE ZBX Virtual Appliance」を活用した「@Ractiv」のサービスを通じて、使い勝手の良いIT監視環境を付加価値として提供し、顧客のビジネス価値を高める体制を整えています。ミラクル・リナックスは、同社の技術パートナーとして「@Ractiv」の基盤を支え、今後のサービス拡充にも積極的に協力してまいります。

アット東京様 事例ページ:
http://www.miraclelinux.com/case/miracle-zbx/attokyo

 

■MIRACLE ZBXについて
「MIRACLE ZBX」シリーズは、オープンソース版統合監視ソフトウェア「Zabbix」をベースとして、ミラクル・リナックスが独自に開発したエンタープライズ用途に特化した統合的なシステム監視ソリューションです。本ソフトウェアは、ミラクル・リナックスが独自でパッケージを作成しサポート提供しているものであり、Zabbixの開発元であるZabbix LLC社が推奨もしくはサポート提供やスポンサーしているものではありません。
http://www.miraclelinux.com/product-service/zabbix

■ミラクル・リナックス株式会社について
ミラクル・リナックスは、「日本品質」の技術およびサポートにより、オンプレミス、クラウド、組込みのあらゆる領域で活用できるエンタープライズLinux OSを提供しています。通信事業や公共、金融事業など幅広いエンタープライズ領域での採用実績に加えて、Linuxのカーネル技術をさまざまな分野に応用し、カーナビゲーション、自動販売機、医療用端末、映像配信機器など用途別専用機器や、デジタルサイネージ用プレイヤーにも組込みLinux OSの実績を伸ばしています。
さらに、オープンソースベースの企業向け統合監視ツールやバックアップソフトウェアを開発しているほか、統合運用ソフトウェアを開発し、オープンソースとしてコミュニティに公開するなど、オープンソースの活性化に向けた取組みも積極的に行っています。

 



□■本件に関する報道お問合せ■□

ミラクル・リナックス株式会社

マーケティングコミュニケーション部 椎名・佐々木
Tel:03-6205-9530 E-mail:press@miraclelinux.com
http://www.miraclelinux.com/
https://www.facebook.com/miraclelinux/

 
* MIRACLE LINUXの名称およびロゴ、MIRACLE ZBXは、ミラクル・リナックス株式会社の登録商標です。
* Linux は、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。