現在位置: ホーム / プレスリリース / 2016 / ミラクル・リナックスと日本仮想化技術のOpenStack事業強化を目的とした資本提携のお知らせ

ミラクル・リナックスと日本仮想化技術のOpenStack事業強化を目的とした資本提携のお知らせ

報道関係者各位


2016年3月7日

ミラクル・リナックス株式会社

 

ミラクル・リナックスと日本仮想化技術の
OpenStack事業強化を目的とした資本提携のお知らせ

~ 両社の提携関係強化により、OSSと仮想化技術を活用した先進的な提案活動を推進 ~

 

ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役社長:伊東 達雄 以下、ミラクル・リナックス)は、オープンソースのクラウド技術である「OpenStack」の導入支援やコンサルティングを手掛ける日本仮想化技術株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:宮原 徹 以下、VTJ)と資本提携いたしました。これはVTJが行う増資の一部としてミラクル・リナックスが出資するもので、OpenStackを中心としたクラウド基盤の構築・運用に関するソリューションの開発、およびコンサルティングやサポートサービスの提供力強化を図るための原資となります。

VTJは、OpenStackを中心とする仮想化技術に特化した独立系のテクノロジー・カンパニーで、クラウド技術に関する調査研究や、OpenStackの導入支援やコンサルティングを手掛け、通信事業社を中心に数多くの実績があります。また、2016年2月には、主にクラウド基盤の構築と技術の検証活動を目的に「OpenStack 共同検証ラボ」の設立を発表しています。
ミラクル・リナックスは、VTJとともに、OpenStackと統合システム監視ソフトMIRACLE ZBXや運用統合ソフトHatoholを連携して、オープンソースを最大限に活用したクラウド基盤の運用監視について、共同検証を実施し、技術文書の共同作成・公開や技術セミナーなど、さまざまな協業を行ってきました。

現在、通信事業者やデータセンター事業者を中心に大規模なプライベートクラウド構築が急速に進む中、オープンソースソフトウェア(OSS)および仮想化技術を活用したコストメリットにすぐれたソリューションへのニーズが高まっています。

このたびの資本提携により、OpenStack関連の最新情報の収集や検証体制を強化し、VTJのOpenStack技術とミラクル・リナックスのLinux OS、およびHatoholやMIRACLE ZBXを組み合わせた先進的なソリューションやコンサルティング、サポートサービスの提供を推進してゆきます。

VTJの会社概要は以下のとおりです。

<会社概要>
会 社 名 : 日本仮想化技術株式会社
代 表 者 : 宮原 徹(代表取締役社長兼CEO)
設立年月日 : 2006年12月
資 本 金 : 30,000,000円
所 在 地 : 東京都渋谷区渋谷1-8-1 第3西青山ビル8F
従 業 員 数: 8名
事 業 内 容: 仮想化技術に関する研究および開発
ウェブサイト:http://virtualtech.jp/

■MIRACLE ZBXについて
「MIRACLE ZBX」シリーズは、オープンソース版統合監視ソフトウェア「Zabbix」をベースとして、ミラクル・リナックスが独自に開発したエンタープライズ用途に特化した統合的なシステム監視ソリューションです。本ソフトウェアは、ミラクル・リナックスが独自でパッケージを作成しサポート提供しているものであり、Zabbixの開発元であるZabbix SIA社が推奨もしくはサポート提供やスポンサーしているものではありません。
http://www.miraclelinux.com/product-service/zabbix/

■Hatohol(はとほる)について
「Hatohol」は、システム監視やジョブ管理やインシデント管理、ログ管理など、様々な運用管理ツールのハブとなるツールです。 最新版(Hatohol 14.09)ではシステム監視ツールの統合機能を持ち、複数のZabbixとNagiosで監視を行っている場合に、それらの蓄積する監視情報を集約して表示する機能を提供します。今後OpenStackやその他のツールにも対応を進めることで、将来的に見込まれる監視規模・拠点の拡大やハイブリッドクラウド環境の監視などの要望に応え、エンタープライズ環境での利用に十分対応できる監視システムを提供します。
http://www.miraclelinux.com/product-service/hatohol
 

■ミラクル・リナックス株式会社について
ミラクル・リナックスは、2000年6月にLinuxサーバビジネスを主軸として創業し、一貫して信頼性、安定性、品質を重視したLinuxサーバOSを提供し続けています。 近年では、従来のサーバビジネスに留まらず、企業向け統合監視ツールMIRACLE ZBXのビジネスを始め、オープンソース・アプリケーションの開発、サポートにも取り組んでいます。カーネル技術を生かして組込み事業にも本格参入し、カーナビゲーション、自動販売機、医療機器、映像配信機器など用途別専用機器向けのEmbedded MIRACLEを提供しています。また、デジタルサイネージ用途に特化したプレイヤー「MIRACLE VISUAL STATION」を開発し、2010年6月より販売しています。
今後オープンソースの利用が様々な用途に広がっていく中で、それらを下支えするプラットフォームベンダーとして、日本市場だけでなく世界市場に対してもビジネスを拡大していきます。


□■本件に関する報道お問合せ■□

ミラクル・リナックス株式会社

マーケティングコミュニケーション部 椎名・佐々木
Tel:03-6205-9530 E-mail:press@miraclelinux.com
http://www.miraclelinux.com/
https://www.facebook.com/miraclelinux/

 
* MIRACLE LINUXの名称およびロゴ、MIRACLE ZBXは、ミラクル・リナックス株式会社の登録商標です。
* Linux は、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
* CentOS®はRed Hat, Inc. の商標または登録商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。