現在位置: ホーム / プレスリリース / 2015 / ミラクル・リナックスが、Linuxサーバ保守費用を最大80%削減する「Linux コストダウン・プログラム」を提供開始

ミラクル・リナックスが、Linuxサーバ保守費用を最大80%削減する「Linux コストダウン・プログラム」を提供開始

報道関係者各位


2015年11月4日
ミラクル・リナックス株式会社

 

ミラクル・リナックスが、Linuxサーバ保守費用を最大80%削減する
「Linux コストダウン・プログラム」を提供開始

~ サポートコスト半減と高品質のサポート提供を通して、ユーザーのLinux活用を支援 ~

 

ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役社長:伊東 達雄 以下、ミラクル・リナックス)は、利用中のLinuxのサーバ保守費用を削減する「Linux コストダウン・プログラム」を、2015年11月4日より提供開始します。他社商用Linux製品と比較し、30%から最大80%のコストメリットを実現しています。

現在、クラウド環境ではLinuxの利用がデファクトになりつつあり、また携帯電話を含むアプライアンス製品などの組込み用途についてもLinuxはその中核として利用されています。

これらの状況を背景に、ミラクル・リナックスにおいても、Linuxビジネスが順調に推移し、「Asianux Server(MIRACLE LINUX)」は、企業向けLinuxサーバ用途に加え、車載システムや産業用コンピュータ、各種アプライアンス製品など特定業務用機器への組込みにも採用実績が拡大し、2000年の提供開始から15年間にわたり累計10万本以上、年間15,000本以上の出荷実績を誇ります。

2015年10月27日に提供開始した最新版の「Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7」は、Red Hat Enterprise Linux(以下、RHEL)7.1をベースに開発され、高い互換性とクラウドコンピューティングへのアプローチを強化する施策の提供などユーザーの利便性を高めています。

そして今まさに到来しつつあるIoT(Internet of Things:モノのインターネット)時代においては、さらに大量のLinuxが用いられることが見込まれます。その反面、メーカーとの契約条件によって保守の必要が不要になったサーバの分も保守契約を解約できず、保守費用を払い続けなければならない従来のサブスクリプション方式*の提供では、その維持に莫大な費用がかかり、ユーザーにとってサポート費用の負担がLinux活用の阻害要因となることが懸念されます。

ミラクル・リナックスの「Linuxコストダウン・プログラム」によって、これらユーザーの負担を軽減すると共に、国産メーカーならではの高品質サポートと合わせて提供し、Linux活用機会の拡大を大きく支援します。


*「サブスクリプション方式」とは、ソフトウェアの提供形態の一つであり、定められた期間の使用権を購入する方式のことです。


【Linuxコストダウン・プログラム 概要】
「Linuxコストダウン・プログラム」は、50台以上のLinuxサーバをお持ちのユーザー様のサポート費用を半滅するミラクル・リナックスのオリジナルサービスです。

<主な特長>
1)RHELから簡単に移行
専用ツールをRHELサーバ上で実行し、MIRACLE LINUXに切り替えます。
なおMIRACLE LINUXはRHELを元に開発されており、その互換性は95%以上です。
よってRHELユーザーはアプリケーションに影響を与えずに、RHELをMIRACLE LINUXに切り替えできます。

2)サポート費用の半滅
サポート契約を他社からミラクル・リナックスに変更し、サポート費用を削減します。加えてお客様の問い合わせ件数に比例して翌年のサポート費用がさらにお安くなる新しい価格体系になっています。
必要なのはアップデート・パッチだけというLinuxエキスパートなユーザーに最適です。

結果として、RHELと比較して、50%~80%のサブスクリプションコスト削減を実現します。「Linuxのサポート費用が高すぎる」ことにお悩みのお客様にとって、MIRACLE LINUXに切り替えいただくことがベスト・プラクティスです。

3)ユーザー支援プログラムによる円滑移行
ユーザーの円滑な移行をサポートする支援プログラムを整備しています。

  • ユーザーの切り替えを支援する、「Linuxの移行適合性検証サービス」のご用意
  • RHELとMIRACLE LINUXの差分トレーニングの無償提供


<提供開始日>
2015年11月4日

<対象OS>

  • Red Hat Enterprise Linux
  • CentOS


※対応バージョンは、お問い合わせください。


<製品ラインアップ/価格>
●オンプレミス向けラインアップ
サポートへのお問い合わせ件数(ステージ)に応じて次年度のサポート費用が削減可能です。

  • ステージ
    - Bronze:契約全体での前年度のお問い合わせ件数が11件以上
    - Silver:契約全体での前年度のお問い合わせ件数が2件以上、10件以下
    - Gold:契約全体での前年度のお問い合わせ件数が1件以下
  • 初年度の年間価格(税抜)48,000円/本
  • 次年度以降の年間価格(税抜)
    - Bronze:48,000円/本
    - Silver:36,000円/本
    - Gold:24,000円/本


製品紹介ページ:http://www.miraclelinux.com/lp/lcdp

 

■ミラクル・リナックス株式会社について
ミラクル・リナックスは、2000年6月にLinuxサーバビジネスを主軸として創業し、一貫して信頼性、安定性、品質を重視したLinuxサーバOSを提供し続けています。 近年では、従来のサーバビジネスに留まらず、企業向け統合監視ツールMIRACLE ZBXのビジネスを始め、オープンソース・アプリケーションの開発、サポートにも取り組んでいます。カーネル技術を生かして組込み事業にも本格参入し、カーナビゲーション、自動販売機、医療機器、映像配信機器など用途別専用機器向けのEmbedded MIRACLEを提供しています。また、デジタルサイネージ用途に特化したプレイヤー「MIRACLE VISUAL STATION」を開発し、2010年6月より販売しています。
今後オープンソースの利用が様々な用途に広がっていく中で、それらを下支えするプラットフォームベンダーとして、日本市場だけでなく世界市場に対してもビジネスを拡大していきます。



□■本件に関する報道お問合せ■□

ミラクル・リナックス株式会社

マーケティングコミュニケーション部 椎名・佐々木
Tel:03-6205-9530 E-mail:press@miraclelinux.com
http://www.miraclelinux.com/

 

* MIRACLE LINUXの名称およびロゴ、MIRACLE ZBXは、ミラクル・リナックス株式会社の登録商標です。
* Linux は、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。