現在位置: ホーム / プレスリリース / 2016 / [お知らせ]ミラクル・リナックスが、 CLUSTERPRO PARTNER AWARD のBestSales賞およびBestSolution賞を受賞

[お知らせ]ミラクル・リナックスが、 CLUSTERPRO PARTNER AWARD のBestSales賞およびBestSolution賞を受賞

<お知らせ>
報道関係者各位


2016年3月30日

ミラクル・リナックス株式会社

 

ミラクル・リナックスが、 CLUSTERPRO PARTNER AWARD の
BestSales賞およびBestSolution賞を受賞

~ システム監視アプライアンス製品でのCLUSTERPRO採用や導入実績、
CLUSTERPROを活用したソリューションの設計や活用が高く評価され、初のダブル受賞 ~

 

ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役社長:伊東 達雄 以下、ミラクル・リナックス)は、2016年3月15日、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:遠藤 信博、以下NEC)より、CLUSTERPRO PARTNER AWARD*1の「BestSales賞」および「BestSolution賞」を受賞しました。

ミラクル・リナックスは、日本を含むアジア・パシフィックにおいて6年連続シェアNo.1*2を誇るNEC社のHAクラスタソフトウェア「CLUSTERPRO」をOEMしMIRACLE LINUXと組合わせた製品「MIRACLE CLUSTERPRO」を2004年6月より販売しており、2015年より統合システム監視用アプライアンス製品「MIRACLE ZBX8220」のクラスタ構成でCLUSTERPROを標準搭載して提供しています。

今回のCLUSTERPRO PARTNER AWARD「BestSales賞」受賞は、「MIRACLE CLUSTERPRO」および同製品を搭載した「MIRACLE ZBX8220」の販売実績により、また「BestSolution賞」受賞は、ソリューションの設計・活用により、ミッションクリティカルなシステムにおいて可用性を大きく向上させ、ビジネス拡大に貢献したことが高く評価されたもので、同一企業による2つの受賞は初めてとなります。

ミラクル・リナックスでは、オンプレミスの環境はもちろん、今後はクラウド環境におけるクラスタ構成の検証も積極的に実施し、技術文書を公開するなど、お客様が安心して利用できる高可用システムの提供をNEC社と協力して推進してまいります。

このたびのCLUSTERPRO PARTNER AWARDの「BestSales賞」および「BestSolution賞」受賞に伴い、NEC様よりコメントをいただいています。

【賛同文】
日本電気株式会社
クラウドプラットフォーム事業部 事業部長 岸上 信彦様

CLUSTERPRO PARTNER AWARD BestSales賞とBestSolution賞の受賞、誠におめでとうございます。このたびのAWARDは、10年以上に渡るCLUSTERPRO販売・開発・サポートを通したミラクル・リナックス社のCLUSTERPROビジネス拡大の取組みと、その導入実績を活かして達成された顕著な販売成績を賞して授与したものです。
今後もオンプレミスやクラウド環境におけるクラスタ構成の共同検証などを実施し、幅広いユーザー利用環境において信頼性の高いシステム・プラットフォームを提案いただけることを期待しています。

*1 CLUSTERPRO PARTNER AWARDとは:
NEC社がCLUSTERPROパートナー企業の中から年間の実績をもとに選出する賞で、CLUSTERPROの販売実績を評価するBestSales賞、CLUSTERPROを活用したソリューションの設計や活用を評価するBestSolution賞と、NEC社と連携したCLUSTERPROの拡販や提案などの取組みを評価するBestPartner賞があります。

*2 出典:
・IDC Japan、2015年7月「国内システムソフトウェア市場2014年の分析と2015年~2019年の予測」 (J15380103)
・IDC AP、2015年8月「Asia/Pacific (Excluding Japan)Availability and Clustering Software Market Update 2015」(AP251101)

■MIRACLE CLUSTERPROについて
MIRACLE CLUSTERPRO XはHAクラスタソフトウェア NEC CLUSTERPRO XとMIRACLE LINUXの最新バージョンを組み合わせたパッケージ製品です。
http://www.miraclelinux.com/product-service/miracle-plus/clp

■ミラクル・リナックス株式会社について
ミラクル・リナックスは、2000年6月にLinuxサーバビジネスを主軸として創業し、一貫して信頼性、安定性、品質を重視したLinuxサーバOSを提供し続けています。 近年では、従来のサーバビジネスに留まらず、企業向け統合監視ツールMIRACLE ZBXのビジネスを始め、オープンソース・アプリケーションの開発、サポートにも取り組んでいます。カーネル技術を生かして組込み事業にも本格参入し、カーナビゲーション、自動販売機、医療機器、映像配信機器など用途別専用機器向けのEmbedded MIRACLEを提供しています。また、デジタルサイネージ用途に特化したプレイヤー「MIRACLE VISUAL STATION」を開発し、2010年6月より販売しています。
今後オープンソースの利用が様々な用途に広がっていく中で、それらを下支えするプラットフォームベンダーとして、日本市場だけでなく世界市場に対してもビジネスを拡大していきます。


□■本件に関する報道お問合せ■□

ミラクル・リナックス株式会社

マーケティングコミュニケーション部 椎名・佐々木
Tel:03-6205-9530 E-mail:press@miraclelinux.com
http://www.miraclelinux.com/
https://www.facebook.com/miraclelinux/

 
* MIRACLE LINUXの名称およびロゴ、MIRACLE ZBXは、ミラクル・リナックス株式会社の登録商標です。
* Linux は、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。