現在位置: ホーム / プレスリリース / 2015 / ミラクル・リナックスが、エンタープライズ向けLinux OSで 国産初のMicrosoft Azure認証を取得しAzure Marketplaceにて販売開始

ミラクル・リナックスが、エンタープライズ向けLinux OSで 国産初のMicrosoft Azure認証を取得しAzure Marketplaceにて販売開始

報道関係者各位


2015年9月1日
ミラクル・リナックス株式会社

ミラクル・リナックスが、エンタープライズ向けLinux OSで
国産初のMicrosoft Azure認証を取得しAzure Marketplaceにて販売開始

~ 日本語でのエンタープライズ向けサポート提供により、オンプレミスからAzureへの移行を支援 ~

 

ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役社長:伊東 達雄 以下、ミラクル・リナックス)は、マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」(以下、Azure)における認証テストにおいて、ミラクル・リナックスのエンタープライズ向けLinux OS「Asianux Server 4(MIRACLE LINUX V6)*」が全テストをクリアしたことを発表いたします。2015年9月1日より、米国子会社のMIRACLE LINUX AMERICA, Inc.(本社:カリフォルニア州 メンローパーク)を通じてAzure Marketplaceでの販売を開始し、本製品のサポートメニューとして「Asianux for Cloud Standard Support」を提供開始します。このたび提供開始する「Asianux Server 4」は、国産初の動作保証済みAzure認証エンタープライズLinux OSです。

国内パブリッククラウドサービスの市場規模は、データの分散化や遠隔化、事業継続性などへの需要の高まりに応じて年々増加傾向にあり、既存システムのクラウド移行や、システム設計の際にクラウドファーストで考える企業が増えています。その一方で、パブリッククラウドへの移行に対する課題や懸念点として、既存IT資産との互換性、準拠法やサポート言語や、日本国内のビジネス慣習との違い、万が一の障害時の対応などを挙げて、不安を持つ企業もいます。

Microsoft Azureは、日本の法律に準拠して展開されているため日本国内での導入が容易であることから、日本の企業ユーザや公共組織も含めて高い成長率で導入数が増加しています。ミラクル・リナックスは、「Asianux Server 4」のMicrosoft Azure認定取得によって、日本企業ユーザ向けに安心して日本語サポートを受けられるエンタープライズLinuxの選択肢を増やしました。さらに、Azureと同様に日本円での決済により為替リスクの不安を払拭し、日本国法に準拠することでクラウド利用の課題を解決し、日本国内でのクラウドおよびLinuxの利活用(Linux on Cloud)を促進します。

なお、Azure上で利用する「Asianux Server 4」のサポートサービスは、ミラクル・リナックスより販売します。また、販売パートナーやソリューションパートナーを募集しており、本日現在ソフトバンク・テクノロジー株式会社が両パートナーになっています。

ミラクル・リナックスは今後、日本マイクロソフトとの協業のもと、日本のエンタープライズ環境に適したLinux OSの提供とソリューション開発、および日本企業のユーザニーズに応える技術サポートを提供していく予定です。エンタープライズ環境においてユーザがより安全にLinux OSを活用できるよう、以下を注力分野として取組んでまいります。

  • Azure仮想マシン上での動作検証
  • 実装のための技術ガイダンスの提供・公開
  • 国内ISVの商用アプリケーションとの連携
  • Azure実装パートナーへの支援
  • 日本マイクロソフトと共同での技術セミナー



このたびのMicrosoft Azure対応について、日本マイクロソフト株式会社より以下のコメントをいただいています。

日本マイクロソフト株式会社
業務執行役員 エンタープライズパートナー営業統括本部  統括本部長 近藤 禎夫様

日本マイクロソフトは、この度のミラクル・リナックス株式会社のLinux OS「Asianux Server」がMicrosoft Azureに対応したことを心より歓迎いたします。昨今の日本国内市場においても、パブリッククラウドサービスの利用が進むに従い、Microsoft Azureユーザ様からも、OSSに関するニーズが増加しています。今回のAsianux ServerのMicrosoft Azure対応により、このような日本企業ユーザ様のニーズに応え、クラウドサービスをさらに安心してご利用いただけるものと期待しております。日本マイクロソフトは、今後ミラクル・リナックス社と連携し、クラウドサービスによってお客様の事業の発展を支援して参ります。


「Asianux Server 4」は、以下のAzure Marketplace のサイトで提供されています。
http://azure.microsoft.com/ja-jp/marketplace/partners/miracl-linux/asianux-server-4-sp4/

ミラクル・リナックスは、ますますニーズの高まるクラウド環境でのLinux活用において、日本企業ユーザの求めるサポートレベルに応える技術を提供し、安心してLinuxが利活用できるよう支援を進めてまいります。

* Asianux Server 4とは:
Asianux Serverとは、ミラクル・リナックスが2000年より提供しているLinux OSで、アジア地域のニーズに応える信頼性の高い共通のエンタープライズLinuxディストリビューションとして、日本のミラクル・リナックスと、中国、韓国のLinuxベンダーが参加する合弁会社Asianux Corporationで共同開発しています。日本国内では、「MIRACLE LINUX」シリーズとして、信頼性、安全性、可用性、セキュリティ機能を重視し、日本国内でのビジネス要件に最適化して提供し、累計10万本以上、年間15,000本以上の出荷実績があります。国内のエンジニアによる的確で高品質なサポートを10年にわたって提供できる安心のサポート体制により、基幹サーバーに求められるクリティカルでシビアな要件から、特定業務用機器への組込みに必須となる柔軟なカスタマイズまで、様々な分野での導入実績があります。
Asianux Server 4は、MIRACLE LINUX V6と完全に同一のイメージです。


■ Microsoft Azure 対応エンタープライズ Linux OS「Asianux Server(MIRACLE LINUX)」
http://www.miraclelinux.com/product-service/azure

 

■ミラクル・リナックス株式会社について
ミラクル・リナックスは、2000年6月にLinuxサーバビジネスを主軸として創業し、一貫して信頼性、安定性、品質を重視したLinuxサーバOSを提供し続けています。 近年では、従来のサーバビジネスに留まらず、企業向け統合監視ツールMIRACLE ZBXのビジネスを始め、オープンソース・アプリケーションの開発、サポートにも取り組んでいます。カーネル技術を生かして組込み事業にも本格参入し、カーナビゲーション、自動販売機、医療機器、映像配信機器など用途別専用機器向けのEmbedded MIRACLEを提供しています。また、デジタルサイネージ用途に特化したプレイヤー「MIRACLE VISUAL STATION」を開発し、2010年6月より販売しています。
今後オープンソースの利用が様々な用途に広がっていく中で、それらを下支えするプラットフォームベンダーとして、日本市場だけでなく世界市場に対してもビジネスを拡大していきます。

 

□■本件に関する報道お問合せ■□

ミラクル・リナックス株式会社

マーケティングコミュニケーション部 椎名・佐々木
Tel:03-6205-9530 E-mail:press@miraclelinux.com
http://www.miraclelinux.com/

 

* MIRACLE LINUXの名称およびロゴ、MIRACLE ZBXは、ミラクル・リナックス株式会社の登録商標です。
* Linux は、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。